カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内(お支払い・配達) 店長へ問合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

2017.4.20 「糸魚川ヒスイと酒まつり」開催お知らせ 

ゴールデンウィークの5月4日。
糸魚川に居る人、やってくる人、是非糸魚川駅北横の「ヒスイ王国館」にお出かけください。

「糸魚川ヒスイと酒まつり」が開催されます。

10時から17時まで
〇綉川ヒスイの日と認定された5月4日を記念して、ヒスイを見て・触って・知ってもらうため
∋綉川市日本酒醸造元である五蔵のお酒が集まり、試飲し楽しんでもらうため

NPOまちづくりサポーターズと糸魚川五醸の会が連携してのイベントです。

2016.10.25 国石(国の石)になった「ヒスイ」
ご存じでなかった方はこちらをどうぞ。→2016.10.25 日本の石「ヒスイ」
まだその美しさをご存じない方、是非手に取って確認してみてください。硬いヒスイの加工方法も実演されます。お気に入りのものがあれば購入もできます。
日本ヒスイの産地糸魚川で、特別のゴールデンウィークをお楽しみください。

会場の半分は「酒まつり」
五蔵の蔵元さんが総出で、試飲販売会を行います。
(加賀の井酒造さんは被災のため提供できませんが、復興支援Tシャツが販売されます)
おつまみブースも出店予定ですので、試飲とおつまみでゆっくり、ちびちび飲むもよし!蔵元さんとの話を楽しんで買うもよし!

地酒の試飲は受付で500円お支払いいただくと、専用オリジナル猪口をお渡ししますので、お好きなだけ倒れない程度に。
(車で来られる方はダメですよ。四合瓶のお酒が購入できますので自宅に持ち帰ってから飲んでください)

ヒスイ臼で挽いた「コーヒー」が飲めます。(有料)
休憩スペースもありますので、くつろいでください。

ヒスイネイルの実演があります。
結ネイル1本500円(ペア1000円)、春限定ヒスイネイル500円

ヒスイにまつわるお話、お酒に関わるおもしろ話が3回開講(11:30、13:30、14:30)されます。

「ヒスイの盃」にお酒を汲んで、粋な一杯もお楽しみです。まさにヒスイとお酒のコラボ! 一杯100円で提供されます。

ヒスイカクテルは、ヒスイ色した糸魚川の地酒(日本酒)をベースにして作られたカクテルです。

ヒスイ製品と地酒がプレゼントされる抽選会があります。
時間をチェックしてください。4回に分けて行われます。
1回目 11:00〜 ヒスイ製品が当たります
2回目 13:00〜 地酒おみちよう専用瓶が30本当たります
3回目 15:00〜 ヒスイ製品が当たります
4回目 16:00〜 地酒おみちよう専用瓶が30本当たります

日本神話には、出雲の国の大国主命は、賢く美しい奴奈川姫をお嫁さんにするために現在の糸魚川近辺へ来た、とあります。
ヒスイまつりには毎年、大国主命と奴奈川姫が登場します。
糸魚川駅近辺で衣装を着けた二人が、パンフレット片手にイベント会場へ誘います。





2017.4.18 H29糸魚川ジオパークカレッジ受講生募集

平成29年度「糸魚川ジオパークカレッジ」受講生募集のお知らせです。

糸魚川ジオパーク検定試験に対応しています。
ジオパークガイド養成への期待もできます。

一見難しそうですけど、難しくありません(^_^)/

気軽な気持ちでご参加ください(^_^)/


■平成29年度公募期間/平成29年4月27日〜平成29年5月27日(ガイダンス当日)迄
■通常開催期間/6月、7月と9月〜翌3月の第二・第四土曜日(一部変更の可能性有り)
■開講式/平成29年5月27日(ガイダンス有り)・野外体験教室は8月にも2回開催
■開催日時/通常は13時10分から16時30分まで
■場所/糸魚川市旧今井小学校校舎3階音楽室
■参加費/市内在住の方1回300円・市外在住の方1回1000円/別途テキスト代1000円程度
■主催/任意団体・東京大学庭師倶楽部 協賛/NPO法人ジャパン・フォレスト・フォーラム
■協力/糸魚川市、糸魚川ジオパーク協議会、東京糸魚川会
■お問い合わせ先・申込先/ジオパーク推進室・〒941-8501糸魚川市一の宮1-2-5
 TEL/552-1511 FAX552-7372 E-mail/geopark@city.itoigawa.niigata.jp
 カレッジ事務/NPO法人ジャパン・フォレスト・フォーラム
 TEL/070-5466-2643  E-mail/cbb12055@pd6.so-net.ne.jp





2017.4.2 H29年度ふるさと納税

越後屋ええもん本舗が、H29年度ふるさと納税お礼品に「大吟醸酒」など3品追加登録しました。
(全6商品となりました)

当ショップで購入も可能ですが、ふるさと納税をご利用するとさらにお得です。
ご検討ください。

ふるさとチョイス 糸魚川


10,000円以上20,000円未満の寄附でもらえる
「高志の国の大吟醸」


「雪鶴 純米吟醸と純米酒」


20,000円以上30,000円未満の寄附でもらえる
「糸魚川の美酒3本組合せ」


「純米吟醸酒300ml 1ケース」


50,000円以上70,000円未満の寄附でもらえる 「糸魚川の純米吟醸酒4本組合せ」


70,000円以上の寄附でもらえる 「糸魚川の美酒4本(蔵元推奨の逸品)」


2017.2.9 ふるさと納税

ふるさと納税が盛況です。
「糸魚川大火の災害見舞金」も含め、糸魚川が人気です。
このたび、当ショップからもお礼の品を登録しました。(下記3商品)

当ショップで購入も可能ですが、ふるさと納税をご利用するとさらにお得です。
ご検討ください。

ふるさとチョイス 糸魚川


10,000円以上30,000円未満の寄附でもらえる
「高志の国の大吟醸」


30,000円以上50,000円未満の寄附でもらえる
「糸魚川の美酒3本組合せ」


50,000円以上100,000円未満の寄附でもらえる 「糸魚川の純米吟醸酒4本組合せ」


2017.2.2 「糸魚川大火」の復興応援

「糸魚川大火」の復興応援をお願いします

御承知かと存じますが、2016年12月22日午前に出火したボヤが飛び火し、23日午後4時半にようやく鎮火、147棟が焼失するという大規模火災「糸魚川大火」が発生しました。
1月6日から私有地のガレキ撤去作業がボランティアと共に開始され、公的支援による仮設住宅もほぼ割り当てが完了し、復興へ向かって進み始めています。
しかしながら全てを失った状況からどのように生活基盤を再建していくか、被災された方々は必死に模索されておられます。
すでに2月になりました。
雪に埋もれた街の下には、まだまだ黒い瓦礫が残っています。
2月1日、国より復興支援担当として木村英雄氏(46)が副市長に就任し、市役所内に復興推進課が設立されました。
「夢と希望が持てるまちへ」

全国から復興支援を後押ししようと、様々な場所で支援活動や、復興義援金・寄付金を募る活動が起きていますが、当ショップも何らかの形を作り出そうと努力してきました。
・体力だけの思いで探しの支援ボランティア
・独自のインターネット募金ボックスを設置し、オンラインで状況が見えるようにしたらどうか、
・寄付金付きの商品販売をしたらどうか、
・特定店舗向けのスポット募金をしたらどうか、等々。

このたび、「がんばろう糸魚川」の缶バッジやステッカーが他所より販売されていることがわかりました。
これを利用し以下の条件で、寄付金活動を開始(2017年1月21日から)することにしましたのでお知らせします。

お客様のご購入代金
 >10000円の場合、「がんばろう糸魚川」ステッカー(寄付金500円相当)
 > 6000円の場合、「がんばろう糸魚川」缶バッジ(寄付金300円相当)
をお送りします。

この活動は、ステッカー、缶バッジが販売中止になるまで続けます。

お客様の代金負担はございません。
お客様が購入されたことによる当ショップの利益の一部を寄付金とします。
少額の寄付金ですが、お客様の購入によって発生した寄付金です。
明確にするために、ステッカーやバッジを後日郵送させていただきます。

なお、
お届けされた缶バッジあるいはステッカーを気に入っていただいたならば、目に見えるところに付けてください。
お客様が糸魚川の応援者であることを宣伝してください。
糸魚川を知り、糸魚川に貢献していることを多くの人に伝えてください。

それをご覧になった知人友人の皆様が、さらに糸魚川の応援者となり、応援の輪が広がっていくことが楽しみです。
そして、糸魚川に来訪する方が増える、糸魚川に興味を持つ方が増えるなど、の結果に繋がっていきます。

●「がんばろう糸魚川」缶バッジ
「糸魚川うまいもん会」では、東日本大震災被災地の復興支援のため「糸魚川ブラック焼きそば」のマスコットキャラクター「ブラック番長」の缶バッジ販売等により義 援金を募ってきましたが、このたび「糸魚川大規模火災」の災害支援金のため、新しい缶バッジを製作しました。売上金の全額が支援金となります。
缶バッジは糸魚川市内でしか販売されていないものです。

がんばろう糸魚川缶バッジ

●「がんばろう糸魚川」ステッカー
がんばろう糸魚川プロジェクト(糸魚川市青年会議所内)が製作した、市のオリジナルキャラクタが描かれているステッカーです。
ブラック番長、ぬーな、カワセミ市鳥(しちょう)、ジオまる、南蛮エビちゃん
販売利益の全額を糸魚川市災害義援金に寄付します。
ステッカーは糸魚川市内でしか販売されていないものです。

がんばろう糸魚川ステッカー

2017.1.2 「糸魚川大火」支援、ボランティア、募金、義援金について

共にがんばろう!糸魚川

糸魚川市ホームページより

支援物資について(御礼とお願い) New! 更新日:2016年12月29日


福祉事務所 援護係 からのお知らせ

 このたびは、多くの企業や団体、個人の皆様に様々な救援物資をいただき、誠にありがとうございます。

 「衣類全般」につきましては、十分な数量が確保できておりますので、受け入れを中断させていただきます。皆様の善意に感謝申し上げます。

 なお、物資の送付をお考えの方については、あらかじめ、福祉事務所までご相談ください。
(お問い合わせ受付時間:午前8時30分から午後5時まで)

お問い合わせ先
福祉事務所
所在地/〒941-8501 新潟県糸魚川市一の宮1-2-5
電話番号/ 025-552-1511 FAX/025-552-8250
  E-mail/ fukushi@city.itoigawa.niigata.jp

-----------------------------------------------------------------

〜災害ボランティアをお考えの方へ〜

糸魚川駅北側で発生した火災に伴う救援のため、糸魚川市社会福祉協議会に災害ボランティアセンターを設置しました。
【名 称】 糸魚川市地域たすけあいボランティアセンター
【場 所】 糸魚川市一の宮1−2−1(糸魚川市民会館内)
【電 話】 080−5799−5980
【対応時間】9:00〜17:00
 ※1月3日(火)までは、電話での受付のみとなります。

糸魚川市社会福祉協議会(外部リンク)
外部サイトへのリンク糸魚川市 地域助け合いボランティアセンター(外部リンク(Facebook))

お問い合わせ先
福祉事務所
所在地/〒941-8501 新潟県糸魚川市一の宮1-2-5
電話番号/ 025-552-1511 FAX/025-552-8250
  E-mail/ fukushi@city.itoigawa.niigata.jp

-----------------------------------------------------------------
FB 地域助け合いボランティアセンター
https://www.facebook.com/itoigawavc/

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

募金・義援金について

Yahoo net 募金


https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630027/
「糸魚川市駅北大火」緊急支援募金

【拡散希望】糸魚川市駅北大火緊急支援募金 - Yahoo! ネット募金
Yahoo!基金では、糸魚川市駅北大火で被災した方の支援を目的に緊急支援募金の受付を開始しています。
皆様の温かいご支援、ご協力よろしくお願いします!

https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630027/

-----------------------------------------------------------------
「糸魚川大火」郵便局からの災害義援金 2016.12.26〜2017.3.31

○糸魚川市災害義援金
 00130−2−587400

○新潟県災害対策本部
 00140−9−602727

○日本赤十字社
 00130−7−602726

○新潟県共同募金会
 00140−4−587401


皆様のご協力をお願いします。

<

2016.10.25 日本の石「ヒスイ」

ヒスイが日本の石(国石)になりました!

