カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内(お支払い・配達) 店長へ問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

2017.4.19 まちづくりカフェ Part2

復興のまちに考えて欲しいことがある。
今だからこそ考えられることがある。
今までと変わらぬまちで在ってほしいし、今までと変わらないまちならば繁栄は望めない。
わたしたちの意見がまちづくりに役立つのならば。
意見を出して、新しいまちをみんなで考えていかなければならないだろう。


[広報いといがわ] http://www.city.itoigawa.lg.jp/item/20303.htm
より抜粋。

糸魚川市駅北復興まちづくり計画の策定にあたり、幅広い提言やアイデアを寄せていただき、今後の復興まちづくりに主体的にかかわっていただくことを目的に開催します。
1.日時 4月23日(日曜日) 13時30分から
2.会場 糸魚川地区公民館3階ホール
3.内容 ・まちの将来像を実現させるアイデア
    ・アイデア別グループで意見交換
4.定員 100人
5.その他 申し込み不要

復興まちづくりカフェでの提言やアイデアは復興まちづくり計画検討委員会での検討を経て、復興まちづくり計画に反映していきます。

主催は糸魚川市。





Part1の実施について
[新潟日報記事」 http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20170322314204.html
より。
糸魚川大火からの復興に向けて、糸魚川市民が意見を出して語り合う「まちづくりカフェ」が20日、大町1のヒスイ王国館で開かれた。33人が参加し、にぎわいをどうつくっていくかや防災力をどう高めていくかなどの意見を交わした。
 カフェで出たアイデアを市の「駅北復興まちづくり計画検討委員会」で取り上げ、まちづくりに生かそうと市が主催した。
 参加者は数人のグループに分かれて議論。まちのににぎわいを呼ぶアイデアとして、道の駅や公園、国内外の観光客らが食事やお酒を楽しめる場所を設けるといった意見が出た。
 また中国や韓国から富山空港を経由して長野県へ向かう外国人観光客が増えていることを挙げ、糸魚川にも立ち寄ってもらうようアピールしていくことも提案。防災力強化では、災害の歴史を伝えるメモリアル施設の開設や、大火の教訓を伝える行事を毎年実施し、防災の大切さを伝承していくなどの意見が出された。
 その後、これらの意見を具体化させるため、「被災した酒蔵や料亭の復興と、道の駅を連携して観光客の見学コースにする」「(被災地周辺に散在する小さな駐車場を)まとめて大きな駐車場にすれば防災面でも効果的」「復興のためにも松本糸魚川連絡道路は望まれる」などのアイデアが挙がった。

2016.12.06 加賀の井酒造。新酒情報

糸魚川の清酒業者五蔵元のひとつ、加賀の井酒造の2016年新酒情報を伺ってきました。

12月10日から出荷予定です。

「しぼりたて生」は、新潟県産五百万石全量使用し醸した純米吟醸酒(芳醇辛口)で、この時期だけしか出荷できません。
注文を受け付けていますので、ご入用の方はお早めにお申し込みください。
出荷準備でき次第順次発送させていただきます。

加賀の井酒造 加賀の井純米吟醸「しぼりたて生」720ml


加賀の井酒造 加賀の井純米吟醸「しぼりたて生」720ml

2016.12.01 渡辺酒造。新酒情報 

糸魚川の清酒業者五蔵元のひとつ、渡辺酒造を訪ね、2016年の新酒の発売時期を伺ってきました。
12月8日から出荷の予定ということです。

「雪見酒」は、根知谷産五百万石100%のしぼりたて生酒、希少でこの頃だけにしか出荷できません。
事前注文を受け付けますので、ご入用の方はお早めにお申し込みください。
出荷準備でき次第発送させていただきます。

渡辺酒造店 根知男山 雪見酒 1800ml

渡辺酒造店 根知男山 雪見酒  720ml

雪見酒2016パンフレット
雪見酒2016パンフレット

2016.11.30 「翠鶏」出荷始まる。

11月29日付けの糸魚川タイムスで、『にいがた地鶏「翠鶏」(糸魚川産)出荷始まる』が掲載されました。
にいがた地鶏は県産天然記念物「蜀鶏(とうまる)」をルーツとします。

糸魚川産にいがた地鶏を「翠鶏(みどり)」と呼びます。
ワークセンター西海は、畜産安心ブランド生産農場として認定された農場で、ここで生産された翠鶏は、旨味成分のイノシン酸を多く含む、飽きないおいしさがあるのが特徴です。

