カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内(お支払い・配達) 店長へ問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

天下の険・親不知(おやしらず)

古く北陸道最大の通行の難所で天下の険として有名な親不知(おやしらず)。糸魚川駅から西(富山県)の方向に車で30分程度行ったところになります。
一般国道8号線で青海(おうみ)町を過ぎると、左手は絶壁、右手下は日本海、崩落防止と防雪のトンネル、カーブの連続と景色が一変してきます。
ようやくトンネルを抜けると親不知。北陸自動車道が頭の上に現れ、やがて親不知ピアパークに到着します。
親不知コミュニティロードはさらに10分富山方向に進みます。親不知観光ホテルを目当てに行くといいでしょう。

北アルプスの山腹絶壁が日本海まで押し寄せ、日本海の荒波が旅人の行く手を阻み、波打ち際を駆け抜ける際に親は子を忘れ、子は親を顧みる暇がなかったことから 「親知らず・子知らず」と呼ばれるようになったと伝えられる場所です。
また、一説には、源平時代の平清盛の弟、頼盛の夫人が夫の後を慕って親不知を通りかかった折、2才の愛児を荒波にさらわれ悲しみのあまり詠んだ 「親知らず 子はこの浦の波まくら 越路の磯のあわと消えゆく」
という歌が由来になったともいわれ「親不知・子不知」とも。

人と自然の壮絶なドラマが多く残されている場所です。

・大国主命と赤鬼の力比べ伝説「投げ岩と鬼蹴り岩」。「鬼蹴り岩」は高速道路の下に埋もれて今は見えません。
親不知海岸と投げ岩

・歌が浜(うたがはま)に残される聖徳太子の歌 「萬代(よろずよ)と波はたち来て洗へども変わらぬものは水茎のあと」
・それに返歌をされた親鸞聖人の歌 「水茎のあとも遠かれ歌が浜洗い流すな八重の白波」(雲晴寺境内)

雲晴寺の碑

・木曽義仲が都へ攻め上るのを諦めたさせた絶壁「駒返し」

・「立竦如来(たちすくみにょらい)」や「波除観音(なみよけかんのん)」に伝わる人と荒波のドラマ

・作家水上勉の「越後つついし親不知」に表される、厳しい日本海と雪の物語の地

●四世代道路
北アルプスの断崖絶壁が海に落ち込むこの地には、四世代に亘る道路があります。
第一世代:今は海没しましたが、波打ち際を駆け抜け、岩の窪みで波をよけて通行した初期の道です。
 京都から秋田に抜ける「北陸道」は、江戸時代には加賀藩の参勤交代のため「加賀街道」とも呼ばれましたが、波打ち際を通行するのみでした。
第二世代:明治11年に明治天皇の北陸巡幸をきっかけに道路整備が始まり、明治16年に人力車が通れる国道が開通しました。
 このとき、道路が開通した記念に「如砥如矢(とのごとくやのごとし)」(=砥石のように滑らかで、矢のように速く通れる)が岩肌に刻まれました。
第三世代:昭和33年に開設した建設省北陸地方建設局が整備着手し、昭和42年国道の改修が完成し全区間2車線になりました。
 しかしその後も土砂災害が多く通行止めを繰り返し、本格的な防災工事を経て、現在は国道8号線として利用されています。
第四世代:昭和63年に北陸自動車道が全面開通しました。
 橋脚30本で日本海の中を走る道は仰天の景観と人智の妙に感動します。
 長い歴史のなかで親不知が安全に通行できるようになったのは、ほんのまだ最近の話だったのです。
北陸自動車道・親不知

●親不知ピアパーク
親不知と日本海を満喫できる道の駅です。
夏は海水浴、スキューバダイビング、磯釣りなどのマリンレジャーが楽しめます。海岸に降りてヒスイを探すのも楽しみです。
「ミリオン」と呼ばれる全長6m、重量5トンの世界一のブロンズ製海亀像が出迎えてくれます。
親不知ピアパーク マリオン

是非見ていただきたいのは、翡翠ふるさと館に展示される、橋立ヒスイ峡から移設された世界最大102トンのヒスイ原石です。
世界最大102トンのヒスイ原石

おさかなセンターでは獲れたての海産物を販売しています。親不知産の岩がき、サザエ、もずく、あんこうは名物です。
親不知コおさかなセンター

●親不知コミュニティロード
第二世代の道路を散策しましょう。明治16年に刻まれた「如砥如矢(とのごとくやのごとし)」の一枚岩の高さと大きさも見ごたえがあります。
この道は昭和61年に「日本の道百選」に選ばれました。
親不知コミュニティーロードマップ 如砥如矢

また、この下には旧北陸本線の親不知レンガトンネル(667m)があります。
大正元年から昭和40年までの53年間、旅客貨物輸送を支えた手積みレンガのトンネルです。
平成26年に土木学会推奨土木遺産に選定されました。
レンガトンネル内は通行できるように整備されています。石炭を炊いて運転していた当時の機関車のススが今もずっしりと残っています。
親不知コミュニティーロード レンガトンネル

この辺りの直下の海岸線が第一世代道路で通行を阻んだ岩場になりますが、今はその浜も海没して見ることはできません。

●親不知記念広場(展望台)
親不知コミュニティロードから糸魚川方面に戻る途中、風波川(かざなみがわ)の大きなカーブを越えた先に、駐車スペースがあります。
国道の改修を記念して造られた広場ですが、ここに停車し狭い展望台からコミュニティロード付近の岸壁を確認しましょう。
親不知の険しさがもっともよく見える場所で、ここからの眺望が一番だといわれています。
親不知海岸

愛の母子像が国道を往来する人々の安全を見守り、台座には糸魚川が生んだ文豪相馬御風の歌が刻まれています。
「かくり岩に寄せてくだくる沖つ浪の ほのかに白きほしあかりかも」

「親不知」観光90分、往復移動時間(30分×2)、併せて約3時間程度を計画しましょう。

【アクセス】
北陸自動車道「糸魚川IC」から車で30分、国道8号線を富山方向に走り、親不知ピアパークに到着します。
親不知ピアパークから、車で10分「親不知コミュニティーパーク」
親不知コミュニティパークは景色も良く見どころいっぱい。1時間程度散策しましょう。

2019/3/24からETC搭載車に限り、「親不知ピアパーク」には1時間以内であれば北陸自動車道の「親不知IC」から立ち寄りが可能になりました。
親不知ICから親不知ピアパークは1.5キロ約2分です。

所在地 新潟県糸魚川市大字外波903-1
問合せ先 道の駅 親不知ピアパーク TEL.025-561-7288
駐車場 無料 大型15台 普通車226台

親不知コミュニティーロード、親不知観光ホテル付近マップ
親不知コミュニティーロードマップ

問合せ先 親不知観光ホテル TEL.025-562-3005
所在地 新潟県糸魚川市市振119-1
駐車場 糸魚川市無料駐車場30台 バイクガレージ17台

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