日本を代表する石、すなわち「国石」は、いままできちんと決められていませんでした。
2016年9月24日、金沢大学で開かれた日本鉱物科学会の総会で、糸魚川ゆかりの「ヒスイ」が選定されました。

→糸魚川タイムス2016.9.27記事

→「フォッサマグナミュージアム」
日本一たくさんのヒスイを見学できる博物館です。
住 所 :新潟県糸魚川市大字一の宮1313
開館時間:9:00〜16:30


→「翡翠園」
70トンのコバルトヒスイを配置した本格的な日本庭園です。
住 所 :新潟県糸魚川市蓮台寺2−11−1 休館:12〜3月の火曜日
開館時間:9:00〜16:30

→「翡翠ふるさと館」
世界最大級のヒスイ原石(102トン)が展示されています。入館無料
住 所 :新潟県糸魚川市外波(となみ)903−1
開館時間:9:00〜17:00 火曜休館





2016.8.18 おみちよう御膳

糸魚川の18店で楽しめる「おみちよう御膳」があります。
それぞれのお店のおもてなしの心と、こだわりの食材で創作されたセットメニューです。

「おみちよう」=お道良く=道に気を付けて行ってらっしゃい
糸魚川特有の送り出しの方言です。
「さよなら、またね」というより、「おみちよう」というほうが、ずっと穏やかで温かみを感じることばです。

日常では、できるだけ「おみちよう」を宣伝しています。
「何、それ?」って聞かれますが、説明すると、
「ふぅん、気持ちいいね」と、誰もが答えてくれます。

「おみちよう」を拡げましょう。

「おみちよう御膳」はセットメニューの中に、糸魚川五醸の会が造りだした、専用地酒1合瓶が1本付いています。
雪鶴、謙信、加賀の井、月不見の池、男山
の5蔵酒の中からお好きな一本を、その時の雰囲気で選ぶことができます。

「おみちよう御膳」について
1)おみちよう御膳は、専用の地酒1合ビンと新鮮な魚を使った限定セットメニューです。
2)おみちよう御膳は、糸魚川五醸の会会員の飲食店のみで提供いたします。
3)おみちよう御膳の専用清酒は小売販売いたしません。取扱店でお食事と共に開封してご提供いたします。
4)おみちよう御膳取扱店では、糸魚川を訪れたお客様を「おみちよう」の精神でおもてなしいたします。

ということで、お店に行かないと飲めない1合瓶です。
また、お持ち帰りはできない約束ですので、そのお店でお料理と共にお飲みください。

お酒の種類(清選、本醸造、純米)は、蔵元によって違っています。
したがって、1合瓶といえど価格は同じでないようです。

写真は「そば処金七」のおみちよう御膳(税別2000円)。お酒は「雪鶴」を頼んでみました。
1合瓶のデザインも粋です。


糸魚川のお店で、ぜひご賞味ください。
そして、これは美味いと思ったら、「越後屋ええもん本舗」で1800mlの本物をご注文ください。

以下に、おみちよう御膳の飲食店をご紹介します。


2016.8.11 懐かしのキハ52

「懐かしのキハ52」限定ストラッププレゼントキャンペーン
平成28年7月16日〜10月31日までの間、大糸線に乗ると、期間限定ストラップがもらえます。
キハ52のフィギュアと大糸線駅名プレートが付いたストラップです。

8月11日、久しぶりに大糸線に乗ってきました。

トイレ付のワンマンカーで、扉は自分で開け、乗車整理券を自分で取るという、久しぶりの人間らしい努力が必要。

「姫川(ひめかわ)駅」撮影を逃しましたが、「頸城大野(くびきおおの)駅」はゲット。

「根知(ねち)駅」を過ぎると、ちょこっと北アルプス(小蓮華山、白馬岳)が望めます。


黒部川電力第六発電所を過ぎ、「小滝(こたき)駅」に到着。


明星山を仰ぎ、国道148号線の覆道をあちこちに見ながら、山奥に進みます。


様相の異なるトンネルや橋が織りなす線路を進んでいきます。


抜けると「平岩(ひらいわ)駅」。登山の起点である蓮華温泉に繋がる駅のため、登山客で列車は一挙に満席になりました。


「北小谷(きたおたり)駅」、「中土(なかつち)駅」、「南小谷(みなみおたり)駅」で終点9:52。


1時間の運転の乗車料金表と、ワンマン運転手(自分勝手なワンマンの意味とは違いますよ)。


南小谷駅でキャンペーンのスタンプを押して逆戻り。北小谷駅に戻ります。


無人の北小谷駅。南小谷駅でちゃんと切符を購入していたので、ワンマンカーではそのまま通過。
切符も回収されないので手元に残りました。もうゴミです。


駅から徒歩12分という、来馬温泉「風吹荘」へ向かいます。
夏の日差しで暑いはずなのに、土地の高度があるので風が涼しい。


源泉掛け流しの炭酸泉をいただきました。(街中のスパでは機械で作っている炭酸泉はありますが、ここは自然発生の炭酸泉)すごい!
店主が打つという二八そば。日帰り入浴+そばで1000円というお得なコースです。


糸魚川駅に戻りアルプス口ジオパルで、本物「キハ52」を見学。
横にあった新幹線前面写真の前で、ウサインボルトのポーズをするあほな私。


偶然、えちごトキめき鉄道の「雪月花」がホームに到着。一度は乗ってみたいよなぁ。

アルプス口観光センターで、今回のごほうび「キハ52のフィギュアと大糸線駅名プレート」をいただきました。
南小谷、糸魚川、平岩の3駅の駅名プレートは既に無くなっていたので、今回の思い出に「北小谷(きたおたり)」を選びました。

2016.8.6 白馬・小蓮華縦走登山

今年で40回目を迎える、糸魚川市山岳連盟主管の「白馬・小蓮華縦走登山」に参加した。
前年に続いて2度目の参加。残念ながら、今回でこの企画も終了になるという。

猿倉からの大雪渓の登り

白馬山頂での御来光

白馬岳から小蓮華山への縦走路、振り帰って白馬を望む絶景ポイント

白馬大池とはるかに焼山・火打山











→2015.8.2 白馬岳登山

2016.6.26 玉の木八十八ケ所巡り

6月26日(日)市振(いちぶり)地区公民館主催の「玉の木八十八ケ所巡り」が行われました。
糸魚川市の最西端、県境の集落「玉の木」の裏手に観音山があり、この山に霊場八十八ヶ所があります。
海抜七十メートルの山頂を高野山と呼び、山頂に向かって石仏が八十八体間隔をおいて置かれてます。
これらの石仏を一体一体眺め拝みながら、登り下りすると、2時間程度で歩くことができます。

頂上の高野山からは、日本海が見下ろせ、現在の市振漁港がはっきりと見渡せました。
梅雨空の束の間、強い日差しで日本海に濃紺色の雲の影ができ、時と共に移り変わる様が印象的でした。
下山後、市振地区公民館の豚汁のおもてなしも嬉しく、13時過ぎに解散しました。

歴史)
この霊場の創設開祖は上野教道尼(きょうどうに)。
十八歳で市振の曹洞宗月照山長円寺の養女となり、廃寺となっていた普門庵(ふもんあん)を起こし、長円寺の末寺として住職となりました。
教道尼は高い仏心を持し、西国の霊場を生涯十数度にも及び旅し、近郷の篤志家に寄進を求め明治三十年頃より順次この霊場作りを進めました。
明治三十七年頃までには高野山まで達し、遠く西国の霊場巡りをこの地で行うことができるようにしたのです。以後、毎年六月十八日を「観音祭り」とし、この霊場には多くの人が訪れるようになりました。
教道尼は、仏心の深い優れた尼僧を何人も育て、多くの慈善事業をし、身寄りのない子女の養育十余名、日本赤十字社の事業寄付、被災者への救護援助、村人への施しなど数えきれない行いをされています。
生活を切り詰め、托鉢によって得た浄財を全て施しに費やした人生でした。
昭和七年六月十九日、七十八年の生きた菩薩の生涯を閉じました。
弔いの葬儀は新聞にも報道され、今なお語り伝えられています。

参考)
→糸魚川(いといがわ)・西頸城(にしくびき)の民話 「玉の木の八十八ケ所[市振]」























2016.5.29 海のウェストン祭と白鳥山山開き

英国人宣教師ウォルター・ウェストン氏は、1888年以降に3度来日滞在し、日本各地の山に登り『日本アルプスの登山と探検』などを著しました。
日本アルプスなどの山及び当時の日本の風習を世界中に紹介した登山家で、この北アルプスを発見し、日本近代登山の父と言われる人です。
日本の山を世界中に紹介したことなどを称えて、日本の各地でウェストンの記念碑、レリーフなどが設置され、山開きの時期に「ウェストン祭」が開催されています。
長野県上高地では、1947年から「上高地ウェストン祭」が開催されています。

糸魚川市では「親不知(おやしらず)が日本アルプスの起点である」として訪れたウェストン氏を讃え、「海のウェストン祭」が毎年開催されています。
またこの日集まった登山愛好家たちは、栂海新道(つがみしんどう)の北端にあたる白鳥山(しらとりやま)山開き登山を行います。

1988年に親不知コミュニティーロード(市道天険親不知線)にウェストンの全身像が設置され、1989年から海のウェストン祭が始まりました。
ウェストンの全身像があるのは糸魚川市だけだということです。
今年(2016年)は、「第28回海のウェストン祭」。

カタクリクラブ主催のこの行事は、オカリナ演奏で始められ、安全登山祈願祭を行います。


会長ごあいさつ

今年は栂海新道(つがみしんどう)を拓いた故小野健氏を讃え、銘板パネルが除幕されました。

パネルには以下の内容が刻まれています。

栂海新道開設者 小野健氏

経歴
1932年 福島県いわき市生まれ
1956年 早稲田大学利己央学部鉱山学科卒(工学博士)
    電気化学工業株式会社青海工場原石部入社
1961年 さわがに山岳会結成
1971年 「山岳野郎の青春」出版
1972年 山と渓谷社山岳賞受賞
1979年 青海町議会議員(〜1995年)
1985年 新潟日報社文化賞受賞
1988年 「栂海新道その自然」出版
2000年 環境庁長官受賞
2001年 「栂海新道開拓40周年の回想」出版
2003年 山と渓谷社山岳環境賞受賞
2004年 NHK地域放送文化賞受賞
2005年 藍綬褒章受賞
2007年 「糸魚川の自然を歩く」出版
2010年 「栂海新道ものがたり」「栂海新道を拓く」出版
2014年 没 享年82歳

1962年から10年の歳月をかけ、親不知から朝日岳までの約27劼魴襪屐崢粒た憩察廚鮴擇螻いた。
「栂海新道」の開設により、0mから3000mのアルプスまでが繋がった縦走路は、地形・地質・植生等自然資源の宝庫でもあり、多くの登山者が訪れている。

糸魚川市


最後にオカリナの調べが親不知コミュニティーロードに流れ、穏やかな朝に式典は終了しました。

いざ、坂田峠まで車で移動です。

親不知コミュニティーロードから坂田峠登山口まで車で約30分、標高611mまで登ります。
本来の栂海新道の親不知登り口から歩き始めると、白鳥山まで約4〜5時間かかるというのですから、ずいぶん助かりました。
こちらが本来の栂海新道の親不知登り口


08:20車を降りて登山開始です。200mも歩かないうちに、金時坂に入ります。
坂田金時(おとぎばなしの金太郎)もびっくりという急坂が、まだ歩き慣れないうちから始まります。

各自マイペースで一本道を登って行くのですが、気が入ると頑張ってしまいます。
一気に汗が流れ出てきます。
09:10短い休憩を含み、およそ50分で水場に到着。まわりに雪渓も残っています。

雪渓の上は涼しい。

シラネアオイが咲いています。

ここまで登ると、あとは比較的緩やかな道のりです。

脇に残る雪渓の冷風が気持ちよく、晴れたり曇ったりの山行は緑がいっぱいで気持ちいい。
カタクリが残ってます。

イワカガミ

左手には、はるか焼山や火打山が見えます。焼山は噴煙が見えません。最近は少なくなっています。
手前は明星山かな?