当ショップでも、ご注文が可能です。
是非、いといがわ「翠鶏(みどり)」をお試しください。
→にいがた地鶏 みどり

11月29日付け糸魚川タイムス記事

2016.11.28 猪又酒造。新酒情報(追加情報あります)

糸魚川の清酒業者五蔵元のひとつ、猪又酒造の2016年の新酒の発売は、
12月18日前後の予定ということです。

猪又酒造2016

冬季限定のしぼりたて3種、希少でこの時期だけにしか出荷できません。
事前注文を受け付けますので、ご入用の方はお早めにお申し込みください。
出荷準備でき次第発送させていただきます。

猪又酒造(冬) 一石 亀口1800ml
猪又酒造(冬) 一石 亀口 720ml

猪又酒造(冬) 月不見の池 本醸造 しぼりたて生酒1800ml
猪又酒造(冬) 月不見の池 本醸造 しぼりたて生酒 720ml

猪又酒造(冬) 別撰 一引き(いちびき)1800ml
猪又酒造(冬) 別撰 一引き(いちびき) 720ml

猪又酒造冬季限定商品

新しいお酒ができます!
「中取り直汲み」の生原酒が、12月23日頃に発売されます。
純米吟醸中取り直汲み生原酒 1800ml
純米吟醸中取り直汲み生原酒 720ml

純米中取り直汲み生原酒 1800ml
純米中取り直汲み生原酒 720ml

ご注文いただけます。

猪又酒造冬季限定 中取り直汲み生原酒

2016.11.27 池田屋酒造。新酒情報

糸魚川の清酒業者五蔵元のひとつ、池田屋酒造を訪ね、2016年の新酒の発売時期を伺ってきました。
12月中旬頃の予定ということです。

「しぼりたて生酒」は、希少でこの頃だけにしか出荷できません。
事前注文を受け付けますので、ご入用の方はお早めにお申し込みください。
出荷準備でき次第発送させていただきます。

謙信「しぼりたて生酒」1800ml

謙信「しぼりたて生酒」720ml

池田屋酒造しぼりたて生酒パンフレット
池田屋酒造しぼりたて生酒パンフレット

2016.11.26 田原酒造。新酒情報

糸魚川の清酒業者五蔵元のひとつ、田原酒造を訪ね、2016年新酒の発売時期を伺ってきました。
袋しぼりの期間限定酒です。

12月1日から「純米吟醸無ろ過生原酒」発売

12月7日から「本醸造無ろ過生原酒」発売

「2015.12.12 田原酒造奮闘記」でその製造方法をごらんください。

搾りの終わった槽の前で、並んで記念撮影です。
田原酒造無ろ過生

田原酒造無ろ過生パンフレット2016年
田原酒造無ろ過生パンフレット2016年

2016.10.07 河内・金剛山に登る

日本二百名山、関西百名山、一等三角点百名山の河内・金剛山(こんごうさん)です。
金剛山は大阪府で一番標高の高い山、そして自己鍛錬のためにひっきりなしに登山者がある愛されている山です。
10月7日9:00、府道の「金剛登山口バス停」に到着。


同乗登山者達は速やかに登山口に向かいます。が、わたしは千早城跡へ(9:00)。
鎌倉末期の楠木正成が、ここ千早赤阪村に造った天然要害の千早城を是非見たかったのです。
敵が百万騎、味方が僅か千人足らずとも防ぎ戦える城。
鎌倉幕府に反旗を翻した正成が100日間、奇策を用いて鎌倉幕府軍の攻撃に堪え抜いた難攻不落の名城です。
千早城に鎌倉幕府軍が足止めされている間に、新田義貞が東国で挙兵して鎌倉幕府は滅亡してしまいました。

城は、金剛山の一支脈が西に広がる半独立峯、標高673.9m(登城口との比高150m)のところにあります。
府道沿いから道を20メートルくらい歩くと大手口。ここからいきなり500段の石段が始まります。


500メートルの距離といえど20分かかりました。
鎌倉の頃、ここをへいこら登ってきても、上からの一斉攻撃で一網打尽です。
「トツゲキー!」と云われても、50歩進んだら気力が失せます。


一気に登って四の丸。


三の丸、二の丸、本丸が山尾根の部分。真っ直ぐ300メートル続きます。四の丸と本丸との比高は約30m。
二の丸跡には千早神社。
八幡大菩薩を祀り、楠木正成、正行、久子(正成の夫人)を合祀して楠社という千早神社です。シンとして薄靄が漂っているような空間です。


