カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内(お支払い・配達) 店長へ問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

ひすい海岸、えちご押上ひすい海岸駅

糸魚川駅で下車し、南側出口が「アルプス口」、北側出口が「日本海口」。
日本海口を出て、そのまま北に向かって歩けば、200メートル先に日本海があります。
北陸新幹線で日本海に一番近い駅が糸魚川です。

糸魚川海岸

海岸線に並行して走る国道8号線の向こうには、テトラポッドが埋め込まれ、道路間際まで海水が打ち寄せます。
かつては海岸線まで百メートル余りの砂丘がありましたが、昭和40年(1965年)頃から海浸が進み、今や砂浜が見えないまでに浸食されてしまいました。
下は砂丘が消え、小石の浜に変わったころの海岸線のようす

かつて昔の糸魚川海岸

小さな展望台があるので登ってみましょう。海岸線を見おろし、逆方法にそびえる越後山塊や北アルプスの山々を見上げると、この街の空気に少し浸ることができます。

テトラポッドと日本海

展望台から見る景色

駅前から富山(西)方面の海岸線はほとんどありません。テトラポッドのみで姫川港まで30分歩くことになります。
駅前から上越(東)方面の海岸線はわずかばかりに名残があり、徒歩30分の押上地区では砂浜や小石がびっしりの海岸が楽しめます。
「押上西(おしあげにし)」交差点の近くに「ひすい海岸」の大きな看板が立ち、長野方面から訪れる人の自家用車で賑わいます。
人々は、海を楽しみ、釣りを楽しみ、石拾いを楽しみ、日本海に沈む大きな太陽に感激します。

ひすい海岸付近

糸魚川の海岸には、フォッサマグナの西側に当たる北アルプスの3億年前の岩石や、3千年前の造山活動の岩石が、日本海に急降下する河川により運び込まれます。
このため多種の岩石が見つかります。
色も形もさまざまで、ヒスイ峡から流れ込んだ国石(日本の石)の「ヒスイ」も採集できる海岸です。
激流にさらされ、日本海の荒波にもまれた小石は、適度な丸みを帯び海岸線に蓄積します。
↓まあるい、お餅のようななめらかな石

おもしろ石

珠玉と呼ばれる天然の宝石が巻き散らかされ、石たちは光り輝いています。
北アルプス、フォッサマグナ、急勾配の河川、日本海の荒波の条件が揃うことで、日本一の海岸線がここにできています。

おもしろ石

出雲の大国主命が、珠玉(ヒスイ)を求めてこの奴奈川(ぬながわ)の里に、船団を組んでやってきたといいます。黒姫山を目当てに、姫川を越え、遠浅の船着き場に適した押上・寺町海岸に乗り入れたのか。
ここに船を押し上げたことから、押上浜の名前が付いたとか。

令和3年(2021年)3月13日、押上浜の近くに新駅が開業します。
えちごトキめき鉄道会社の運営する、「日本海ひすいライン」の線上、糸魚川駅と梶屋敷(かじやしき)の中間、「えちご押上ひすい海岸駅」という長い名前の駅です。
新駅が開業するまでに20年かかりました。この間に地域・経済・交通が変わり、現在は駅の有効性を疑問視する声もあります。
登り/下りのホームが対面になっておらず離れていることや、駅員のいない無人駅であることなど、簡素で不思議な駅です。

糸魚川駅から1区間、乗車時間も5分程度で新駅に到着することができます。
時間を惜しまず、ゆっくり旅を楽しむ方には、楽しいウォーキングコースになります。
新駅から徒歩5分で「ひすい海岸」、
徒歩10分で日本酒蔵元「田原酒造」。酒蔵見学、試飲・購入を楽しんでみては。

押上付近の地図

【アクセス】
糸魚川駅から日本海ひすいラインを利用し「えちご押上ひすい海岸駅」まで5分
糸魚川駅から車で10分
糸魚川駅から徒歩で30分
ひすい海岸には駐車場はありません。
国道8号線海側の側道に多く駐車していますが、台数制限もありお奨めできません。
国道8号線の押上西交差点角にコンビニエンスストアがありますが、購入者のための駐車場ですのでご迷惑にならないようにしてください。
海岸に行くには、「ひすい海岸」の看板の出ている場所に国道8号線をくぐる地下通路があります。
地下通路には近くの小学生たちが描いた海の絵画が並んでいます。押上ギャラリーもお楽しみに。

相馬御風の生家<県指定史跡>

相馬御風(そうまぎょふう)は早稲田大学校歌「都の西北」、日本初の流行歌「カチューシャの唄」、童謡「春よ来い」など多くの人が口ずさむ名曲の作詞者です。
また良寛研究の第一人者であり、短歌・随筆など才能豊かなこと、そして書家としても有名です。



春よ来い(MUSIC)

相馬御風は明治16年(1883)7月10日糸魚川市大町に生まれ、高田中学校、早稲田大学に進み、在学中に岩野泡鳴らと共に雑誌「白百合」を創刊。大学卒業後に「早稲田 文学」の編集に参加。一方で野口雨情、三木露風らと共に「早稲田誌社」を結成し、試作上の一切の約束事を捨てた「口語自由詩」を提唱しました。