山頂小屋(白鳥山荘)が見えます。

後ろから見る黒姫山の左手には糸魚川市内がかすかに見えます。雲がかかっているのが残念です。

10:30歩き始めて2時間、山頂に到着です。
白鳥山山頂には立派な2階建ての山荘小屋が建っています。

標高1286.9メートル。ここから日本海までの下り4時間、犬ケ岳の栂海山荘まで上り3時間の標識。


一応記念写真。

登山道の整備もしかり、山頂小屋の設備もしかり。白鳥山荘を保全される人たちの力を感じます。
山荘には、しっかりした手すり階段が設けられており、山荘屋上の展望台まで登れます。
ここが一番高いところだと言われ登りましたが、高所恐怖症のわたしは足が震えました。

さらに北を望めば、犬ケ岳や、まだ残雪の朝日岳が見えます。
この山の縦走路が栂海新道なんだな。

少し西に目をやれば立山連峰や、雲に覆われる白山も望めました。

地元長野屋さんの銘菓「栂海新道」が参加者に渡されましたので、いただきまーす。
当ショップでも購入できます。→銘菓「栂海新道」
包装紙の文字は故小野健氏に書いていただいたとのことです。

11:15下山開始。タニウツギが満開です。

タムシバ(別名ニオイコブシ)も空に映えます。

12:15水場到着。残雪を渡りひたすら下りです。

13:10駐車場到着。 急ぎ過ぎましたね。もう少しゆっくり山頂に居ればよかった。
金時坂の下りも辛かった。ふぅ〜、お疲れ様。

栂海新道のとっかかりを歩いたという感じでした。そして、とてつもない登山道なんだと判りました。

最近は観光バスを連ねて、「雨飾山登山」がブームになっているらしい。
栂海新道の登山客は年間600名くらいなのだといいます。
荒らされていない登山道ですが、極めて健脚向きのコースだからなのでしょう。
山荘を泊まり歩いて、白馬岳〜親不知(3泊4日)、朝日岳から親不知(2泊3日)のコースだといいます。

一人では行けないが、歩く機会があれば歩いてみたい。
そんな想いを残して無事登山を終えました。

2016.05.28 糸魚川市観光営業主任〜横澤夏子〜

最近テレビを賑わしているお笑いタレントで横澤夏子(よこさわなつこ)さんが居てはります。
人気うなぎのぼりなんで、知らん人はテレビ見てない人やね。

なんと彼女は、新潟県糸魚川(いといがわ:読めない人もいるんでルビをふりました)市出身の若手なんですわ。
これも知らん人はテレビ見てない人やね。
なんもお笑いのテレビを見ない人を悪く言うわけじゃないけど、まぁ有名になりつつある人なんですわ。

吉本興業の芸人プロフィールで、ID=3394で登録されてますな。
→横澤夏子プロフィール


(画像は吉本興業提供)

近頃では、テレビで見ない日が無いくらい売れっ子になってます。
昨夜も読売TV「秘密のケンミンショー」に出演してスタジオを賑わせていました。


「Wikipedia」にも「横澤夏子」で検索すると以下のようなことが載ってますな。
○1990年7月生まれの血液型A型
○小学生、中学生、高校生各時代でそれぞれ生徒会長を務めていた。
○父は中学校教諭、母はカウンセラー。また祖父は本人曰く「地元の権力者のような人」。
○卓球が特技の一つで、県大会優勝の経験がある。横澤家は卓球一家でもあり、家族全員で地域の大会に出場し家族全員が優勝した。

北陸新幹線開業の1年前(2014年)、大阪市バスにラッピングカーでおおきな顔でデビューしたのが私にインプットされた時期です。
目立つ表情と明るさが「いい感じ」って思ってたし、糸魚川の広告塔になる人だと思ってた。
当ショップの店長日記に当時の記事掲載をしましたが、埋もれてしまっているのでここで再度ご紹介しまひょ。
→2014.04.02 大阪市営バスにラッピング広告 「にいがた県 いといがわ市ってドコ?」

そして翌年(2015年3月14日)に北陸新幹線が開通し、盛大なイベントが東京糸魚川会の主催で実施されました。
アッ、この時も出演してもろてますなぁ。
→2015.01.02 北陸新幹線糸魚川駅開業

さて、そして2016年3月。
糸魚川市から「観光営業主任」の名誉職を任命され、一路営業活動にのめり込むことになりました。
こんな記事があります。

→糸魚川出身・横澤夏子さん、観光営業主任に就任 北陸新幹線糸魚川駅開業1周年イベントで委嘱式

→横澤夏子単独ライブ「ダントツガール」で新潟県糸魚川市の「観光営業主任」に就任発表!

・観光大使は現在糸魚川在住でないとなれないし、『ヒスイレディ』にはならせてあげない。(糸魚川市主張)
・「主任から課長、部長と上がっていける。ものは考えようです!」と励まされ、
・「新潟県の中でもなかなか知られていない地域なので、みなさんをおびきよせたい」とか
・「興味を持ってくれそうな人には糸魚川市のいいところをどんどん刷り込んで、マルチ商法的に取り込んでいきたい」とか
・「普通に海辺を歩いていたらヒスイがゴロゴロ落ちてるんです。そういうヒスイは持ち帰って売ってもいいので、小学校の時、1000円になったことがあるんです!」とか
なかなか愉快に紹介されてます。

そして5月から、またまた大阪市バスに広告で登場です。
関西の人たちを糸魚川に呼び込もうという、「金沢、妙高じゃない!」という、糸魚川市の意気込みも感じます。

2年ぶりに大阪市営バス営業所を訪ね、写真撮影に行ってきました。
(こういうことをするのは、大阪広しといえども、ワタシくらいかな。
そう、ワタシは「越後屋ええもん本舗」の店主で、糸魚川市観光営業担当(?自称)であり、
糸魚川市の郷人会「関西糸魚川会」(http://kansaiitoigawakai.jp/)の事務局担当でっさかい。)

おおっ!
真赤な背景に、でっかい顔(ごめんよ、なっちゃん)! 
ええですなぁ。映えてますやん! インパクトあるわ〜この顔(ごめんよ、なっちゃん)


大阪駅の阪急前から十三に向かう一番の繁華街を走っています。
見つけるのは至難の業です。なにしろ、大阪市バスの中の1台にしか付いていませんし、バスは結構なスピードで走ります。
これを見つけた人は、その日すごくいいことがあるかもしれません。ラッキーです。
せめて10台くらいには広告付けて欲しいなぁ。


単に、売れっ子タレントというだけでなく、郷里糸魚川を宣伝してくれる重要なキーマンであるとお見受けします。
アンパンマンや、デズニーや、スパイダーマンや、ブラック番長みたいに、誰にでも愛されるキャラクタとして、
様々な場で広く全国に浸透していく予感がしまっつ。

きっと、
「へぇ〜、横澤夏子のいなかの糸魚川って、ここなんや〜」
「ほな、今度新幹線で行ってみよか〜」
とかいう人が、イッパイでてくる思いますわ。

そんときに、糸魚川がどれだけのお迎えができるんかやぁ。
ありのままでええから、しっかりとご案内できればええなぁ。

2016.02.24 ボーイスカウト活動50周年

糸魚川でボーイスカウト活動が始まり50周年を迎えました。
正式名称は「日本ボーイスカウト新潟連盟糸魚川第1団」。

このたび、50周年記念イベントとして、下記のフォーラムが糸魚川市で開催されます。
基調講演、トークセッション、体験集会があります。

「ここでしか学べない事がある ボーイスカウトフォーラム」
日時 :平成28年2月27日(土) 13:30〜16:30
場所 :糸魚川地区公民館(糸魚川市横町)
対象者:性別不問
参加費:無料
内容 :○基調講演、トークセッションは大ホール
     「ジオパーク、太陽に根付く、スカウト活動」 中川和之氏
    ○体験集会は多目的室
     ボーイスカウト活動の紹介、見学

     模擬体験として簡単なクラフト活動、ゲーム大会など

「いちのの(糸魚川市市野々)」に、命を体験できる広いキャンプ場を持つのも糸魚川第1団 の特徴です。
多くの先達が、子供への思いを込めて作り上げたキャンプ場です。
日常の生活から離れ、自然の中に放り出された中で、生きる不安と喜びを感じ、自信と友情を得る活動の場です。



小学校低学年から中学校3年生までの幅広い年齢の子供たちが集まり、自然、社会、人間を学ぶ活動の場であり、遊びの場所です。

大切な子どもたちを抱える保護者の方々には、この活動を正しく理解していただき、子どもたちの為に是非とも入会してほしいものです。

活動は熱く、一個の人間を太く逞しく育ててくれる絶好の場所です。

ボーイスカウトになろう

糸魚川市を活発にしたいと、現在活動されている多くの方々が、ボーイスカウト活動に携わってきた方たちであることを思うと、この活動の意義の深さと歴史を感じます。

発足当時の詳しい事情は覚えていませんが、会の立上げには故井伊各量先生の絶大な力があったと信じています。

発足はわたしが小学校4年生だったと思う(わたしも第1団の一期生だった。1964年)
小学校の中で話題が広まり、われもわれもと参加者が集まった。

日頃付き合いの無かった同級生たちが集まり、放課後や日曜日に集会し、団体活動を学び、鍛えた、驚きと楽しみの連続でした。
初めての「鎌池」キャンプは素晴らしい思い出として一生に残ります。
.謄鵐伐りの側溝を掘るが木々の根っこが邪魔になり少しも進まなかったのに、雨の恐怖があり必死だった。
大雨の中で火が付かず、ご飯はめっこめし(炊き上げ不足で芯のあるご飯)
カレーの具はエイヤッで切ったジャガイモと玉ねぎ(なんかいつも食べるのとサイズが違う)
ぅレーはどんどん薄くなる(カレー鍋に雨が降り注ぐ)
ゥ好ウト帽と上半身で雨を除けながら真っ暗な中で食事する
どうも集中豪雨警報が出ていたときだったように思う。
キャンプ帰りの道は土砂が流れ、道は埋まり、さんざんだった。

そんな仲間たちが集いあった写真が懐かしい。

発団記念写真
発団記念写真

何が自分を変えたのだろうと今さらに思うのだが、
戸外で遊ばなくなり、自分を過信する現代の子供たちには、かけがえのない命の糧になると思う。
是非、このフォーラムに体験参加してみてほしい。

ボーイスカウトフォーラム案内
ボーイスカウトフォーラム案内

2016.1.10 田原酒造 杉玉飾り

槽により醪(もろみ)を搾る作業が上槽(じょうそう)です。
上槽が終わってから、お酒として壜詰めされるまでにはまだ細かな工程がありますが、タンクに入るところまで到達すれば、まずは一段落。

今年の酒造りができたことをお客様に知らせるのが、杉玉(すぎだま)です。

酒林(さかばやし)とも呼ばれるようですが、昔の日本酒は、杉の木で作った桶で仕込んでいたこともあり、杉の葉を使って杉玉を作るようになったといいます。

田原酒造奮闘記ニュース1回目はこちらから。
→2015.11.14 田原酒造奮闘記ニュース

田原酒造奮闘記ニュース2回目はこちらから。
→2015.12.12 田原酒造奮闘記ニュース

杉の穂先(葉)を集め、ボールのように丸い玉を作ります。
店先に吊るすことで「新酒ができました」と知らせる役割を果たします。
と同時に、お酒の神様に感謝を捧げるものです。

吊るされたばかりの杉玉は緑ですが、やがて枯れて茶色になっていきます。
色が枯れてゆく変化が、酒の熟成を物語っていきます。

田原酒造の杉玉は、年末に飾られました。
杉玉は誰が作るのでしょう。
もちろん、田原酒造の社長さん。
今年は忙しくて、杉玉作りが遅くなってしまったと、ちょっと言い訳あり。
たしか年末に飾られたと記憶しています。
できるならば、杉玉作りを見学したかったところですが、こんなところまで配慮しながら酒作りをしているのですね。



12月末、今年の新酒ができています。
店先に、堂々と飾られています「無ろ過生」。
ろ過や火入れをしていない、香味あふれるドンとした生酒です。

雪鶴 純米吟醸無ろ過生原酒
「袋しぼり」のラベルが付いています。
→1800mlタイプ
→720mlタイプ



雪鶴 本醸造無ろ過生原酒
「袋しぼり」のラベルが付いています。
→1800mlタイプ
→720mlタイプ
 

2016.1.9 糸魚川・白馬間にシャトルバス

インバウンド(inbound)
「入ってくる、内向きの」という意味の形容詞で、この反対語はアウトバウンド(outbound)。
旅行・ホテル業界では、外国人旅行者を自国に誘致するという意味で、海外から日本へ来る観光客を指す。

「海外からの旅行者が多く集まる長野県白馬村のスキー客に、糸魚川を楽しんでもらおう」と糸魚川青年会議所(JC)が企画実施するプロジェクト。
糸魚川市や県糸魚川地域振興局などが協力し、英語のメニュー表作りやおもてなし講座も回を重ね、市内飲食店も協力し、いよいよスタートした。


「ITOIGAWA SEAFOOD SHUTTLE BUS」(チラシ内容は下部に掲載)
シャトルバスは、1月6日〜2月11日までの毎週水曜、木曜日に運行。
料金は片道500円。
予約(TEL0261−72−7900)が必要で日本人も利用できる。

んー?白馬にスキーに行く関西人って多いよね。
大阪で例えれば、
「1時間かけて難波(ナンバ)まで飲みに出かけて、美味しい魚とお酒に酔って、往復交通費1000円」。
そんな雰囲気だね。いいじゃないか!


