カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内(お支払い・配達) 店長へ問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

2010.05.09 不動滝

不動滝と坂部周範(サカベチカノリ)
GWに糸魚川に帰省し、気になっていた不動滝(ふどうだき)に行ってきました。
滝の高さは70メートル、水源はヒヨドリ池の一万立方メートル。夏でも水は涸れません。
高さ90メートル、長さ200メートルの断層崖が不動谷を作り、そこに滝が
形成されています。
 不動滝は、幼少の頃行ったことがありましたが、当時は一日がかりのハイキングで、
滝近くでは田の畦道と藪をかきわけ、滝に近づくにつれ、滝の轟音と、
湿った冷風が降りかかり、緑いっぱいドキドキした思い出が残っています。
 去年の夏、車で行ってみました。自家用車で市内から30分。別世界に入れます。
公園も整備され、坂部周範の「不動瀑」を詠んだ漢詩の碑ができています。
さらっと観て通りすぎたのですが、力強い漢詩がどうしても心残りだったのです。
 今年は残雪が多く、滝の水量もドウドウとしており、滝つぼ近くは飛沫が雨のようで
行けません。
ゆっくりと7言20行(140字)の漢詩碑を視て、読み下し分を書き写しました。
1845年生まれ、12歳で長崎に遊学し、漢学者として学び、父母の死で、
糸魚川に移り、22歳他界。
すごい人がいたのですね、読み下し分をパソコン入力するだけでも大変。
語学力がすごい。
滝を見ずして、渓谷美、水量、水煙、瀑音が想像できます。

不動滝坂部周範の碑
「不動瀑」漢詩