やがて登山道と合流。三合目。(9:38)


登山道は登り易く整備されています。ひといき歩けばもう五合目に到着。(9:50)


日陰の道は歩きやすく、階段の幅と高さもうまい具合に整備されています。


国見城跡山頂部、海抜1125メートル(?)到着。(10:30)。


毎日のように金剛山に登山し、200回、500回、1000回、1万回の登頂記録達成のつわもの一覧が山頂の掲示板に掲げられています。登山回数達成のためのスタンプ帳があり、参加するには回数を管理するシステム「金剛錬成会」の会員にならなければなりません。山頂でスタンプを押してもらい下るのです。これで1回。
人間のこういう日々の過ごし方もあるのだと気付き驚きます。

赤い灯篭立ての並ぶ急な坂道を、えいやっと登りつめれば、


関西では珍しい大社造りの葛木神社(かつらぎじんじゃ)。
古事記、日本書記に出てくる「良きことも悪しきこともただ一言願わくばかなう神」を祭ります。
この裏手が実際の最高峰1125メートル地点。神域のため入れません。




コンクリートの打たれた急坂を下りしばし。電波塔はやや低い湧出岳(1112m)にあります。


横に第二十一番経塚「妙法蓮華経如来神力品第二十一経塚」があります。(11:07)
経塚とは、仏教経典を書き写し埋納することで、浄土思想の普及と個人的な祈願成就を目的に行われるようになった風習といいます。
金属製の経筒に写経を納め、経筒には銘文が彫られ、山頂や神社境内の土中に石室を作り安置、封土が盛られます。


ここからのわずか10分程度の道が獣道です。笹に覆われ雨水のたまるぬかるみの道。

やがて伏見峠に到着。いくつもある分岐にしばし困惑。(11:46)


南に広がる金剛山の大きな裾野の尾根、天ケ滝林道に入ります。なだらかに長く続く林道を南に下ります。


湿った道に、ガマガエル(?)がのっそり出てきました。
お互いにびっくりしあって、目をむきあいました。こぶし以上の大きさです。


杉木立は高く、上を向けば秋の日差しが斑になって降り注ぎます。


大きなアケビを発見。デカい! 手を伸ばしてもあと40センチくらい足りない。
採れないと思うと余計に悔しい。5〜6個鈴なりでした。


天ケ滝に到着。滝の音は大きいが水量が少ない。一帯湿気が多く休めそうにないので、分岐点まで戻ります。


分岐点にあるベンチに腰掛け、昼食タイムとします(12:50)。
デジカメを岩に置き、枯れ枝で角度を付けて、タイマーセットで自撮り成功です。


山を下ります。小和町、近内町を通過し、JR和歌山泉北宇智駅に向かいます。
振り返れば、湧出岳の電波塔がかなたに見えます。


JR和歌山線北宇智駅に無事到着。無人駅で自動券売機と小さな待合椅子のある駅舎。(14:10)


14:55ワンマンカー電車に乗って橋本へ。南海高野線に乗継ぎ「なんば」まで。「新今宮」で降りるところ、眠り込んで乗り過ごしてしまいました。
家に戻ったのが17時。
休憩を含んで5時間、距離は18キロメートルくらいかしら。

トレッキングや健康のため、自己の鍛錬のために、実施回数をカウントしながら楽しめる山(イベント)があることが素晴らしい。
1万回を越える人は、人生をかけて参加しているに違いない。1日1回登山したとして27年以上続けていることになる。
生きるということは何だろうか。

2016.10.5 京都・愛宕山に登る

愛宕山は京都市北西にそびえる、山城と丹波の国境の山で標高924メートル。日本三百名山、近畿百名山にふさわしい長い登山道、長い階段の山です。
渡月橋あたりからは、山容が望めます。


山頂には「火伏せ(防火・鎮火)」の神としての信仰が厚い愛宕神社があり、毎日参拝登山する方がいるほどです。


落語にもでてくる「愛宕山」、昔は土器(かわらけ)投げの遊び場もあったとか。
7月31日夜から8月1日未明にかけての「千日詣」は有名で、多くの人が列をなして参拝に登ります。
登山は表参道からが一般的で、約2.5時間5.5キロ。

9月4日
清滝(7:20)〜大杉谷〜月輪寺〜愛宕山神社〜表参道〜清滝(11:30)
台風の接近を報じる中、地図を忘れ、カメラのバッテリ不足で出かけましたが、台風の雲間から京都市内を携帯カメラで撮影するのが精いっぱい。愛宕山山頂へのルートも判らず、しばし休憩の後、結局下山しました。


表参道は登山標識が1/40から40/40まで丁寧に付いているのですがこれが思いのほか辛い。え、まだ20なの?