以下「2015/9/12新潟日報」より引用抜粋

糸魚川ー白馬間にシャトルバス運行 インバウンド対応で

訪日外国人客を糸魚川市に呼び込もうと、糸魚川青年会議所(JC)が長野県白馬村との連携を進めている。9日には同JCグローバル観光委員会が白馬村観光関係者を招いた例会を開き、外国人に人気の白馬のスキーと糸魚川の海という、お互いの強みを生かした協力について意見を交わした。来年1月にはシャトルバスを運行する計画も明らかにした。
白馬村はオーストラリアからのスキー客を中心に、外国人客の延べ宿泊者数が年間7万人を超える。
「白馬は北アルプスの景観とスノーリゾートがあるが、日本らしさはない」
「糸魚川には海や魚、酒がある。連携できればスキー客に人気の北海道に対抗できる」
グローバル観光委員会は新たな取り組みとして、糸魚川で夕食を取ってもらう「夕食シャトルバス」を運行する計画を提示。
外国人の旅行スタイルは1泊朝食付きで夕食は外出するため、白馬村では繁忙期に飲食店に入れず"夕食難民"も出るという。両市村は車で1時間弱。オーストラリア人にはさほど長時間だとは感じないという。

以下「2016/1/8上越タイムス」より引用抜粋

白馬村滞在の外国人誘客、シャトルバスで直結 糸魚川青年会議所が企画、海の幸など堪能

長野県白馬村に滞在する外国人客に糸魚川市で夕食を楽しんでもらおうと、白馬と糸魚川駅を結ぶ「糸魚川シーフードシャトルバス」の運行が6日に始まった。初日は外国人ら16人が利用し、市内飲食店で地元の海の幸などを味わった。
糸魚川青年会議所の企画で、市や県糸魚川地域振興局などが協力している。例年、多くの外国人スキー客らでにぎわう白馬村。訪れる外国人の多くが宿以外で食事を楽しむことに着目し、糸魚川ならではの新鮮な魚介類を売りに誘客を図る狙いだ。受け入れに向けて飲食店などを対象に英語のメニュー表作りやおもてなし講座も実施した。
初日は同青年会議所のメンバーらが横断幕で出迎える中、午後6時ごろ、シャトルバスが糸魚川駅日本海口に到着。地酒の振る舞いも行われ、歓迎ムードに包まれた。
飲食店では、店員に旬の魚や酒の種類を尋ねながら、刺し身や天ぷらなどを味わう外国人客の姿。初めて糸魚川に来たというニュージーランド人の男性は、「ありのままの日本という感じがいい。魚も新鮮でおいしい」と笑顔を見せた。
企画を担う「白馬バレー+糸魚川シープロジェクト」の片山良博実行委員長は、「楽しんでくれたようで良かった。引き続き広報活動に力を入れていきたい」と話した。
シャトルバスは2月11日までの毎週水曜、木曜日に運行。
予約が必要で、日本人も利用できる。料金は片道500円。

2015.12.15 能水商店と海洋高校

新潟県立海洋高等学校のキャリア教育を推進するために、同窓会である一般社団法人「能水会」と糸魚川市が立ち上げた事業所が「能水商店」です。
海洋高校生たちは、授業や部活で開発した加工品を、事業所の施設設備を利用して、同窓会の皆さんと一緒に製造し、販売しています。

新潟県糸魚川市で、地方創生の一端をを担う食品産業のカタチを僕たちが創ります。

→能水商店ホームページへ

<開発商品>
越後屋ええもん本舗で取り扱っている商品は、商品名をクリックすると商品該当ページに移ります。

鮭魚醤「最後の一滴」
魚醤ぽん酢「うおぽん」
魚醤漬けいか一夜干し
魚醤漬けいか姿焼き
昆布うどん「まこちゃんうどん」
ビーフジャーキー風鮭とば「すもう君サーモン」

能水商店チラシ

フード・アクション・ニッポン・アワード2015 審査委員特別賞を受賞

2015.11.19 鮭魚醤「最後の一滴」が国産原料の利用を推進している優良事例を表彰する
フード・アクション・ニッポン・アワード2015で審査委員特別賞を受賞しました。
→フード・アクション・ニッポン・アワード2015審査委員特 別賞審査結果

→糸西タイムス掲載記事

グルメグランプリポスター

2015.12.12 田原酒造奮闘記

仕込み後、約2週間、ふつふつと発酵(醸造)が進みます。
日本酒の発酵(醸造)は、「糖化」と「アルコール発酵」がタンク内で同時進行していき、アルコール度数が約17〜20%近くと高くなっていきます。
このアルコール度数、酸度、糖度を変化をみながら、絞り込みの時期を決めるのです。

「いよいよ今日は搾ります」と連絡が入ったので、見せていただきに行ってきました。
田原酒造奮闘記ニュース2回目のご紹介です。

田原酒造奮闘記ニュース1回目はこちらから。
→2015.11.14 田原酒造奮闘記ニュース

出来上がった醪(もろみ)を、酒粕と液体にわけるために搾る作業を上槽(じょうそう?)といいます。
搾り方はいろいろあり、機械でごっそり搾るメーカーもありますが、田原酒造は「槽による搾り」です。

今回搾る「純米大吟醸」のタンクがこれ。
このタンクには5000リットル入りますが、今回は2500リットル。
すでに2割近くが処理されていました。
お酒の匂いがム〜〜ンと漂います。大吟醸の香り。

このタンクの下の方から取出し、上槽作業場までホースで送り込みます。


ホースが詰まらないように、適度にタンク内を撹拌しながら、空っぽになるまで送ります。


上槽の上で、特製の布袋に醪(もろみ)を6分目くらい入れます。


そして槽(大きな浴槽)の中に一袋ずつ寝かせ敷き詰めていくのです。
槽が深いので、始めのうちはからだを半分ひっくり返らせての作業になります。


この槽では1000リットル搾れますが、大きなタンクを搾る場合は、こんな外枠をさらに積み立てて、最大3000リットルくらいまでを一回で搾るそうです。


袋を寝かせ敷き詰めていくと、下にある袋は上の袋の重みで押しつぶされ、敷き詰めていくだけで袋からお酒がにじみ出てきます。
槽の下には抜取口が付いていて、搾り出されたお酒が出てきます。
これぞ袋しぼりの真骨頂!

布の粗さで搾りを早くできますが、その分搾ったお酒に滓(おり)がたくさん出ます。
この布袋も田原酒造の独自の道具です。
搾るタンクが変わるごとに、袋を洗浄しなおすという手間がかかりますが、美味しさには必須です。


最初に出てくる液体(お酒)は「あらばしり」と呼ばれ、香気の高い液体です。
少し濁っていて、色も少し黄色っぽいみたいです。
袋から滲み出てきた一番旨みのあるところです。
今回の純米大吟醸酒「あらばしり」は、もう嫁ぎ先が決まっている希少価値。
残念でした。
醸造酒で作ったあらしばりが「雪鶴 しぼりたて生原酒」という商品です。
あらばしりを味わいたい方、お試しあれ。
→雪鶴しぼりたて生原酒


槽の下の抜取口からは、袋の自重でどんどん搾り出されてきます。
受取槽はそれほど大きなものではありません。
ある程度の量が溜まると、センサーが判断し、自動的に吸上げられ貯蔵タンクに移されます。
漕は、満杯のタプタプの袋詰めで埋め尽くされました。


自重で出てこなくなったら、上からプレスします。「攻め」といいます。
仕事を急いで攻めを早めると、雑味が出ますって。
お酒って敏感ですね。
スピードと負荷の限度も大切です。


嫁ぎ先が決まっているあらしばりは、早速壜詰めにかかります。
はい、1800ミリリットル60本完成!


搾りかすは、袋から取り出され、酒粕(さけかす)として利用されます。
お酒のできる量に対して、酒粕の量は半端な量ではありません。
関西は酒粕文化があるので、意外と重宝されるようです。
今日は、20Kgの箱詰めで20箱出荷されました。
何でも出荷先は京都伏見。
えー?「京都伏見の酒粕です」とか云って、転売している業者でないの、と疑っちゃうな。


酒粕は、お酒を飲まない方でも喜ばれますよね。
酒粕が必要な方、「大量でも送れます」って社長が言ってます。


今回は特別に、1キログラムの酒粕を頂きました。
→田原酒造蔵元直詰「酒粕」1キログラム


最後の1枚は、搾る前の純米大吟醸のふつふつとした仕込みタンクの中を、思い出しながら。

2015.10.3 グルメグランプリ2015

国際ご当地グルメグランプリ2015in糸魚川 2015.10.3〜4

グルメグランプリポスター

糸魚川駅からイベント会場まで徒歩1分
お車でお越しの方は、姫川運動広場駐車場に駐車、シャトルバスで10分で会場に到着。

日本海口駅前通りと本町通りが3日間通行止めになりました。こんなん初めて、と地元もびっくり。

【出展者】
□:伝統型グルメ部門
△:創作型グルメ部門
○:スイーツ部門

01△.もちもちポテト(香川県高松市)
02□.くびき牛となごみ豚のはさみ串焼き(上越市)
03○.にいがたクレープ(新潟市)
04□.鮎の塩焼き(長岡市)
05△.にいがた和牛入りイタリアンライスコロッケ(イタリア)
06□.昭和・富山ブラックラーメン(富山県滑川市)
07△.メギスのじゃこ天ボール(上越市)
08△.ピリ辛メキシカン風レッド焼きそば(妙高市)
09□.新潟タレかつ丼(新潟市)
10○.台湾スノーアイス(台湾)
11△.アスパラみどりカレー(新発田市)
12□.パキスタンタンドリーチキン(パキスタン)
13△.冨士山肉巻きおにぎり(静岡県富士市)
14○.熊本いきなり団子(熊本県益城町)
15△.新潟タレからあげ(三条市)
16○.米粉のクレープ「スイーツべえべえ」(胎内市)
17□.富士宮やきそば(静岡県富士宮市)
18○.トルコアイス(トルコ)
19□.宇佐からあげ(大分県大分市)
20○.豆乳ワッフル(妙高市)
21△.クリームパスタ風さといも麺(五泉市)
22△.サバサンド(柏崎市)
23□.パエリア(スペイン)
24△.村上産岩船豚を使った粗挽フランク(村上市)
25□.名物!魚沼きのこ汁(南魚沼市)
26△.能登牛牛すじ丼(石川県珠洲市)
27△.ブラックチキン(新潟市)
28△.やひこ娘イカメンチ(弥彦村)
29□.カニ汁(糸魚川市)
30○.米粉クレープ(五泉市)
31△.トロトロぶたスジ丼(妙高市)
32△.白鳥美人 トマトスープスパゲッティ(阿賀野市)
33△.村上牛肉巻おにぎり(村上市)
34△.飯能すいーとん(埼玉県飯能市)
35○.義の塩キャラメルクレープ(妙高市)
36□.サザエの炊込みご飯(出雲崎市)
37△.雪国からむしうどん(十日町市)
38□.背脂煮干し中華そば(燕市)
39△.みどりのピリ辛鶏つけそば(小千谷市)
40△.魚沼グリーン焼きそば(魚沼市)
41○.あまざけスイーツ(十日町市)
42□.柏崎鯛茶漬け(柏崎市)
43△.村上・牛ぎゅっとバーガー(村上市)
44○.胎内産米粉使用「めでたいやき」(胎内市)
45□.ケバブサンド(トルコ)
46○.だいろまんじゅう(新潟市)
47△.糸魚川ブラック焼きそば(糸魚川市)
48□.するてん(上越市)
49△.謙信公 義の塩 ホワイト焼きそば(上越市)
50□.山形いも煮(山形県尾花沢市)
51△.東村山黒焼きそば(東京都東村山市)
52□.南魚沼きりざい丼(南魚沼市)
53△.ひだなんオリジナル 白いカレー(妙高市)
54□.とん汁(妙高市)
55△.越後もちぶた串焼き(新潟市)
56○.ヤギ乳100% ヤギさんのアイスクリーム(上越市)