地元糸魚川に戻った後も近郷から作詞の依頼が殺到し、多くの学校の校歌が今なお歌い継がれています。

糸魚川市HPからご覧ください相馬御風作詞の校歌

県立糸魚川高等学校の格調高い校歌は卒業生らの自慢です。


また、地元に伝わる奴奈川姫伝説をもとに糸魚川にヒスイが産出するのではないかと推測し、それが昭和13年に糸魚川でのヒスイ発見につながりました。2016年9月に国石(日本国の石)としてヒスイが選定されましたが、御風無くしてこれは有りえなかったことです。御風はあらゆることにアンテナを張り巡らした感性豊かな人で糸魚川を愛していたのだと思います。

ヒスイが日本の国石になりました

昭和25年5月7日脳溢血で倒れ、8日に逝去、享年67歳でした。
大町区墓地(市内清崎)の最奥に相馬御風の墓があります。毎年5月7日には菩提寺の善導寺(市内清崎)で「御風忌」が催されます。



糸魚川を愛し創設した短歌社「木かげ会」は今もなお継承し活動しています。




近年はイメージキャラクラブームに便乗し「御風さん」が作成されました。
イベントにたびたび登場し、太い眉とひょうひょうとした浴衣姿の雰囲気が人々に親しまれています。



相馬御風の生家は現存し、二階を書斎として文学活動を展開した当時のままの姿が残されています。
こじんまりした家屋で、つつましく生活していた様子をうかがい知ることができます。
この建物は新潟県指定史跡となっています。



御風の偉業は、自宅の土蔵に保存されていましたが昭和3年(42歳)の大火で蔵書の大半、研究資料をことごとく焼失したようです。
糸魚川歴史民俗資料館に現存する資料はその後のもので、資料の多さに驚きます。
是非ご来訪していただき、書家としての御風も楽しんでみてください。



【アクセス】
相馬御風生家
JR糸魚川駅日本海口より徒歩5分
住所  :〒941-0061 新潟県糸魚川市大町2丁目10番1号
開館時間:9時00分~16時00分
休館日 :◇月曜日(その日が祝日や休日にあたるときは開館し、その翌日が休館)
     ◇祝日の翌日(その日が土曜日、日曜日、休日にあたるときは開館)
     ◇年末年始(12月28日~1月4日)
入館料 :一般100円、高校生以下無料

糸魚川歴史民俗資料館(相馬御風記念館)
JR糸魚川駅アルプス口より徒歩5分
住所  :〒941-0056 新潟県糸魚川市一の宮1-2-2
問合せ先:TEL/025-552-7471 FAX/025-552-7471 E-mail/ bunka@city.itoigawa.lg.jp

map


勝山(かつやま)城址



勝山城址(勝山)に行くには、糸魚川市街を西(富山)方向に向かって進みます。
およそ車で20分くらい。



青海(おうみ)町・田海川(とうみがわ)当たりからは、海岸線の際に突き出した小山が見えます、これが勝山。
日本海海岸線を東西に見分け、戦国時代の要衝の地であった場所です。

海岸線に沿って道路が曲り始める頃、勝山トンネルの手前右方向に8台程度の車が駐車できるスペースがあります。
駐車スペースは右方向にあり、勝山トンネルから出てくる対向車がありますので注意してください。



ここで標高10メートルくらいでしょうか、すぐ下に日本海があります。
振り返ると北アルプスが日本海に落ち込む断崖を切り開いて通っている国道8号線の厳しさが良く判ります。
崖を削り、トンネルを掘り、天下の険を通過するのは半端ではなかった、
国道8号線が全2車線になったのは昭和42年のことです。



駐車場所から山腹側をみると「勝山城址登山道」の石碑が建っています。
その先に石の階段が付いてますのでここを登っていきます。
一本道なので迷うことはありません。
石段があるのは20段ばかり、その先はヤブと沢に滑りそうな急な細道で、やがて険しい尾根道でロープと鎖。
しっかりした靴を履いて行くべきでしょう。
雨の日は滑りますので注意が必要、靴も汚れます。



4月30日に登った時は、高山植物のイワカガミが咲いていました。
勝山は標高328メートルですが、風雪が厳しいので海岸線でも咲くのでしょうか。
この高さまで登ると潮風の影響は無いようです。
ゆっくりペースで登り40分、下り20分。



頂上には勝山城址の立て札があり、この山の謂われが書かれてます。

この城は、戦国時代の越後上杉氏によって築かれ、落水(おちみず)城とも呼ばれた。
日本海に迫る標高328メートルの断崖上にあり、西は越中宮崎から能登、東は上杉氏の居城春日山以西の海岸部はもちろん...遠望できる要地にある。
天正13年(1585年)には豊臣秀吉が石田光成を従えて上杉景勝、直江兼続らとここで盟約を結んだとの伝えもあるが定かではない。

