カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内(お支払い・配達) 店長へ問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

天津(あまつ)神社のけんか祭り

「けんか祭り」として有名な糸魚川市一の宮にある天津(あまつ)神社の春大祭(毎年4月10日)は、昔から「十日の祭り」と呼ばれ近郷近在からドッ と見物客が押し寄せたものです。
11時頃から躍動の「神輿の競り合い、ぶつけ合い、押し合い」があり、13時からは静謐な「舞楽」の奉納が行われます。
午前の部は「けんか祭り」として、午後の部は稚児(ちご)による舞が多いことから「稚児の舞」と呼ばれます。
郷土の文豪相馬御風(そうまぎょふう)も糸魚川小唄の中で、次のように歌っています。
「つもる白雪 さらりと解けて
 春は太鼓の音から明けりゃ
 若い力でせり合う みこし
 稚児の舞う手に 花が散る」

2012年、市内に貼られたポスター

(行事)
10日は午前零時に一番太鼓を打ち、祭りが始まります。
4:00、神輿堂(みこしどう)から出された二基の神輿は、新町の甚兵衛、甚之丞により舞台に奉安
5:30、一の神輿を担ぐ「押上(おしあげ)」地区の若衆が、押上海岸で禊(みそぎ)を行い、
6:00、二の神輿を担ぐ「寺町(てらまち)」地区の若衆が、寺町海岸で禊を行う。
8:00、衣紋所では、稚児の化粧が始まり
楽屋では笛太鼓が始まる

10:00 押上の使い獅子が参道入口から境内に現れ、
使い獅子あらわる

10:15 押上一同が参道入口から境内に入ります。
10:30 神社拝殿で若衆それぞれが柏手を打ち、神おろしの神事が舞台で行われ、
11:00 舞台上から見守っていた稚児も大人に肩車され「お練り(おねり)」(境内円周約200メートル)。
先頭に使い獅子、錫杖、払い竹、鶏爺(寺町)、神職、一の神輿、宮司、役員、鶏爺(押上)、稚児、神職、二の神輿、宮司、役員の順で、ゆっくり春の 陽射しの中を練り歩きます。動に転じる前の不気味でもある静の時間です。
お練り

11:30 神職より榊を受け取り、稚児が舞台に上がったら、「けんか祭り」のはじまりです。
神輿を担ぎ境内を走り回り、相手を待ち伏せし、ぶつけ合い、もみあう。
形はぶつけあい壊しあいのように見えますが、
実は御輿をぶつけ合うのには意味があり、男神と女神の神婚、子孫繁栄を意味するらしいと聞くと、ど んどんやれと気合も入ります。
けんか祭り

何度もぶつけあい双方が疲れ切る頃
舞台の上から実行委員長が榊を大きく振りまわすと「お走り(おはしり)」の始まり。
太鼓の調子はドンデンドンに変わりすざましい勢いで、神輿が走り出します。
このお走りで勝敗が決し、最後は歓声とともにけんか祭りが終了します。
勝った寺町
勝った押上

12:30 詩歌応答の儀。祭りを行うもの(主として奏楽関係者)と祭りを見に来た観衆との間で、揶揄しあうあるいは「いいね」を、詩歌の交流でや り取り、歌いあうという風流な遊びです。
これはいにしえのフェースブックみたい。
短歌あるいは俳句をけんか祭りが終了するまでに献歌すると、舞楽の途中の合間に返歌がいただけます。
応答の詩歌は短冊に書かれ、木に吊るされ、心ある人がこれを見に来ます。
詩歌応答

13:00 舞楽(国指定重要無形民俗文化財に指定されている)の始まり。
稚児が舞う姿に境内は一転して和やかな雰囲気となり、戦いを終えた男衆や観衆の表情がほころびます。
17:30 舞楽全12曲の最終「陵王の舞」が終わり祭りは終ります。
陵王の舞

昭和55年1月28日に国指定重要無形民俗文化財に指定される、奉納された舞楽(ぶがく)12曲はつぎのとおり。
「能抜頭」のように珍しい曲を伝えているのをはじめ、稚児舞として多くの曲が舞われているなど独特の伝承を有しています。
1)「振鉾(えんぶ)」 稚児二人
12舞楽の初めに奉納される演目です。
緑と橙の衣装を纏い、天冠を頂き、かぶり鉾を両手で捧げ、二人が同時に舞います。
稚児舞1、えんぶ