参加店1

参加店2

参加店3

参加店4
【糸魚川物産品も「糸魚川なりわいネットワーク会員店」が参加】
・一印蒲鉾店 かまぼこメンチ
・くろひめフード
・笹寿し 九郎右エ門
・海洋高等学校 最後の一滴、うおぽん
・富江商店 キリン一番搾り

【来場者数】
10月3日(土):26,000人
10月4日(日):34,000人
2日間の総来場者数:60,000人

【グランプリ及び各部門賞】
★グランプリ/糸魚川ブラック焼きそば(糸魚川うまいもん会)
★準グランプリ/柏崎鯛茶漬け(メトロポリタン松島)
★第3位/サザエの炊込みご飯(出雲崎町商工会・出雲崎町観光協会)


◆伝統型ご当地グルメ部門賞/柏崎鯛茶漬け(メトロポリタン松島)
◆創作型ご当地グルメ部門賞/糸魚川ブラック焼きそば(糸魚川うまいもん会)
◆ご当地スイーツ部門賞/胎内産米粉使用「めでたいやき」(ぽっかぽか)
◆米粉グルメ部門賞/新潟タレからあげ(Sumiyaki Hi-kara Dining とりい )
◆審査員特別賞/クリームパスタ風さといも麺(さといも麺があるじゃない会)

グランプリ

2015.8.2 白馬岳登山

今年で39回目を迎えるという、糸魚川市山岳連盟主管の「白馬・小蓮華縦走登山」に参加した。

計画工程は
8月1日
6:30 糸魚川市民会館前集合。点呼
   白馬村振興公社のマイクロバスで、白馬村営猿倉荘まで移動
9:00 猿倉荘で準備、出発式
9:20 猿倉荘−白馬尻小屋−大雪渓−葱平−小雪渓−お花畑−16:00村営頂上宿舎(泊)
8月2日
4:00 出発−白馬岳山頂、5:00御来光−三国境−小蓮華山−白馬大池−天狗の庭−11:10蓮華温泉着。入浴、昼食
13:45 路線バス乗車
15:20 糸魚川駅到着解散

8月1日
天気予報は「晴れ」。8月の第1週は一番好天が期待できる時期だ。
連日の暑い日になりそうで、雨の雲行きではない。
8時45分、猿倉荘から登山開始。参加者16名、スタッフ7名の総勢23名である。
先頭、中間、後尾にスタッフが占めているのでペースを乱さず安心して行ける。
歩き慣れるまでの1時間でグッショリ汗をかく。
晴れていれば山頂が見えるという場所ながら、靄(もや)がかかっていて見えない。残念!


1時間半かけて白馬尻小屋まで、ともかく歩く。
ここに来ると、大雪渓から降りてくる冷風が気持ち良く、汗も徐々に収まる。
白馬登山01
白馬登山02

白馬尻小屋からは、大雪渓の下部が見える。
小休憩ののち、大雪渓まで移動。

大雪渓の下部に到着。見上げれば黙々と上を目指す人の列。
靄が晴れない。
白馬登山03
白馬登山04

11時、安全のためアイゼンを付けて、いよいよ2時間の上りが始まる。
大雪渓は、全長3.5キロ、標高差600メートル。

40分歩けば、ほら、こんなに登ってきてる。
靄が薄れてきた。いい感じだ。
白馬登山05
白馬登山06

しかし、見上げれば、山上は靄の中。
いつ晴れてくれるのか、このまま山頂までこんなだったらかなわんなぁ。
充分な運動量のはずだが、寒いと感じないし汗もすぐに吹き飛んでいく。

左手に杓子岳があり、天狗菱と呼ばれる崩落寸前の頂きがある。
ここから崩れ出し雪渓に転がリ出てくる落石が危険だ。
ときおり、パラパラと小石の転がる音がするとゾっとする。
転がり出た石が、右に左に勢いづいて近づいてきて、
他の誰でもない自分に当たってきたら、
運命。「アタ〜リ〜」としか言いようがない。
白馬登山07
白馬登山08

大雪渓の上部、葱平(ネブカッピラ)に到着。
陽が射してきた。時折靄が流れ過ぎると、サーっと視界が開け、登ってきた大雪渓がはるかに広がる
昼食タイム30分。
涼しく新鮮な空気、雪渓と山の緑のバランス。日焼けするような強い光線を感じる。

14時30分、小雪渓は登るのではなくトラバース。
ここはアイゼンなしで、踏みしめて渡る。
白馬登山09
白馬登山10

15時、お花畑に入る。
靄が消えて、高山帯特有の色の山だ。崩落寸前の天狗菱と、
その奥に堂々の杓子岳が現れた。
足元は小さな花びらを並べる高山植物がいっぱい。

16時7分、村営白馬岳頂上宿舎に到着。
全員が揃うまで宿舎に入れない。
止まっているとさすがに寒く体温が下がる。
16時45分全員到着し、宿舎へ。

部屋は「御来光」の間で24人収容可能。明日を暗示するいい名前の部屋だ。
白馬登山11
白馬登山12

上を見上げれば白馬山荘。明日はあそこまで20分で登り、さらに15分登れば白馬山頂だ。
夕食は17時から、就寝は21時。
部屋に持ち込んだアルコールを並べ、スタッフや初めての友としゃべり、笑いあう。
同室の規則正しいいびきが、自分のペースにどうも合わない。
眠れない。
0時半に落ちた。

8月2日
3時20分起床、4時出発。まだ暗くて足元が見えない。
白馬山荘まで登り、あと少しで白馬岳頂上。
歩き始めに点けていた懐中電灯はもう要らない。
5時御来光の予定なので周りが明るくなってきた。
白馬登山13
白馬登山14

振り返り、見下ろせば、白馬山荘、村営宿舎、杓子岳(2812)、白馬遣ケ岳(2903)への稜線ルートが望める。

5時直前、雲海の先をオレンジに染まる空。
どこから光があふれてくるのか。じっと待機する。
周りから、オーッという声が上がる。
なんと、雲海の中から溶けた鉄球のような火の玉が現れた。
妙高山の右手あたりか。
まぶしい!
白馬登山15
白馬登山16

あれよと思う間に、オレンジを白に塗りかえ、空色が濃くなっていく。
青と、オレンジの細い帯と、雲海に浮かぶ頸城の山々に見とれる。

8月2日の始まりです。

いい一日でありますように。

反対方向を見れば、毛勝三山(猫又山・釡谷山・毛勝山)のうしろ
雲海上に、白馬岳の影が大きく映っている。
「影白馬」だ。
空高くにはブルームーンが残っている。
白馬登山17
白馬登山18

やはり証拠写真は必要か。
白馬岳山頂2932メートル。

5時30分、白馬岳山頂から、三国境に向かい下りのスタートだ。
白馬登山19
白馬登山20

三国境到着。
宿舎で用意してもらった弁当で朝食。
6時30分出発。

左手方向に鉢ケ岳、雪倉岳、朝日岳方向を望む。
この方向は見るだけ。
朝日岳に行くにはここから7時間を要す。
白馬登山21
白馬登山22

白馬岳を見通せる絶景ポイントを紹介していただき、パチリ撮影。
中央が白馬岳2932メートル。山頂から左下に流れる谷あいが大雪渓。大雪渓の麓が白馬村猿倉になる。
昨日はこの大雪渓を登ってきたのだ。
白馬山頂から尾根伝いに手前方向に進んできて、もうすぐ小蓮華山2766メートルに届くところがこの地点。
左は白馬遣ケ岳2903メートル。右は旭岳2867メートル。

白馬遣ケ岳の左は、五竜岳(2814)・遠見の稜線。
その奥に爺ヶ岳(2670)、鹿島槍ヶ岳(2889)が見える。山の名前は詳しくないので省略。
知っている人に言わせると、南方向には、八ヶ岳から富士山が見えた。
あぁ富士山かもね。
白馬登山23
白馬登山24

7時30分、証拠写真その2。小蓮華山頂上2766メートル。
新潟県の最高峰だ。
(白馬岳は長野県と富山県にまたがる山)

小蓮華山より静かに水を湛える白馬大池を望む。
雲海の上に妙高、火打、焼山が見える。
白馬登山25
白馬登山26

小蓮華山から白馬大池への緩やかな登り下り。
稜線歩きの最後だ。
美しい山脈よ、さらば。

8時45分、まもなく白馬大池に着く。
下るごとに気温が上がる。快適な涼しさは無くなりつつある。暑い!
白馬登山27
白馬登山28

9時、白馬大池。30分の休憩。暑い、熱い。

冷えたポカリ500ミリリットルボトルを購入、1本500円。

9時45分、蓮華温泉に向かって下り開始。今から約2時間半の歩き。

10時35分、天狗の庭到着。
少し風が通って、雪倉岳が正面に見え、ほっと一息。

下りの山道を黙々と歩く。

ふくらはぎも、太腿もそろそろ悲鳴をあげ始めている。
気をつけなくてはならないのは転ばないこと。
汗を恐れず、細かく水分を補給すること。

12時20分、蓮華温泉到着。
白馬登山29
家族で白馬登山をしたのが小学校4年生の頃。はるか昔でほとんど思い出は浮かばないし、今回とはコースが違っていたように思う。
シューズに藁縄を巻いて滑り止めにして登った大雪渓、たくさんの高山植物のお花畑、涼しかった稜線歩き。
この年齢になっても、もう一度登ってみたいとずっと思っていたふる里の山。
無事帰還できて大満足。

デジカメがなく、フィルムを何本も準備し、写り映えがわからずの撮影の時代ははるか遠く、
制限なしで安心して気の向くままにカメラを構えられる現代はすごい。
思いっきり花の写真を撮っていた女性の姿も現代だからこそ。

こんな時代のこんな白馬の山々を形に残してみた。

2015.6.6 高浪の池と小滝川ヒスイ峡

高浪の池と小滝川ヒスイ峡

高浪の池(たかなみのいけ)は、新潟県糸魚川市大字小滝にある池である。
標高540メートルの白馬山麓国民休養地にあり、南北に600m、東西に125m、深さ13mの池。

この写真は、相当古い。私の父が撮影し、古いアルバムに残されたものだ。
カメラに凝ったり、山に凝ったり。だんだん自分も似てきたように思う。

睿欧涼000

アクセスは、北陸自動車道「糸魚川IC」から車で40分、白馬方面へ走り、大正橋を渡ってすぐ右折し新潟県道483号線に入って道なりに行く。
大型バスは入りこめないので、人が溢れているようなことはなく、自然いっぱいのスポットである。
標高0メートルの糸魚川から、徐々に高度を上げ、峠を登りきったところに絶景のポイントがある。
池を見下ろし、その背景に明星山(みょうじょうさん)の大岸壁の盛り上がりが見える場所だ。

5月の景色(山は緑、残雪が積み残されている)

4月の景色(雪の中、湖畔の桜が咲いている)


池畔には、高原交流センター(食堂、大広間)、売店、キャンプ場、グラウンドゴルフ場などが整備されている。
所在地 新潟県糸魚川市大字小滝19336
問合せ先 高浪の池高原交流センター TEL.025−556−2327
営業期間 4月25日(土)〜11月8日(日) 冬季は雪で閉鎖
営業時間 9:00〜16:00(食堂は10:00〜)
駐車場 149台