物見櫓が建っていたのか結構な平坦なスペースがありますが、三角点と、小さな祠「親不知・越中海岸展望所」の立札があるだけです。
遠い過去に兵士たちが入れ替わり守備に携わっていた面影を偲んでみましょうか。



頂上から、海側は草木が生えていますが、まっさかさまの崖で、勝山トンネルの上を越えて日本海まで落ちていきます。
草木の隙間から糸魚川市内を見下ろすことができます。
姫川河口から海岸線は浦本あたりまで。山容は早川・不動山から鉾が岳まで。
北アルプスに阻まれ、山を越えてくる敵があったとしても、根知城山(じょうやま)で阻止できます。
海岸線を監視する見張り台とすれば勝山は的確な位置で、ここで狼煙をあげれば、情報伝達は早かったに違いありません。

残念ながら親不知方面はここからは見えません。
もうひとつ西側の山が邪魔です。西側が見える尾根沿いの場所があったのでしょうが今は草木に埋もれて不明です。



残念ながら、期待していたテレフォンカードにあるような親不知の高速道路はまったく見えません。
これは恐らく空撮したものなのでしょう。



ここからは、勝山城址登山の余話になります。
急ぎ下山して、親不知駅から「鬼ヶ鼻」の高台に登ってみ見ました。
親不知駅の西側にある高台です。
明治天皇が行幸された時に「野点」された記念碑も途中にあります。
(明治天皇は親不知に道が無かったため、海岸を避けて山越えしたのです)



徒歩で1時間半かかりましたが、乗用車なら高台まで15分程度で行けます。道路は舗装されています。
空撮には及びもつきませんが、国道8号線や、橋脚に支えられる北陸自動車道が見えました。
テレフォンカードに近いものが見えたことで、なんとなく安心して帰路につきました。

【アクセス】
北陸自動車道「糸魚川IC」から車で30分。国道8号線を富山方面へ。
「勝山トンネル」手前に駐車スペース8台程度。駐車料無料。
登山口から40分で頂上に到着します。お天気の良い日の午前中ならばサっと行けます。
(下りは約20分で駐車場まで戻れます)

早川(はやかわ)地区の不動山(ふどうやま)に登る



不動山(ふどうやま)は早川にあります。
早川沿い国道の上流を見ると、左手に見えるどっしりした山で、標高450mの高台になります。
戦国時代に居城があり、西の勝山城(青海)、東の徳合城(名立)などとともに、上杉謙信の春日山城(上越市)の狼煙場としてあった場所です。

地図を検索しても、車ではとても行けそうにないように見えますが、地元の人に尋ねると、結構頂上近くまで車で行けるし、民家もあります。
対向車がないことを祈りながら、溜池を目当てにして、細い道をゆっくり昇りましょう。
溜池の近くに車を停めるとよいでしょう。



溜池は進行方向左側に見えカーナビでも池が表示されます。
池は農業用水として利用されているのでしょうか。



下車して5分も歩くと「狼煙(のろし)場」の標識があります。
すでに、不動山の山域に到着しています。
周りは松林ですが、見上げれば中央がポッカリ開いていて青空が見えます。
ここで狼煙をあげたのでしょう。



狼煙場からは、不動山緑地環境看板に表示される...(点線部分)を進むことになります。
最初はちょっと登りますが、山を周回していくなだらかな道です。

「一ノ防堀」から「三ノ防堀」まで、外敵防止の堀跡が続きます。
敵は山を登ってくるしかないので、この空堀で勢いを止め、攻撃する算段だったのでしょう。



案内看板地図の②あたりから、登り階段になります。
短いですが息が切れるほど。しっかり整備された階段で安心です。

最後の頂上への道はさらに厳しい階段で2分程度続きます。
高度を稼ぐという感じで、登り詰めると一気に汗が出ます。



頂上には「不動山城址」の石碑。標高450メートル地点です。
狼煙場から歩いて30分程度でした。
景色も開け、早川、糸魚川、日本海がしっかりと見渡せます。
天気の良い日に、お弁当を持ってピクニックに出かけるのをお勧めします。
石碑の横には、白く新しい建物(テレビ局の中継塔)があります。



西方向の海岸線際に親不知の勝山城(青海)が見えます。
ここで狼煙を上げれば、勝山城から見えるでしょうし、逆もまたしかり。



山を下りて、もう一度山を振り返ります。
ここに城が立っていたら、攻撃は難しかっただろうし、見張られている感たっぷりです。
早川を守る「不動山」は堂々としていました。

糸魚川市内から2時間をかければ、車で登って、歩いて、山頂でお弁当食べて、降りて戻れます。
その日の天候を判断した後、小さな子どもさんも一緒にピクニックするのに適度な距離です。
唯一の心配は対向車に合うこと。車道は細いのでお気をつけて。

【アクセス】


糸魚川駅から国道8号線で上越方向に向かい、「早川橋西詰」交差点を右折
(笹倉温泉郷の看板があります)して、県道207号に入ります。ここまで車で約15分。
越(こし)郵便局を目指して進み、「越交差点」を左折し早川を渡ります。
道なりに進み溜池をめざします。糸魚川駅より約25分。
枯葉の多い秋(10月下旬)は、枯葉で車がスリップしますので注意が必要です。