9月27日
清滝(7:20)〜大杉谷分岐(7:45)〜第2ベンチ(8:45)〜愛宕山(10:15)〜ケーブル愛宕駅跡地(12:00)〜清滝(13:30)
9月4日のリベンジです。
計画通りの道を余裕をもって歩き、計画外の山をオロオロ下り、時間通りの時間で下山しました。


眺望は殆どないです。林立する杉の山道を川音を聞きながらひたすら上ります。
息切れするほど傾斜もあります。


静寂で誰一人合わず、山を占有した気分になります。


愛宕山神社から愛宕山山頂のルートが前回と同様不明でした。地図を見てもおおざっぱで判らず、あちこち歩き回りました。標識の一つも立ててくれればよいのに。
最後は山の高さを見比べて、ここが登り口かと見当を付けて急な登り道をあがりました。


ようやく三等三角点に到着しました。


曇り空の中に京都の街並みがボアっとかすんで見えます。蛇行した桂川や広沢の池。東には比叡山や比良山系も狭い視界から望めました。


下りは表参道の黒門を通過後、水尾別れの手前で東に入りこみます(これまた標識が無いので判りづらい)。


しばらく平坦な道を歩くと、草に覆われたケーブル愛宕駅跡地に到着です。



(解説)
昭和4年に開業した愛宕ケーブルは、清滝から山頂愛宕駅(標高740メートル)を15分で結び、距離(全長2キロ)と高低差で東洋一といわれた。ケーブルカーは2両編成で定員84名。
山頂駅付近には料理旅館やお土産屋、参拝用の駕籠かき番屋があり、駅舎2階の「愛宕食堂」では、当時としては珍しいカレーライスやタンシチューがあり人気だった。
同じ時期に作られたスキー場もあってか、ケーブル乗車待ちの行列ができ、定員の倍以上の人数が乗り込んだため、当初はよく故障したという。
昭和19年鉄供出のため撤去されて以来、再開されることなく現在に至る。

むき出しのコンクリートのケーブル愛宕駅跡地。こんな山奥に在って、栄華があったのだと思われる広場でした。


第2次大戦の鉄供出で線路が抜かれ、一気に廃れたのです。
傾斜角度20度ほどの2キロメートルの線路跡が真直ぐに下っているのですが、


草が茂り、落ち葉が埋め、倒木が重なり合って、山が崩れ、トンネルを塞いでいました。




6個のトンネルのうち、6号(一番山手)は通過できましたが、


5号、3号は塞がれて通れません。道でないような道に分け入り、迷い戻り、トンネル山を滑り降りることになりました。軍手を持って行って正解でした。


4号、2号、1号はなんとか通過できたのですが、ヘッドライトが無いと危険なほど真っ暗闇で恐る恐る足を運ばなくてはなりません。


50分で下山の予定が90分かかり、清滝の表参道鳥居に着いたのが13時30分。この下りルートはお薦めできませんね。


清滝にあるケーブル乗り場は、民家に改装されているようでした。
京都に在って、北アルプス登山の練習にはほどよい辛さです。

2016.03.19 「男のわさび漬け」を作ろー

田原酒造蔵元直伝、男の料理「わさび漬け」
自分の肴は、自分で作るぞ!
という意気込みの方、必見です。

材料
材料
わさび(葉、茎、根) 100g(根は無くても可。根が入ると増々ツーン度が増します)
酒粕         100g(1週間で食べきれるという量にします)
日本酒(みりん)   適宜(酔っぱらうのが目的では無い。酒粕を滑らかにするためです)
塩          小さじ1/3(塩揉み用にと、漬け込み用に使います)
分量は適当なので、お好みで調節して下さい。