●赤禿山(あかはげやま)の地すべり
高浪の池の西に位置する赤禿山は、中生代のもろい砂岩から出来ており、はるか昔に山が崩れ、地滑りが起こり、小さな沢が集まった土砂でせき止められた。
そのように出来上がった池が高浪の池である。
雑草林でうるおった地下水は岩くずの中を流れて池に浸み出し、池の水は再び地下水となってヒスイ峡へと流れ出ており、旨い具合にバランスが取れており水が枯れるこ とがない。池の底はすり鉢状になっているようだ。



赤禿山の山容


まったく、静かである。
池の周りを15分ほどで一周できる遊歩道があり、容易に360度からの池が眺められる。
木々に包まれ、芝生に座り込んで、何も動かなくても、十分満足でき、自然に溶け込んでいられる場所である。
お節介な物売りもないし、自分の存在で自然を汚すことが恥かしく思えるような雰囲気がある。
そう、慎ましく生きなきゃ、と素直になれる不思議な場所だ。


●明星山(みょうじょうさん)
明星山は約3億年前のサンゴ礁の化石を多く含んでいる山。
この大岩壁は何度見ても、心を奪われるくらいに圧倒される大きさだ。
大きさを感じたいために展望台に近寄ると、カメラに収めることができない一面の岸壁。





5月の岸壁



雨に覆われる4月の岸壁


この岸壁はロッククライマーにも有名な岩場。
夏場になると大学の山岳部チームがアリのように見える大きさの中で岩に貼り付き練習をする姿が確認できる。
何という岩の大きさだ。案内標識にはこのような写真がある。



岸壁の大きさとロッククライマ−の大きさ比較


●小滝川ヒスイ峡(小滝川硬玉産地)
高浪の池から4キロ10分ほどをクネクネと下ると、ヒスイ峡に到着する。
昭和31年に国の天然記念物に指定された小滝川硬玉産地は、姫川の支流、小滝川にある。
ヒスイ原石を真近に観れる学習護岸、高くからヒスイ峡を見下ろす展望台、川魚の釣りを楽しめるフィッシングパークがある。




小滝川ヒスイ峡とは、明星山の大岩壁が落ち込んだ川原一帯を指し、ヒスイのふるさと糸魚川を象徴する日本随一のヒスイの産地である。
この区域ではどのような岩石であろうが、動植物も含み、採取は禁止だ。

ヒスイ峡河畔

展望台から見下ろすヒスイ峡


ここから流れ出たヒスイは小滝川、姫川を下り、市内の海岸に打ち上げられるのだが、海岸でヒスイを探し、拾い出すことは禁止されていない。
このことから姫川河口付近の海岸は「ヒスイ海岸」とも呼ばれ、愛好家がヒスイを求め、朝夕に探し歩く姿が多く見られる。
2015年5月15日、わたしが須沢のラベンダービーチを歩いていて見つけたこれは、ヒスイ原石かしら?






さて、心の休息を求めて「高波の池」と「ヒスイ峡」を巡り、絶景の「明星山」を仰ぐか、
ブツを求めて、「ヒスイ海岸」で日本海の波と戯れ、海に沈む真赤な夕陽を拝むのか、
いずれにしても、観光化に浸かりきっていない、自然いっぱいの街「糸魚川」。
機会を作って訪ねてみてほしいわが故郷である。





渡辺貴さん撮影の日本海夕陽
(関連情報)
ええもん本舗なんやかんや掲載記事。→「20140409糸魚川ヒスイ」

高浪の池近隣マップ


高浪の池周辺マップ


ヒスイ峡周辺マップ

2015.5.26 プレミアム旅行商品券発行

糸魚川プレミアム旅行商品券の発行

糸魚川市では、国の緊急景気対策を受けて、4月28日から「プレミアム旅行商品券」事業を開始しました。

この商品券の特徴は、市外観光客が優遇される点です。(市内の方は購入できません)

新潟・越後に宿泊旅行される場合は、糸魚川に宿泊されて、是非この特典をご利用ください。

北陸新幹線開通「プレミアム商品券」についてはこちらをクリック→店長日記、北陸新幹線開通「プレミアム商品券」

(要旨)
〇坡阿らの観光客が市内宿泊施設に宿泊する場合に限り、

10000円のお支払いで12000円のプレミアム旅行商品券を購入することができます。
 (1000円券で12枚綴り)
 お一人様1泊につき2セットまで最大3泊分まで購入できます。(60000円で12000円お得!)
この券の販売場所は、糸魚川市内の宿泊施設です。下記チラシの商品券販売所をご覧ください。

K楙ι雰瑤鰺僂い董⊇蒜馮駘兒拱Гい僕用できます。

い気蕕法∋綉川市内共通商品券取扱店で飲食、お買い物にも換金手数料なしで金券として利用できます。
(現金との引換はできません)
(商品券使用時の釣銭はでません)

セ綉川滞在中にお買い物できなかった場合でも、「越後屋ええもん本舗」でご利用いただけます。
「越後屋ええもん本舗」は糸魚川市内共通商品券取扱店に登録されているお店です。
ご利用される場合は、商品注文確定後、プレミアム商品券をお手数ですが郵送下さい。
金券利用時の差額分のお支払いでお買い物ができるしくみです。
(たとえば2400円の商品の場合は、1000円券2枚と差額400円のお支払で購入できます)

以前に店長日記でご紹介しました「2014.12.27 糸魚川市内共通商品券が使えます。と併せてご覧になってください。

●この券の発行部数は7500セット(12000円×7500セット)です。

●利用できる期間は、平成27年9月30日まで
 (期限切れにならないうちにご利用ください)


商品券見本

プレミアム旅行商品券見本

プレミアム旅行商品券チラシ

プレミアム旅行商品券チラシ

2015.5.25 吉原正氏水彩風景画

糸魚川の変化に富む美しい郷を、水彩画作家の吉原正さんが描かれた周辺風景画が、8枚入り1セットの絵はがきとなって販売されています。

「ヒスイと歴史の郷・糸魚川」

ヒスイ王国館でお問合せください。

吉原正さんは、糸魚川絵画クラブ・上越美術協会会員・サロン・デ・ボザール 師範
糸魚川市在住で、糸魚川ジオパークを始め、国内外の風景画を中心に数多くの作品を制作しています。

2014年糸魚川絵画クラブ展で、画業35周年記念展が開催され、85歳にして始めて個展を開催し、100作品が展示されたと話題になっています。

糸西タイムス2006年11月10日に「糸魚川の魅力を絵はがきに」の記事がありますが、この頃から風景絵はがきが始まっていたのですね。

絵はがき

2015.5.2 塩の道起点まつり

毎年5月2日は「糸魚川・塩の道起点まつり」

塩の道を起点から歩こう!

戦国時代、上杉謙信が武田信玄に塩を送った故事は有名です。
その塩を送った道の起点が糸魚川で、海岸では塩づくりも行われていました。

5月2日は、塩の道起点から根知駅まで。
5月3日は小谷村(おたりむら)、4日は白馬村、5日は大町市の塩の道まつりに繋がっていきます。

全国各地から歴史遺産を求めて塩の道にやってきます。

2015年10月25日には「秋の塩の道を歩く」が計画されています。

お問合せ:糸魚川観光案内所       Tel.025−553−1785
     世界ジオパーク塩の道を歩く会 Tel.090−1050−0130(山岸)

塩の道まつり2015 りーフレット

2015.4.19 日光寺のけんか祭り

4月の第3日曜日と決まっているようです。
天気予報では、午後3時頃から雨模様と報じていましたが、12時前に到着するやパラパラと雨。
下早川・日光寺のすぐ横に、下早川小学校があり駐車スペースがあります。
また、交通整理をする係りの方がいらっしゃいますので、安心して行けます。

糸魚川けんか祭りは、毎年4月10日に行われる天津神社春大祭が有名ですが、日光寺のけんか祭りも勇壮です。

真言宗日光寺と白山神社のお祭りで、お寺(仏教)と神社(神道)が一緒にお祭りをするという、神仏習合(日本土着の神祇信仰と、外来の仏教信仰が一緒 になった現象)の珍しいお祭りです。
五穀豊穣・豊漁を祈願して2基のみこしを激しくぶつけ合います。

下早川小学校の横を登ると、(手前)観音堂、(左手)日光寺、(右手)白山神社の標識があります。


右手の小山が白山神社で今日のための大きな幟が翻っています。


ガンコおやじのわさび田の標識もありますが、ここはわさびで有名な土地でもあります。


左手方向の阿弥陀山日光寺。天平年間(729〜749)に行基が創立し、大同元年(806)に将軍坂上田村麻呂に二百石を与えられ、七堂伽藍があったといわれます。 こちらからは真言宗僧徒が観音堂に向かいます。


季節良く、水仙が道に咲き誇り


わさび田の中に、水芭蕉も顔を出しています。


小山を登り、白山神社境内では、すでに神輿が準備され、滑り止めの布を巻きつけ準備しています。


束帯姿の神官が石段を上ってきます。


これが神輿を担ぎおりてくる石段。100段近くあります。


こちらが観音堂。


この観音堂の横の広場が、神輿のぶつけ合いをする場所です。


白山神社前に並んだ担ぎ手たち。もうすぐ階段を下ります。
神官たちは道路上で真言宗僧徒と合流し、観音堂に向かいます。


午後1時、獅子と露払いと稚児。露払い(つゆはらい)と呼ばれる女面と男面が先頭に歩きます。


子供たちの稚児(ちご)が続きます。


神輿を担ぎバランスを取りながら、100段近い石段を降りてきます。
けんか神輿のため、神輿の屋根には7ミリの鉄板が張られていて500キロの重さがあるらしい。
こいつは前の人はキツイ。バランス崩したら一巻の終わりです。


鳥居も低いので、一旦神輿を下げて通ります。


観音堂の大太鼓も力強く響きわたり、いよいよです。


観音堂に持ち込まれた2基の神輿を担いだ若者達。まずは軽く一周。


一周したと思う間もなく、いきなり先頭神輿が向きを変え戦闘態勢。後ろの神輿も待ってましたと迎撃態勢。


担ぎ棒を地面につけて互いにクロスし、後ろの担ぎ棒を持ち上げて、ぶつけ合います。


7ミリの鉄板がぶつかり合うガシーンという音、何度もぶつけ合う凄まじい力の応酬。


ぶつけ合い、神輿を壊れるほど豊作・豊漁といいます。


ひとけんかを終えると神輿を立て直し、境内を歩きます。そしてまたぶつけます。ガシーン!
周り、お走りをしてぶつける・・・これを数回繰り返します。
あ、M君発見。彼は背が高いから肩への負担が半端じゃないはず、大変だよな。


最後は「お走り」と呼ばれる、神輿を担いで走ります。


神輿を観音堂前に並べ置き、担ぎ手たちは観客の拍手に送られ白山神社に戻ります。


そう、あの石段をもう一度登って行くのです。足ガタガタですね。


最後までドンドン敲いた大太鼓も最後のとどめをさして止むと、お疲れ様の拍手が一杯。


ドロまみれになって壊れた2基の神輿。7ミリの鉄板屋根は健在です。


動のお祭りの後は、静のお祭りです。まずは「獅子舞」


雅楽「幣三重」



雅楽「戸隠」。天岩戸を模した板を抜き取ります。






雅楽「天女舞」




雅楽「海幸」(鯛釣り舞)と、海幸が放り投げた鯛をおびき寄せるための餌(お宝)をナイスキャッチしました。




雨が強くなり、これで終わりと引き上げたのですが。
実は、白山神社に戻り日光寺で休憩していた担ぎ手達が再び観音堂に戻り、最後の神輿のぶつけ合いをするらしい。
そのあと石段を担いで登り、白山神社に神輿を還すという。
まだまだ神様を楽しませるんですね。

一時途絶えたこのお祭りですが、実行委員会の努力で復活がかないました。
神仏習合を現在に残す、派手なけんか神輿のお祭り。
また、日光寺の庭園は、不動山、鉾ヶ岳、早川を一望出来る借景庭園として有名です。
俗に『加賀洗心公の庭』ともいわれる庭園は、加賀の四代目殿様洗心公が自然の美を利用して造園され、後に小堀遠州の弟子らの設園により手が加えられた といわれています。樹齢700年の五葉松の古木があります。
お天気に恵まれれば春の陽気を楽しみながら午後のひと時を過ごせそうです。