駐車スペース4~5台
トイレ無し
所在地:〒949-1201 新潟県糸魚川市大字越


根知(ねち)城山(じょうやま)

糸魚川市根知(ねち)地区に「根小屋(ねごや)城」があります。
根小屋城・上城山(かみじょうやま)城・栗山(くりやま)城の三城を総称して根知城と呼び、県指定史跡の中心は根小屋城(標高320m)です。
根知城は、越後と信濃の国境に位置する堅固な山城で、戦国時代の典型的な尾根城(山の尾瀬沿いに作られたお城)です。



【歴史】
南北朝時代(14世紀中頃)に南朝軍だった禰智(ねち)氏の根拠地であり、禰智氏は足利軍と戦い戦死しました。
上杉謙信は武田信玄が松本街道を下って侵攻してくることを恐れ根知城を重要視し、武田氏に追われた信濃の豪族・村上義清を城主にします。
根知城は、信濃の国に対する越後側の最前線基地として重要な役割を担うことになります。
こうして、松本街道を使うことを諦めた両雄の世紀の対決は、「川中島の合戦」になっていくのです。
その後武田方の仁科盛信、上杉方の西方房家、桜井三助晴吉に城主は変わり、堀左門城主の1601年根知城は廃され、城主は清崎城(糸魚川城)に移ったといわれます。
本丸跡と殿屋敷と称する郭跡を中心に、郭跡17、削平地201、掘切16、堅堀15と大規模な城郭跡を残しており、新潟県の史跡に指定されています。

地元では「根知の城山(じょうやま)」と呼び、山を楽しむ人たちは、標高525mの上城山城(詰め城:最終防御点)をめざします。
姫川から眺める城山は、一帯を見渡す絶好の場所で、その城は難攻不落の場所に思えます。


頂上からは西側に姫川、東西に根知谷が披け、北は日本海まで望める絶好の拠点です。



根知川を越えた先に見える東側のゴツゴツの岩肌が越後駒ケ岳(1457m)、



南東はるかに日本百名山の雨飾山(あまかざりやま、1963m)が見えます。



ここは蝶を多く見ることのできる土地です。街でも最近は見かけませんが、城山に登るとたくさん飛んでいます。
キアゲハです。



4月下旬、カタクリ、イワウチワの群生や、タムシバ、ニリンソウの花が咲きほこります。
カタクリ


イワウチワ


タムシバ(ニオイコブシ)


ニリンソウ


山菜コシアブラ、ツクシ、ぜんまい、タラノメ、山ウド、せせらぎにワサビ、山の幸もいっぱい伸び盛り。
コシアブラの天ぷらは高級食材です。


栗山の居住地に降りるとスイセンも真盛りでした。


糸魚川にきない!

コシアブラ
樹脂からわずかながら油が採集できます。
奈良時代から平安時代にかけての文献には「金漆(ごんぜつ、ごんぶち)」と呼ばれる黄金色に輝く塗料が登場し、工芸用塗料として珍重されたとありま す。
越後国の油なので「コシアブラ」

北海道、本州、四国、九州に広く分布し、冷温帯林に生育しています

【アクセス】
JR大糸線「根知駅」下車、徒歩5分
北陸自動車道「糸魚川IC」から車で15分。国道148号線を白馬方面へ、「根知谷入口交差点」を左折、踏切を渡りすぐ右折。
駐車スペース4~5台あります。ここから尾根を登るのが、厳しいですが景色も良くてお奨めのコースになります。
写真は登り口付近、人の通った細く急なのぼり坂が見えますが、ここが登山口になります。(特に標識はありません)



勝蓮寺横から、昔ながらの大手道を通り三の丸跡に昇るルートもあります。
栗山登山口にも駐車スペース4~5台あり、紹介ルートの逆コースを辿ることもできますが、谷あいのルートで景色は望めません。
(地図に黒丸で示した辺りに駐車スペースがあります。)
登山口から2時間で上城山城に到着できるので、足慣らしに出かける人も多い人気の山です。
(下りは約1時間で戻れます。下記の地図をご参考に)
およそ半日をかけて糸魚川の野山と色をお楽しみください。

所在地 :勝蓮寺付近 〒949-0536 新潟県糸魚川市大字根小屋711 TEL.025-558-2208


能生・白山神社の春大祭

白山神社春大祭は毎年4月24日、豊年、豊漁、商売繁盛を祈願して行われます。
白山神社

9時過ぎ、すでに御神嚮(ごじんこう)と呼ばれる獅子舞が始まっています。
御神嚮の前には「七度半の使い」と呼ばれる儀式が午前8時頃から行われ、「神々のお出ましをお願いする」口上と所作を七度に渡って繰り 返します。 これをおこなうことでようやく神様の出発が叶うのだそうです。
先頭をいく露払いの獅子舞は笛と太鼓に合わせ力強く舞います。
一体の獅子を二人で纏い、約20名の若衆達が順次入れ替わりながら舞い続け、行列を先導します。
白山神社春大祭 獅子舞