2)「安摩(あま)」 稚児一人
南方伝来の林邑楽とされ、面帽も面も装束も異国風で手に桴(ばち)を持ち4~6歳の稚児が舞います。
稚児舞2、あま

3)「鶏冠(けいかん)」 稚児四人
鶏冠をかぶり、胡蝶を背負い、菊の花を持って舞います。
四人の稚児が花に遊ぶ蝶のように平和で美 しい舞です。
稚児舞3、けいかん

4)「抜頭(ばとう)」 大人一人
奈良時代に南方より伝来した林邑楽と云われ、
父の仇の猛獣を探し求め、格闘の末にこれを討ち取り
喜び勇んで山を下る様を表した舞です。
稚児舞4、ばとう

5)「破魔弓(はまゆみ)」 稚児四人
頭に巻纓(けんえい:木製黒漆塗りの切れ込みを入れた木片の冠)老懸(おいかけ:馬の毛をブラシの ように束ねて扇形に開いた用途不明の飾り)の冠を付け、手には弓を持ち、太刀を方から斜めに掛け、悪魔退治をするという舞です。
稚児舞5、はまゆみ

6)「児納蘇利(ちごなそり)」 稚児二人
稚児による納蘇利舞(二匹の龍が戯れる様を表したもの)で、面の表情は童子らしくやさしく、丸 顔の面帽子もおもしろく、振り袖姿も優美な舞です。
稚児舞6、ちごなそり

7)「能抜頭(のうばとう)」 大人一人
天津神社独特の舞で、腹を膨らませ、能楽の翁面ににた面を付けます。尖がり帽子と白の小袖に巴を 付けているところなど、すがすがしい装束です。
稚児舞7、のうばとう

8)「華籠(けこ)」 稚児四人
天津神社独特の舞で、四人の美しい装束の稚児が籠に盛った花を巻きながら舞います。
稚児舞8、けこ

9)「大納曽利(おおなそり)」 大人二人
朝鮮伝来の高句楽の舞のひとつとされ、双竜舞ともいい、恐ろしい面に桴(ばち)を持って、二つ の龍が楽しげにはねる有様を表している舞です。
稚児舞9、おおなそり

10)「太平楽(たいへいらく)」 稚児四人
優美で可憐な武人の装束で舞い、その名のとおり、乱世を治め、正しい道に直すという意味を表 すおめでたい舞です。
鉾・太刀を振って豪壮雄大に舞います。
稚児舞10、たいへいらく

11)「久宝楽(きゅうほうらく)」 稚児二人
太平楽と同じ装束を纏い、太刀と楯を持って舞います。>南方伝来の林邑八楽のひとつで、奈 良時代に渡来し大阪市天王寺に伝えられたという、平和で穏やかな世であるよう祈る舞です。
稚児舞11、きゅうほうらく

12)「陵王(りょうおう)」 大人一人
昔、中国の蘭陵王が恐ろしい面を付けて陣頭に立ち、敵を勇壮に打ち破った様をかたどった舞です。
赤地金襴の面帽子に竜頭、吊り顎の面をつけ、豪壮な装束に緋房のついた細い金色の桴(ばち)を持ち、落日に舞います。
4月10日の午後は新衣装、4月11日の午後は昔ながらの旧衣装で稚児の舞が行われます。
稚児舞12、りょうおう


(補足雑学)

・けんか祭りの主役は寺町地区と押上地区
ふたつの地区が、毎年一の神輿と二の神輿の役割を入れ替えます。

・使い獅子
地元では「じょば」というが獅子頭を被った厄払いの獅子のことで、神事の斥候のような役目を果たします。
「除摩(じょま)」の名残ではないかと思われます。
幼児の頭をがっぽりとかぶせてもらうことで、無病息災になるといわれています。
当の幼児 は、ワンワンと泣き出しますが、この風景はいつもながら微笑ましく見ることができます。
じょば

・鶏爺(とりじい)
鶏爺は露払い役(神輿を先導する役目を持つ長)です。
鶏のかぶりものに赤い面をつけ、赤絹の小袖・タッツケで大小刀を差します。
それぞれを男神、女神といい、男神(つねに寺町が担当)は茶褐色のかつらを付け女面を、男神(つねに押上が担当)は黒色のかつらを付け女面をつけま す。
それぞれが面を逆につけている伝説として、昔それぞれの面を違えたまま祭りを行ったところ五穀豊穣・豊漁となりました。
しかし翌年、正しい面をつけて祭りを行ったところ凶作不漁となっってしまったそうです。
以来、男神は女面、女神は男面と、違えたままになったといわれています。
ちなみに男面は口を固く結び、女面は舌を出しています。
鶏爺はけんか祭りが終了するまで、皆を先導する意味で、榊を高く持ち上げ手を下げることを禁じられています。
鶏爺