そして2016年は、10日、17日、24日すべて日曜日になります。

[糸魚川の4月の祭り]
4月10日糸魚川けんか祭り→
4月24日能生白山神社春大祭→
 

2015.3.18 糸魚川ブラック焼きそば

「糸魚川ブラック焼きそば」は、お店独自の調理方法&トッピングです。

下記に2015年3月現在の案内チラシを添付しています。
駅近くで食べるも良し、
観光先の近くで食べるも良し、
お店にこだわって行くのも良し。

事前にお休みしていないかお店に電話確認するのがよいでしょう。



2015.2.24新潟日報朝刊おみちよう

2015.2.24新潟日報朝刊「日報抄」より

おみちようーとは、糸魚川の言葉で「道中お気をつけて」という意味だと観光案内所で聞いた。
春一番が吹いた日、ぴかぴかの糸魚川駅舎に「おみちよう」と見送られ、市内を歩いた。
北口からおよそ400歩。青い海に船が一隻、航跡を引いてゆく

「日本海に一番近い新幹線駅」とうたわれるホームに1番列車が滑り込むまで20日を切った。
東京の人が「ちょっと日本海を見に行ってくる」と、出かけてくる日も近い。
海といえば魚。北陸新幹線開業を待ちきれない旅人もいるようだ。

昼食に入った店のカウンター。右の御夫妻は観光パンフレットを片手に「あんこう鍋」を注文。
左の青年は「メギスフライ定食」に興味を示しつつも「糸魚川ブラック焼きそば」に転じた。
料理を待つ間に聞いたところ、名古屋から能登に行った帰途で、初来訪という。

「おいしかった」と立ち上がる姿に「次回は地魚も」とお薦めした。
地元で展開中のアピール作戦は多様だ。
地酒と魚の「おみちようランチ」、五つの蔵の酒を飲み比べできる「味わいセット」、地酒などがベースの「ヒスイカクテル」...

県外の人にだけ楽しませておく手はない。県内からも通わねばとあらためて思った。
新幹線開業と同時にJRの直通特急はなくなるが、直江津駅での、えちごトキめき鉄道との接続は悪くない。
上越妙高駅を経由して新幹線に乘る手もある。

春の旅を計画している方々も多かろう。
シュッと新幹線か、のんびり各停か。いずれにせよ、おみちよう。

2015.2.18 地酒で乾杯ギネスに挑戦

糸魚川 地酒の魅力発信実行委員会では、北陸新幹線糸魚川駅の開業を祝し、
「クロス乾杯でギネス世界記録」に挑戦します。

500組1000人を目標に世界記録更新を目指しています。

要 綱
挑戦日...平成27年3月14日(土) 雨天決行します。 受付14:00-15:00 挑戦開始16:00 挑戦終了17:30
会 場...糸魚川駅日本海口駅前通り
会 費...500円 当日受付1,000円 事前申込みが必要です。 申込締切2月28日
      ※本申込振込取扱票は、事務局(tel.025-553-0181)までご連絡ください。送付します。
      ※予定人数を越える申込みの場合は、お断りする場合がございます。
参加資格..小学生高学年以上 未成年は甘酒で参加していただきます


参加特典
特典1...挑戦に使用する馬上杯(ガラス製盃)をプレゼント
特典2...限定ラベルの地酒(非売品・1合)をプレゼント
特典3...糸魚川まるごと福袋(優待券など)
特典4...記念看板に参加者全員の名前が記載されます(記載を希望しない人は申込書に記入)


なんと、スペシャルゲストとして小林幸子さんが応援に見えられます。

ギネスに挑戦1

クロス乾杯とは
二人1組になって、互いに腕を交差した状態で乾杯します。


現在の世界記録は、H26.11.22和歌山県田辺市の433組866人です。

当日は、ギネス記録判定を即座に判定してもらうため、ギネス公式認定員が呼ばれます。

25組1グループ(50名)を4グループ集めたブロック(200名)を作り、7ブロック(1200名)までを想定しています。
申込み者には後日正式なご案内が届きます。定められた規約に則り、世界記録に挑戦しましょう。


ギネスに挑戦2

2015.1.2 北陸新幹線糸魚川駅開業

東京のふるさと応援会である「東京糸魚川会」が創設以来60年を迎えます。
このたび、
東京糸魚川会60年記念事業として「北陸新幹線・糸魚川駅開業を祝う集い」
を東京上野精養軒本店で開催します。
北陸新幹線開業をPRするため、糸魚川出身者・糸魚川にご縁のある方、大勢の皆さんご参加の上
ふるさと糸魚川の魅力を全国に発信しようではありませんか
と広く募集をしています。

(概要)
日時:平成27年3月7日(土)11時〜15時
会場:上野精養軒本店(東京都台東区上野公演4−58
料金:記念祝賀会チケット5000円(お土産つき)
定員:300名(地元糸魚川より200名を予定しており、合計で500名

詳細は、東京糸魚川会ホームページをご覧下さい。

12月1日よりチケット販売を開始しています。定員になり次第締切ということです。

北陸新幹線糸魚川駅開業を祝う集い

2014.12.29 東京にある糸魚川

「照鮨」
東京都千代田区有楽町2−10−1東京交通会館B1階
03−3211−8089
JR山手線有楽町駅、徒歩3分

創業昭和21年、交通会館の中の地下街
営業時間 平日11:30〜14:00、17:00〜21:30 土曜要問合せ
定休日  日曜・祝日

店長加賀達夫さんは糸魚川のご出身で、東京糸魚川会会員
照鮨

天ぷら・割烹・酒肴「天重(てんしげ)支店」
東京都千代田区一番町10番地 ウェストビル地階
03−3261−4048
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅、徒歩3分
営業時間 平日11:30〜14:00、17:00〜22:30
定休日  土曜・日曜・祝日

糸魚川のお酒が揃ってます。
糸魚川の野菜がコースでいただけます。
天重

串揚げ「文(ぶん)」
東京都千代田区麹町3−5−5望月ビルB1
03−5357−1949
東京メトロ有楽町線麹町駅、徒歩1分
営業時間 平日11:30〜14:00、17:00〜23:00
定休日  日曜・祝日

糸魚川フェア実施中。
糸魚川産品コース、糸魚川五蔵の地酒。
文(ぶん)

七竈野翁「炭火・環七市場(たんほう・かんなないちば)」
東京都世田谷区代田4−6−21伊藤ビル1F
03−5301−2677
小田急小田原線世田谷代田駅、徒歩10分
営業時間 平日18:00〜24:00
定休日  水曜

店長田畑幸男さんは糸魚川のご出身で、東京糸魚川会会員
糸魚川情報満載。
炭火・環七市場

「糸魚川」ふぐと季節料理
東京都江東区牡丹3−21−4
03−3643−0802
東京メトロ東西線門前仲町駅、徒歩7分
営業時間 平日12:00〜13:00、17:30〜23:00
定休日  土曜・日曜・祝日

日本酒「糸魚川」があります。
店長片岡尚友さんは糸魚川のご出身で、東京糸魚川会会員
糸魚川

2014.9.10 一括梱包開始

一括梱包を9月10日より開始します。

ええもんパックは多商品を1梱包とすることを可能にしましたが、お客様の希望される商品群ではなかったかもしれません。
お客様の希望される複数の商品(発売元の異なるもの)を一梱包にしてお送りします。これが「一括梱包」です。

当店舗は、越後・糸魚川の地元特産品をお客様に直接お送りするネットショップです。
お客様からのご不満の「送料負担」を軽減し、より多くの方に糸魚川に興味を持っていただきたい一心です。

このたび物流担当部門を糸魚川に設置し、お客様からの複数注文を集荷し、一梱包にして、出荷できる体制を作りました。


これまで利用してきた、「ええもんパック専用」段ボール箱を利用します。

たくさん入る大きな箱ではありません。宅配便の5kg(80サイズ)と呼ばれる大きさです。
4合瓶のお酒2本とその他商品が入る程度です。
これに入らない場合は、別途箱を用意することになり、箱代金の追加と、送料もその分加算されます。

なお、外箱を見るだけでええもん本舗からの配送箱と判るように「ええもんパック」とURLの文字を入れてます。

また、糸魚川ジオパークのロゴも組み入れ、より糸魚川を近くに感じていただけるようにしています。

「新潟・越後・糸魚川(いといがわ)」の文字も入れ、越後屋ええもん本舗の根拠地を理解して頂けるようにしました。
どうぞご贔屓にお願いします。


  ええもんパック

【ご注意】商品詳細説明の不備
商品ごとの説明の中には、「製造元の異なる商品が混在する場合は〜別途送料が必要となります。〜発送先別に別途送料が必要です。」の文言が残っている場合がありますが、順次訂正除去していきますので、ご理解ください。
今回から、すべての商品の混在を可能にし、一括梱包を押し進めていきます。

送料無料は廃止します。

高額商品をご購入いただいたお客様には、「送料無料」を実施してきましたが、2014年4月の消費税増税と同時に宅配料金が高騰し、さらに 物流部門の独自運営をしていく上では、無料の続行は難しい状況になりました。
今回の一括梱包実施に合わせ、送料無料は廃止します。
ご理解いただきますようお願い申し上げます。

別途代金が発生する商品もございます。

商品によっては、カートン代金、箱代、化粧箱代金など、別途代金が必要なものもございます。
また、多量のご注文の場合、梱包数が複数になる場合がございますので、その場合の送料はお客様にご負担いただきますので、ご了解ください。
いずれも、ご注文いただきました折に、送料も含め、別途必要代金をお知らせいたします。

「ええもんパック商品」は継続します。

時節に合った商品、新しい商品、皆様お気に入りの定番商品などを組合せ、「ええもんパック商品」をこれまで通りご提案させていただきますので、どうぞご利用ください。
なお、予約注文と月末配送はとりやめ、ご注文を頂きますと随時配送を開始します。
毎月の「ええもんパック」は、ホームページのトップ画面の下部中央に表示されます
『今月のええもんパックご案内』
をクリックしてご 確認下さい。


2014.8.16 御風と校歌

糸魚川出身の歌人、相馬御風(そうまぎょふう)は多数の校歌や歌詞を作りました。
中でも、早稲田大学の校歌「都の西北早稲田の森に〜」は有名です。
糸魚川の学校の校歌はやはり、相馬御風でした。
頭の隅っこにうっすらと残る歌詞とフレーズはあっても、全体が思い出せない。
こんな時代だから、ネットで調べれば出てくると思いきや、まともに出てこない。
ならばとばかり、まとめてみました。

糸魚川小学校校歌 相馬御風作詞 中山晋平作曲

夏なお雪をいただける
蓮華の山の頂も
わけ登るべきみちはあり
いざやつとめん学びの業を
はらからよ
いざやつとめんいざやいざ

ひょうびょうとしてはて見えぬ
日本海の荒波も
のり切る舟はあるものを
いざや進まんのぞみの道を
はらからよ
いざやすすまんいざやいざ

糸魚川中学校校歌 相馬御風作詞 中山晋平作曲

仰げ朝空もやせよ希望
きよき血潮のみなぎるわれら
雪の高嶺を心の友と
日ごとすがしく学びの道を
いざや真理の光のもとに
共に進まんむつまじく

望め大海ひらけよ胸を
いのちあらたに伸びゆくわれら
あすの光明まさしく信じ
日ごとたのしく学びのわざを
いざや理想のみちびくままに
共にはげまんすこやかに

踏めよ大地をかためよ意思を
あすの日本おこさんわれら
世界平和のかがやくゆくて
しかとめざして正しく直く
いざや文化の花さく園に
共に学ばんほがらかに

糸魚川高等学校校歌 相馬御風作詞 萩原太郎作曲

秋玲瓏のあさぼらけ
露清爽の野をふみて
希望にもゆるわが胸の
思を風に吟じつつ
仰げば高し南の
空に真白き蓮華山

春駘蕩の夕まぐれ
花爛漫の丘に立ち
理想かがやく人の世の
まことの道をもとめつつ
望めばひろし五百重波
くれなゐそむる日本海

しべりや下風雪を捲き
怒涛の響地をゆする
冬もなにかは健児われ
風に嘯き雪をけり
あらき自然を友として
剛健の意気天を衝く

見よ秀麗の此の郷土
見よ雄大のこの自然
心をとめて眺むれば
山河無言をまもれども
そこにのこれるいにしへの
偉人の跡のなからずや

北斗燦たる亀ヶ丘
古城の跡のまなびやに
つどひて学ぶ健児らの
沖天の意気誰か知る
いざわが友よ手をとりて
共に進まん彼の岸へ

2014.04.09 糸魚川ヒスイ

かねがね噂で聞いていたのだが、何時とはなしに時間が過ぎ、思えばいつまでたっても拝見できそうにない。
友人の「見せてもらって来たらいい」という声に後押しされて、思い切って訪問することをお願いし、実現できた。