そのあとを3台の神輿。一の神輿(いざなぎのみこと)、二の神輿(ぬながわひめのみこと)、三の神輿(おおなむちのみこと)が続きます 。
白山神社春大祭 神輿

そして旗、花竹、刺又、槍、道具箱が続き、うしろに稚児の列が続くのです。
白山神社春大祭 稚児の列

動きのあるのは先導する獅子頭一体のみで、うしろは静やかに、厳かに、神々を乗せて進みます。
御神嚮は、約3時間もの時間をかけて続けられ、200メートル足らずの境内を2廻り半する程度のスローペースなのです。

正午になる頃、ようやく御神嚮打ち止めとなり、神輿は所定の位置に留まり、「お走り」の待ち体制にかかります。
境内はそわそわしだし、神輿が上下に揺さぶられジャラジャラと鳴り響き、張り詰めた雰囲気に包まれます。

スタートすると見せては中止することを何度も繰り返すので、境内は息を詰めるのと、ため息があふれ返ることが10回以上。
いよいよ三の神輿の合図とともに一気に走りだし、獅子は拝殿に、稚児は楽屋に、神輿は御旅所(おたびしょ:お祭りのために神様が仮にと どまるところ)になだれ込む「お走り」です。
「お走り」の写真は、息をのんでいるうちに過ぎてしまう、あっという間の出来事です。下記のURLで写真がご覧になれます。
能生白山神社春大祭「お走り」→

「お走り」が終わると、拝殿と御旅所の間に橋を渡し、神様へのお供えを運ぶ「供神撰(きょうしんせん)」
6名の社人が3回の往復で楽の音に合わせてお供えをします。
お供えが済むと、祭礼の準備が整ったことになり、いよいよ舞楽奉納になります(午後1時頃)
国指定重要無形民俗文化財の舞楽の一番は「振舞(えんぶ)」であり、舞台を祓い清める舞です。

2.候礼(そうらい):稚児4人。指を狩衣から出さず、剣印を結んだ指先で袖先を伸ばす、静かで優雅な舞。

3.童羅利(どうらり):稚児1人。最年少の稚児による短い舞で、最後に「あかんべ」をするらしい。

4.地久(ちきゅう):稚児4人。

5.能抜頭(のうばとう):大人一人。手に撥(ばち:武器のたとえ)を持ち、軽快にしかし、体力の要る力強い舞。
白山神社春大祭 能抜頭(のうばとう)

6.泰平楽(たいへいらく):稚児4人。出鉾の舞、徒手の舞、鉾の舞、太刀の舞と長時間にわたる舞。
白山神社春大祭 泰平楽(たいへいらく)

7.納曾利(なそり):大人2人。前半は「破」の舞。後半は「急」の舞。雌雄の竜が楽しげに舞遊ぶ「双竜の舞」と呼ばれます

8.弓法楽(きゅうほうらく)

9.児抜頭(ちごばとう)

10.輪歌(りんが):稚児4人。「前の手」、「肩の手」、「腰の手」の舞。最後は1列になって楽屋に戻ります。
が、稚児の最後一人は楽屋に容易に戻されません。
何度も舞を強制され、最後に稚児は半泣き状態になるのです。
このときすでに幕際には陵王が座して出を待ちかまえています。

11.陵王(りょうおう)
4時間半をかけて10種の舞が披露された午後5時半。いよいよ陵王が登場します。
いつのまにか人があふれ、輪歌の最後の一人が楽屋に入ると同時に、瞬時に楽が変わり、緋の色の「陵王」が飛び出てきます。
夕日(アマテラス)の射し込む時間、頭部に竜をつけた吊り顎の陵王面、
赤熊(しゃぐま)を被り緋チリメン狩衣に緋緞子の装束。
橋懸りに現れると、境内騒然となり、「りょうお~う」の声があちこちからあがります。
白山神社春大祭 陵王(りょうおう)1

動きは緩やかに見えますが、まるでスクワットを繰り返すような中腰
伸び上がった状態でも足が交差しており、生半可な平衡感覚の人にはまずできません。
左足を踏み込み、中腰に屈んだ状態で、左から右をねめまわすようにゆったり向きを変え、ときに「烏跳び」や「千鳥掛け」などの舞。
舞台中央でおこなう「日招きの舞」は、太陽が沈まぬような呪術の意味をもつともいわれ、
観客の目が陵王に集中し、一同が神がかりのようになります。
白山神社春大祭 陵王(りょうおう)3

たんたんと繰り返される舞に引き込まれるうちに、あたりは暗くなり、橋懸りに群がる人たち。
早く舞を終わらせてあげたいような気持ちと、まだまだ陽は落ちないからもっと続けてくれという混濁した状態。
舞を初めてから1時間が経過した午後6時30分近く、
陵王が橋懸りを飛び越える「走り込み」を一目観ようと観客は殺到。
待機する氏子総代に抱きかかえられるように橋懸りを跳び越え倒れ込む陵王。神がかりが抜け落ちた肉体。
直後、楽は急テンポになり、橋懸りが取りはずされ、祭りは終わりに向かい動き出します。