・お走りの勝敗は如何に
拝殿裏(北側)と舞台楽屋裏(南側)を通過する長円トラック200メートルを時計回りに走り回るけんか祭りですが、最後は位置についてヨーイドンで す。
一の神輿が東側、二の神輿が西側に位置し、合図とともに走り出し、一の神輿が3/4周、二の神輿が5/4周走ります。
ゴールは舞台楽屋裏(南側)の神輿置き台に担ぎ上げるまでです。
「一の神輿が南東角を回るまでに、北東側に回り込んできた二の神輿に見られたら一の神輿の負け」という鬼ごっこのようなルール。
押上地区が勝てば豊漁となり、寺町地区が勝てば豊作になるといわれています。
一気に走り終え、神輿を片づけるや否や、双方は桟敷席に登り込み、
「勝ったぁ、勝ったぁ、また勝ったぁ」と騒ぎ出します。
一の神輿は見つけられなかったと云いはり、二の神輿はしっかり見たと云いはる。
それぞれが「勝ったぁ、勝ったぁ」と叫びあいます。
双方が勝ち、お互いが豊漁豊作になるということらしいのです。

・稚児(地元では「おちごさん」と呼びます)
この日、お稚児さんは地面に両足をつけることが許されません。
古来より日本では神や精霊が子供の姿をしているという観念が少なからずあり、子供が依代や奉仕者でもあるということで子供自身が信仰の対象となるこ ともありました。
子供というのは世の穢れが満ちていない清らかな魂の持ち主とされ、神霊が宿る、または神霊そのものでもありました。
そのような観点から、お稚児さんは清らかな魂を保持するために大人の肩車にのって移動・舞台入りをしたり、舞が終わるまで地面に両足をつかないよう に穢れを避けます。

・詩歌応答について
天津神社の春大祭では、舞楽奉納(国指定重要無形民俗文化財)の合間に行われている詩歌応答(詩歌連俳贈答)があります。
世話人代表の一人、赤野光夫さんによると、詩歌応答の起源は「天津神社並びに奴奈川神社社記」の記述から江戸時代初期ごろと推定されるといいます。 また当初は詩歌の形態ではなく、主に楽屋にいる奏楽関係者と祭りの見物人が文で揶揄(やゆ)し合う中で、短歌や俳句に心得のある関係者が一首一句を 返したことから賦詠になっていったと想像されています。
即詠即答のおもしろさを存分に楽しんでいたことがしのばれ、非常に豊かな遊び心によって生まれた極めて貴重な独特の形態です。
現存する記録(舞楽差定:ぶがくさじょう)によると、詩歌応答は明治二十二年から相馬御風の死去した昭和二十五年まで続いた。翌年から二十六年間中 断したのち昭和五十二年、相馬御風の流れをくむ短歌会「木かげ」により復活したが、平成十八年に同会から継続できないとの申し出があった。
そのため新たな活動母体として短歌愛好者ら有志で「詩歌応答研究会」を立ち上げ、同研究会の代表二人が舞楽会に入ることで再度復活し、今後の継続を 図ることになったといい、継承活動に取り組んでいます。現在会員数は五十名です。
「今後は市民に広く理解して頂き、全国に例を見ないこのよき民族芸能文化を長く継承していきたい。」と赤野さんは話されています。

・舞楽と稚児(稚児舞)
平安時代に完成をみた雅楽は、その後地方の寺社を通じて各地に伝えられ、北陸地方には稚児舞楽として伝承されてきているものが多い。
天津神社舞楽の2週間後に行われる糸魚川市能生の白山神社舞楽も稚児舞です。
演技、演奏法に中央の神楽とは違ったものもみられるなど、史的に貴重なものとされ、いずれも国指定重要無形民俗文化財です。
稚児(稚児舞)は、小学生位の少年数名が平安時代風の白塗りの厚化粧(眉を剃るか鬢付け油で塗りつぶす(引眉))をして艶麗な装束で舞う典雅で可憐な舞 で、
舞楽の流れを汲み、曲名も舞楽と共通のものが多いが、曲調や楽器編成は雅楽の傾向から離れ、里神楽に近い。

糸魚川の4月10日はサクラがまだ満開になっていないことが多く、花冷えの時期にもなることも。
防寒対策をしっかりしてお出かけください。
糸魚川にきない!

【アクセス】
糸魚川駅から徒歩5分
名 称 天津神社(一の宮)
所在地 〒949-1352 新潟県糸魚川市一の宮
TEL 025-553-1785 糸魚川市観光案内所

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