作り方
1【わさびの準備】
わさびは、糸魚川産SKフロンティアのわさび「生わさび芋(Mサイズ) 糸魚川・早川郷産」を使います。
「わさび漬けを作りたいので、葉や茎もどっさり入れてね」と無理にお願いしてみましょう。きっと叶えてくれて、100gは確保できるのではないかな。
と思いきや、「それなら、葉と茎がいっぱいで、芋がちょっと入っている良いのがありますよ。」と安価に分けていただきました。
本当の取れたてわさびがすぐ手に入るところが素晴らしい。
葉わさび
わさびは丁寧に水洗いし泥などの汚れを落とします。切り口や折れて黒くなってる部分は切り取ります。葉の付け根を洗う場合には、葉の根元をつまみ、下方向に折って洗います。わさびはこの葉の根元が一番おいしい部分。 葉わさびを15cmほどに切り、さっと熱湯にくぐらせて冷水にとります(辛味と歯ごたえを残し、えぐみを取るため)
葉わさびをみじん切り
そして3〜5ミリの長さに切って、ボールに入れます。
根はイチョウ切りにして、薄くスライスします。スライスした根は、すりこぎで軽く叩き潰すくらいが好い食感になり、辛みも出ます。
わさびは、切ったりすりおろしたりして細胞が壊れた時に化学反応を起こして辛みが出るのだそうです。辛み成分のカラシ油は揮発性ですので、もたもたしていると飛んで逃げてしまいます。下ごしらえは手早くしましょう。

2【あくぬき】
わさびに3%くらいの量の塩(うーん微妙か?)をふりかけて、塩揉みします。
刺激があるので、手のひらの敏感なデスクワークばっかりのおじさんには、使い捨てのゴム手袋をするのが良いです。
塩揉みしたら瀬戸物の容器に移し(化学変化が発生しにくいからいいのです)、落とし蓋をして、重石を乗せます。
このまま1時間くらい、ほうりっぱなしにします。

落とし蓋をして、重石
瀬戸物の容器に入れ、皿で蓋をして、ペットボトルを重石として乗せる、といういかにも安直な方法。

3【酒粕の準備】
その間に、酒粕の漬床(「漬床:つけどこ」というより「粕床:かすどこ」ですな)を作ります。
雑菌が入らないように、よく手を洗ってから始めます。
もちろん使用するのは、田原酒造蔵元直詰「酒粕」
田原酒造蔵元直詰「酒粕」
酒粕の硬さにもよりますが、日本酒を適宜加えて行って、食べやすい硬さに練り上げます。
ここで使う日本酒は何を選ぶか?香りも酒度も飛んでしまうので、料理酒で良いでしょう。
料理酒の代わりにみりんを使うとまろやかな味に仕上がります。
酒粕
ボールに入れて、手でぐっしゃぐっしゃと握りつぶします。お好みの硬さになったら、塩を加えて更に練り込みます。
反省。すり鉢があれば、これでコネコネするのが早くできますね。私は手指が疲れました。

酒粕コネコネ
4【酒粕の調味】
砂糖をあわせます、という一般論もあるのですが、男の料理に砂糖は要らない!
子どもにわさび漬けを食べさせると頭が悪くなる(?)ので、カーン、ツーンを望む辛口男には砂糖は入れない。

5【わさびを酒粕と混ぜ合わす】
さて、1時間を越えたわさびさんからは、水分が出ています。ザルにあけてしっかり水分を切ります。この水分が残っていると、ぐしゃぐしゃになります。
もう一度、よく手を洗ってから始めましょう。発酵食品に雑菌が入らないようにするためです。
わさびと粕床を混ぜ合わせ、練り上げていきます。
出来上がり
粕床とわさびの割合は、自分のお好みです。
市販のわさび漬けのように「あ、たまーにある、このコリっとしたのが、もしかしたらワサビなの?」というのが好いのか、「ツンツンカリカリした、キクー!」というわさび漬けにするのが好いのか、ここで決まるのです。

出来上がり
密閉容器にいれて一晩寝かせればできあがり。もう辛みが出てきて、美味しくいただけます。
密閉容器も事前に熱湯を通して充分消毒しておきましょう。

6【できあがり】
出来上がり当初は、まだ酒粕の香りがキツイと感じるかもしれません。数日置く方がおいしいかも。
少量の醤油をかけて、あつあつご飯でいただくと、もう最高!!
当然ながら、日本酒の肴にもグッド!!
ワイワイ、シャキシャキ、わさび談義するも佳し。シブく傾く一人酒の肴にも佳し。

保存は、チルドなどの低温冷蔵します。
1週間くらいを限度にして食べきるようにしましょう。これを過ぎると、わさびの辛みが抜けてしまいます。