能生白山神社春大祭「陵王」の舞をもっと見る→

能生白山神社春大祭 舞楽についてもっと見る→

神霊還御(しんれいかんぎょ:御旅帰り。神様がおかえりになること)
橋懸りがはずされると、御旅所にある3基の神輿はすごいスピードで拝殿に担ぎ込まれます。
神様がお祭りを終え還られたのです。
その後、神輿は外へ持ち出され、拝殿前で上下に揺すぶられ、さらに御旅所の前で再度上下に揺すぶられる。
無事に祭礼が済んだことの歓喜の爆発。稚児も担ぎ出され両手をかかげ喜びを表します。
3基目の神輿は御旅所の前で、50回に及ぶ上下動を果たし、どよめきと拍手が湧きあがるのです。

陽は落ち、観客は余熱を含み、帰途に。

能生白山神社春大祭「神霊還御」をもっと見る→

能生白山神社HP→

4月24日は夕刻まで春大祭を楽しみましょう。まだ少し寒いでしょう、防寒対策も忘れずに。
北陸新幹線を利用されると都会へはその日のうちに戻れますが、糸魚川の夜に浸るのもいいですよ。
糸魚川にきない!

【アクセス】
・車の場合 :北陸自動車道「能生IC」より5分、「糸魚川IC」より25分
       駐車場は、弁天岩近くの特設駐車場をご利用ください。
・電車の場合:えちごときめき鉄道能生駅より徒歩約15分
所在地  〒949-1352 新潟県糸魚川市大字能生7239
問合せ先 糸魚川市観光協会能生支部 TEL. 025-566-2244
能生案内図

徳合(とくあい)枝垂れ桜の咲く里へ



糸魚川ジオパークの「筒石・浜徳合ジオサイト」は、砂岩泥岩互層の観察や、280段の階段のある筒石駅トンネル地下ホームが有名です。
(地下のトンネル内に駅のホームがあります。ホームは海抜20mに位置し駅舎とは40mの標高差があるため、階段で280段も上り下りしなくてはならないの です)
⇒糸魚川ユネスコ世界ジオパーク 筒石・浜徳合

ここ徳合は、国土交通省の「日本風景街道」に登録された「枝垂れ桜の咲く美しい里山の景観」として見逃せない場所です。


⇒日本風景街道

海に近い桜は葉桜になりつつあっても、山に登るにつれて花は満開。
街道沿いに枝垂れ桜が100本以上植えられており、日本の農村らしい風景を堪能できます。


淡いソメイヨシノもいいのですが、枝垂れ桜が緑の野山に点在するこの地域は、桃源郷に入ったかのような安らぎを覚えます。


時期外れの菜の花の黄色が、枝垂れ桜の温かみを盛り上げます。


去年と同じ桜の下で見惚れていたら、地主のOさん夫妻が、やはり今年も声をかけてくださいました。
「ちょっと寄ってお茶を飲んでってください」と。


桜を観に来る人には必ず声をかけ、枝垂れ桜は良いでしょう、良いよねぇ、嬉しいねぇと魅力を語り、
サクラを通じて心を通わせます。


この場所が判らないという人がいるからと、目立つように今年から鯉のぼりを立てたこと

芝桜を植え、さらに山から持ってきた「シラネアオイ(高山植物)」を植えたら、性に合ったか群生したこと


細い流れは土を運ぶので、夏になるとこの場所にだけホタルが飛ぶようになりましたと

空き缶拾いから始まり、30年をかけてこの里を守り、創ってきたこと

自分たちで創り、守っているのだという、誇りと余裕が感じられる。スローライフを考えさせられる里です。

今年も、気持ち良く桜に会えたこと、Oさんに逢えたことを感謝し、里を離れました。


枝垂れ桜の一番大きい樹の下で、サクラを眺めていれば、きっとOさんが声をかけてくださいますよ。

⇒枝垂れ桜の咲く里への回り道

徳合地域につたわる言葉(遠い昔から伝わる大切な言葉)
○「飾る」より「磨く」こと
○「魅力」は、自分たちがつくること
○「想い」は、形になる


糸魚川駅からの道順です。
国道8号線を上越方向に25分、「徳合」まで進み、右折して431号線に入ります。
道なりに徳合、仙納地区を通過し、筒石駅前を通り、国道8号線に戻る一回りできる道路です。
ゆっくりめぐって1時間。糸魚川駅から2時間半程度の海と山里のドライブができます。
季節は4月20日頃、糸魚川にきない!

【アクセス】
北陸新幹線「糸魚川駅」より車で35分 26km
北陸自動車道「糸魚川IC」より車で40分
所在地(目印) :徳合公民館 〒949-1301 新潟県糸魚川市大字徳合5307
問合せ先:糸魚川市観光協会 TEL.025-552-1742
期間時間:制限なし
駐車場 :なし



姫川(ひめかわ)の桜づつみ公園

姫川河口より2キロメートルにわたり約500本のソメイヨシノが開花します。
シートを広げ、お弁当を食べる親子の姿もみられます。

姫川右岸に「桜づつみ公園」はあります。
「桜づつみ」とは、洪水から堤防を守るために必要な堤防断面に加えて堤防の市街地側に土を盛り、桜を植栽するもの
堤防を強化するとともに積極的に良好な水辺空間の形成を図る、業界用語です。

「堤」を「つつみ」というか「づつみ」というか「つづみ」というか。
糸魚川市は平成2年から「姫川桜づつみモデル事業」を実施し、市民からの寄付を募りソメイヨシノを植栽しました。
桜づつみ公園1

1本ごとに寄付者の氏名を示した札を掲げたので、寄付された方は「わたしのサクラ」とそれを愛しく思われ、毎年様子を見に来られます。
約30年が過ぎ、枝を大きく伸ばし、しっかりとした樹木になり、満開の姿はとても見事です。
桜づつみ公園2

〝桜の回廊〟と呼ばれる両側からサクラが降り注ぐ道は散歩に最高のポイントです。
桜づつみ公園3

土手にのぼり、姫川河口の対岸を見れば、中部電力姫川第七水力発電所がドッシリ見え、その奥には黒姫山(くろひめやま)、右肩に雪に被われた白鳥山(しらと りやま)が見えます。
桜づつみ公園4

河口上流に目を向ければ、残雪の残る越後駒ケ岳のゴツゴツした岩塊、その奥に気高く日本百名山の雨飾山(あまかざりやま)
駒ケ岳の左側には、阿弥陀山、烏帽子岳、越後焼山(活火山)、遠くには火打山が青く望めます。
桜づつみ公園5

糸魚川のサクラ開花時期は4月中旬。
ソメイヨシノが散り始めるころ、枝垂れ桜が始まり、八重桜も咲き始めます。
サクラ巡りで是非訪れてみてください。
糸魚川中学校グラウンドを囲むソメイヨシノも見事です。
糸魚川中学校グラウンド

標高100メートルの台地にある「美山(みやま)公園」には多くの種類の、樹齢も様々なサクラがありあり、市民の憩いの場所となっています。
美山公園は市民の健康のための散策場所です。
美山公園

糸魚川のサクラを見にきない!

2020.4.12ソメイヨシノ満開

【アクセス】
北陸新幹線「糸魚川駅」よりバスで約10分
北陸自動車道「糸魚川IC」より車で約5分、ここから美山公園まで車で20分
糸魚川駅からレンタサイクルで20分。

姫川桜堤までの道順です。
8号線から:姫川大橋の信号を上流方面に曲がりJRのガード下をくぐります
      ガードをくぐったすぐの右手(姫川側)に駐車場とトイレがあります。
148号線から:ローソン前の信号(Tの字)を左折し、姫川に向かって進みます
      目の前に駐車場があります。

所在地 :新潟県糸魚川市寺島(姫川河口近くの右岸)
問合せ先:糸魚川市観光協会 TEL.025-552-1742
期間時間:制限なし
駐車場 :普通車30台無料
糸魚川サクラマップ


須沢のミズバショウ群生地

春の風物詩
新潟県糸魚川(いといがわ)市の須沢(すざわ)地区南側の山裾にミズバショウの群生地があります。
昭和50年に市指定文化財「須沢水芭蕉群生地」として指定されました。
須沢水芭蕉群生地

標高約5メートル、海岸から約1キロメートルに位置し、標高が低く海岸に近いという日本でも珍しいミズバショウです。
開花は3月の下旬頃、そろそろ桜が開花するだろうかと気になる頃、土地の人々は町の桜巡りとあわせて、ミズバショウの育ちを楽しみにしています。

木立の中、温かい日差しが降り注ぐ場所、小柄でしとやかに、緑の葉と白い包葉の中に黄緑色の花
清冽な雪解け水の音を聞きながら群生を間近に観ることが出来ます。

誰が育てているわけでもなく、この湿地に根付いた自然の花です
今年は大きくなったかな、水枯れてしてないかな、きれいに咲いているかな
住民の期待に応えて毎年健気に咲きそろい、見に来た人は、今年も良かったね、頑張ったねと讃えます。
水芭蕉

道路脇のすぐそばです。車に乗っていても十分見ることができる距離です
群生地といっても半径20メートル程度の小さな場所、ぐるりに細い道があるので、様々な方向から見ることができますが、
足元が悪いので気を付けて巡ってください。
須沢水芭蕉

この時季、まだ山は雪で真っ白、風も冷たいかもしれません。須沢海岸に向かえば「ラベンダービーチ」があり、「寺地遺跡」もあります。
風が無く温かな日差しの春日であれば、ゆっくり歩くのもいいでしょう。

観光15分、往復移動時間(15分×2)、須沢海岸を併せて約2時間程度を計画しましょう。

【アクセス】
国道8号線「姫川橋」の信号から南方向368号線に入り、須沢生コンさんの前を過ぎて300メートルくらい。
糸魚川駅から群生地まで車で15分。8台ほどの駐車スペース
バス路線はありません。
サイクリング可能な範囲です。
所在地:須沢生コン所在地 新潟県糸魚川市大字須沢1176番地 tel:025-552-0066
須沢地図


日光寺のけんか祭り

糸魚川けんか祭りは、毎年4月10日に行われる天津神社春大祭が有名ですが、日光寺のけんか祭りは勇壮おおらかです。

4月の第3日曜日と決まっています。
下早川・日光寺のすぐ手前に、下早川小学校があり駐車スペースがあります。
また、交通整理をする係りの方がいらっしゃいますので、安心して行けます。

真言宗阿弥陀山日光寺は天平年間(729~749)に行基が創立、開山は僧良江。大同元年(806)に将軍坂上田村麻呂に二百石を与えられ、七堂伽藍、十二坊があったといわれます。


寺宝に新潟県指定の文化財、十一面観音立像と阿弥陀如来坐像があります。後者は頭部が宝冠で全国に数十体しかない珍しい姿で傑作です。


日光寺の西隣の小高い山の上に白山神社があります。


真言宗日光寺と白山神社、お寺(仏教)と神社(神道)が一緒にするという、神仏習合(日本土着の神祇信仰と、外来の仏教信仰が一緒になった現象)の珍しいお祭りで、五穀豊穣・豊漁を祈願して2基のみこしを激しくぶつけ合います。

白山神社の石段。100段近くあります。
午後1時、獅子と露払いと稚児。露払い(つゆはらい)と呼ばれる女面と男面。神輿を担ぎバランスを取りながら石段を降りてきます。
けんか神輿のため、神輿の屋根には7ミリの鉄板が張られていて500キロの重さがあるらしい。
バランス崩したら一巻の終わりです。


こちらが観音堂。この前の広場が神輿のぶつけ合いが始まる場所です。
神官たちは道路上で真言宗僧徒と合流し、観音堂に向かいます。


観音堂に持ち込まれた2基の神輿を担いだ若者達。まずは軽く一周。


と思う間もなく、すぐさま先頭神輿が向きを変え戦闘態勢。後ろの神輿も待ってましたと迎撃態勢。


担ぎ棒を地面につけて互いにクロスし、後ろの担ぎ棒を持ち上げてぶつけ合います。


7ミリの鉄板がぶつかり合うガシーンという音、何度もぶつけ合う凄まじい力の応酬。
ぶつけ合い、神輿を壊れるほど縁起がいいといいます。
ひとけんかを終えると神輿を立て直し、境内を歩きます。そしてまたぶつけます。ガシーン!
周り、お走りをしてぶつける・・・これを数回繰り返します。
最後は「お走り」と呼ばれる、神輿を担いで走ります。
神輿を観音堂に供え、担ぎ手たちは観客の拍手に送られ白山神社に戻ります。
そう、あの石段をもう一度登って行くのです。足ガタガタになります。

最後までドンドン敲いた大太鼓も最後のとどめをさして止むと、お疲れ様の拍手が一杯湧きます。


動のお祭りの後は、静のお祭りです。
「獅子舞」、雅楽「幣三重」、雅楽「戸隠」、雅楽「天女舞」、雅楽「海幸」(鯛釣り舞)が続きます。


これで終わりと思いきや、白山神社に戻り日光寺で休憩していた担ぎ手達が再び観音堂に戻り、最後の神輿のぶつけ合いをします。
そのあと石段を神輿を担いで登り、白山神社に還すのです。
最期まで神様を楽しませるお祭りです。

少子高齢化、人口減少のため一時途絶えたこのお祭りも、実行委員会の努力で復活がかないました。
神仏習合を現在に残す、派手なけんか神輿のお祭りです。

また、日光寺の庭園は、不動山、鉾ヶ岳、早川を一望出来る借景庭園として有名です。
俗に『加賀洗心公の庭』ともいわれる庭園は、加賀の四代目殿様洗心公が自然の美を利用して造園され、後に小堀遠州の弟子らの設園により手が加えられたといわれています。樹齢700年の五葉松の古木があります。


お天気に恵まれれば春の陽気を楽しみながら午後のひと時を過ごせます。
水仙、水芭蕉、わさび田など、いきいきとした花や、おおらかな田園風景があります。


糸魚川にきない!

[糸魚川の4月の祭り]
4月10日糸魚川けんか祭り→
4月24日能生白山神社春大祭→(こちらはただいま準備中)

  【アクセス】
北陸自動車道糸魚川ICから車で30分、糸魚川バイパス/国道8号を上越方面へ、立壁交差点右折し国道270号を3.4キロ
糸魚川駅からバス20分、07早川線で新道(しんどう)下車徒歩10分
糸魚川駅からタクシー25分
所在地 〒941-0014 糸魚川市大字日光寺
駐車場 下早川小学校校庭30台程度
月不見の池ジオサイトマップ


ページトップへ