糸魚川市市振(いちぶり)に在住の高校時代の同級生であるO君。このおばあちゃんが超有名人なのだ。
有名と言われる糸魚川ヒスイの多くはこのおばあちゃんが拾い集めた。
そして、おばあちゃんといっしょに市振海岸を歩き、O君も多くを拾い集めたのだという。

まずは、この美しさを見よ。

ヒスイ画像1

宝石となるヒスイはこのような原石から、いいところをめがけて研磨し造り出されるが、これはすべて原石。何も研磨されていない。
つまり、この色、この形で海岸に転がっていたわけ。
白い色の中にうっすらと翠(みどり)がかかり、透明感にあふれ、ずっしり重い。

海岸に転がっている数多の石の中から、これを見分け拾い出すには特殊な才覚が必要なのだろう。
なかなか見つからないと嘆いている人の足元に、「ほらここにある」と拾い教えてあげたこともあるという。

ヒスイ画像2

研磨すれば、良いものが見えるかもしれないが、この原石の姿・形のままがいい。
売ってほしいという人もいるが、拾い出した時の思いが残っているから売りたくないし、このまま置いておくのだという。

翠色をしているものばかりではない。黒(ブラック)ヒスイや、紫(ラベンダー)ヒスイもあり、すべて糸魚川の海岸で採れた。
糸魚川は全国でも有名なヒスイの産地なのだ。
原石の流れ出てくる川の上流は採石禁止だが、海に流れ出たヒスイを拾い出すことは自由だ。
毎朝、海岸線を散歩する人が多くみられるが、健康を理由にするだけではなく、ちゃんと目線は足元でヒスイ探しだ。

ヒスイ画像3

どれを見てもため息が出るし、石から何かのパワーがあふれてくるようにも思える。
このように多くのヒスイを一度に見ることはまずできないだろう。
目の保養と思い、その冷たさを手に感じ、重さを確かめ、あれこれ並べ直してはウットリする。
右下画像はO君のおばあちゃんが見つけて、自転車に担いで運び出したという20キログラムを越えるヒスイ。
おばあちゃん頑張った!見事。
とてもテーブルには載せられない。畳の上に置くのが精いっぱいという重量。そして濃い翠の美しさ。

ヒスイ画像4

左上画像の中央の爪型ヒスイは唯一研磨したもの。透明感にあふれきれいだ。
多くの極上のヒスイは、市の観光パンフレットの写真に掲載されたり、国立科学博物館の「翡翠展」に日本を代表するヒスイとして展示されたりしたという。

このたび写真撮影を許可してもらい、多くの方々の目に触れる機会を得たこれらのヒスイたち。
このようなヒスイを目にすることができた多くの人たち。
お互いに幸せだね。
けんか祭りの前日(4月9日)、暖かな午前中に、こころ満たされた時間を過ごせたことに感謝。

ヒスイにちなんだ糸魚川の物産品
→日本酒 特別本醸造「翡翠」
→にいがた地鶏 翠鶏(みどり)正肉1羽分セット
→ひすいわさびのかす漬け
→コシヒカリ米、勾玉(まがたま)米10Kg
→ひすい切り餅・白餅

2014.03.13 ええもんパック開始

ええもんパックを3月21日より開始します。

ええもんパックは多商品を1梱包とすることを可能にしました。

当店舗は、越後のお奨め地元特産品をお客様に直接お送りするという、早く・新鮮さを大切に、約5年間進めてまいりました。しかしながら、お客様からのご不満の一点は「送料負担」でした。

全国一律700円で発送することで、遠方の方からはずいぶん喜んでいただきました。
しかし、生産者様Aと生産者様Bの商品を同時に注文された場合では、生産者様ごとに別梱包として発送されるため、送料が2倍となってしまいます。3商品の場合では、送料は3倍になるわけです。

この状態を理解して頂けるよう、商品掲載記事の中でも説明させていただきましたが、これはお客様離れを促進するようなものでした。

生産者様Aに生産者様Bの商品を一緒に梱包して発送してくださいとはお願いできません。
まとめて送ってほしいというお客様の要望に応えられる状態ではなかったのです。

ええもんパックは多商品を1梱包とすることで、お客様の送料負担を軽減したいという思いから作成し、ようやく実現可能になりました。お客様の不満を解消し、今後はお得感を高め、喜んでいただけることと思います。

何よりも、地元糸魚川の協力者と提携し、梱包部門を独自に設置することができたおかげです。


ええもんパック専用の段ボール箱を準備しました。

たくさん入る大きな箱ではありません。配送料が最適になるような独自サイズの段ボール箱を準備しました。
4合瓶のお酒2本とその他商品が入る程度です。
これに入らない場合は、別途箱を用意することになり、箱代金の追加と、送料もその分加算されます。
これはご了解いただきたいと存じます。できるならばこれに収めるよう努力いたします。

なお、外箱を見るだけでええもん本舗からの配送箱と判るように「ええもんパック」とURLの文字を入れました。

また、糸魚川ジオパークのロゴも組み入れ、より糸魚川を近くに感じていただけるようにしました。

「新潟・越後・糸魚川(いといがわ)」の文字も入れ、越後屋ええもん本舗の根拠地を理解して頂けるように工夫してみました。

ええもんパック

独自の「ええもんパック商品」(詰合せセット)を作り出します。

時節に合った商品、新しい商品、皆様お気に入りの定番商品などを組合せ、様々なええもんパック商品をご提案させていただきます。
約1ヶ月間の予約注文を受付けて、月末にまとめて商品を集荷・梱包・配送します。

今回開始する4月末発送分は、3月21日〜4月20日までに予約受付をおこないます。
注文は随時受け付け、代金お支払い確認ができ次第、集荷配送を行います。
→本日現在の「ええもんパックお知らせ」


ええもんパック2014年4月限定セット「春よ来い」

「ええもんパック」は、ホームページのトップ画面の下部中央に表示されます
『ええもんパックご案内』をクリックしてご確認下さい。

お客様ご要望の自由な「ええもんパック」(詰合せセット)を作ります。

事前にお客様からご要望いただければ、「ええもんパック商品」に組み込むことも可能です。
こんな組合せを作ってほしいというご要望がありましたらどんどんご連絡ください。
あるいは、これくらいの価格で、こんなパックを作ってほしいというご要望にもお応えできます。
引き出物や贈答品として多量のご利用やプランにもお応えします。

「速さ」が若干失われます。

1生産者の商品だけのご注文は、これまで通りその生産者様から直送されます。

ええもんパックをご利用いただける場合では、生産者から直接発送されず、,泙砂顕戮掘↓∈包され、H送します。
このため商品到着までの時間が若干延長されます。どうぞご容赦ください。


ええもんパックは、当本舗がプランした商品の組合せで、配送料金をコンパクトになるようまとめたものです。
一方、お客様の自由なプランでの商品注文は、「一括梱包」の方法で実現できますが、重量や大きさにより、別梱包になったり、配送料金が変化する場合がございますので、ご了解ください。


今後ともお客様に喜んでご利用いただけますお店でありますよう努力していく所存です。どうぞよろしくお願いします。
(一部2014.10.10に加筆訂正しました。)

2013.05.30 糸魚川を歩こう!

2013年4月、糸魚川市のまちづくり団体「まちづくりサポーターズ」
『糸魚川を歩こう!!〜ふるさとめぐり〜』を刊行しました。
手にする機会に恵まれ、内容の面白さに触れたのでご紹介しましょう。

4月4日の糸西タイムスに掲載されていましたので、その記事もご覧ください。
糸西タイムス掲載記事(2013年4月4日)の閲覧→

表紙は、糸魚川港沖合から深い青の山々に囲まれた姫川渓谷を鳥瞰した、市街、大野、小滝、西海が見渡せる堂々たる写真です。
糸魚川を歩こう表紙写真

この本は平成17年に結成した「まちづくりサポーターズ」が作り出した新聞紙大の「糸魚川ふるさと歳時記」
平成18年4月から企画実施した「歳時記めぐり」
平成18年11月発行の「糸魚川ふるさと自慢カルタ」
それと「糸魚川・西頸城の民話」
などの再編集と呼べる集積の一冊で、A4判サイズ、フルカラーの230ページからなっています。

糸魚川市を15の地域に分類し、その地域の自然、文化、歴史、名物を項目別に説明してあり、どれを取ってみても興味深い話題でいっぱいです。
読み進むと、むしろ知らなかったことの方が多くあることが判り、さらに深く知りたいと思い、知らない人にはこの素晴らしさを是非とも伝えたいと思うようになりました。

目次のみご紹介すると(クリックすると大きな画面に変わります。)
目次1ページ内容 目次2ページ内容 目次3ページ内容

本の内容とは関係ないのですが、
私が思いつくだけでも、糸魚川はいろんな切り口から入り込むことのできる町です。
たとえば、
[人類発生以前の日本形成の歴史に関わっている町]
・・古生代の化石類(姫川西側)と新生代フォッサマグナ(姫川東側)の多種多様な岩石。
・・活発な火山活動と造山運動による興味深い地形と景観。現在もなお活火山である焼山(やけやま)。
・・湧出量の多い、多数の温泉地帯。
[人類史に関わっている町]
・・縄文遺跡、弥生遺跡、ヒスイ産出と加工技術
[神仏混合の神の歴史に係わる町]
・・奴奈川姫(ぬながわひめ)と大国主命(おおくにぬしのみこと)の伝説、古事記
・・地域独自の海幸山幸祭り、舞楽伝承文化
・・清流と酒造り。
[道の町]
・・塩送りの道、馬頭観音、糸魚川藩、参勤交代
[独特の食文化の町]
・・笹餅、笹すし、バタバタ茶、黄粉餅、上刈ミカン、山菜料理
[日本海に接する漁港としての町]
・・ズワイガニ、ホタルイカ、南蛮エビ、げんぎょ、あんこう
・・キス釣り、イカ釣り舟
[北アルプスに接する積雪のある町]

糸魚川は「自然と人が深く関わっている宝の里」ですね。
だからこそ「世界ジオパークのまち糸魚川」と自慢できます。

さあ、明日はどこへ行こう!
行き先を決めたら、『糸魚川を歩こう!!〜ふるさとめぐり〜』で予習しましょう。
当日はさらに面白い事実を発見し、記憶に残るふるさとめぐりができるに違いありません。

『糸魚川を歩こう!!〜ふるさとめぐり〜』
A4判、オールカラー、230ページ。価格は税込1000円。
糸魚川信用組合の各営業所窓口と同市ジオパーク推進室、アド・クリークで取り扱っています。
問合せは糸魚川信用組合「まちづくり推進室」事務局(025-552-9880)まで。

2013.04.24 能生白山神社春大祭

毎年4月10日に開催される「糸魚川天津神社春大祭 )」に続いて、2週間後に開催されるこのお祭りも是非一度観てみたいと強く思っていた。
数日前から4月24日は雨と予報されていたが、予定は変えることができない。
わたし以上に、雨だからと言って止められない多くの人達がいるのだろう。

糸魚川を発ったときは雨。風もあり、気温も低く感じられたが、浦本を過ぎると風は収まり、雨足も緩くなったように感じた。
頚城山塊(くびきさんかい)の影響で、糸魚川と能生の天気はだいぶ違うらしい。白山神社辺りはさらに風がはいりにくそうな尾山(おやま:鎮守の森)の影に在る。

9時過ぎに神社に近づくと笛と太鼓の音。
夏の海水浴客のための無料駐車場に車を置き、弁天岩を眺めたあと、神社境内に向かった。
弁天岩

白山神社
すでに御神嚮(ごじんこう)と呼ばれる獅子舞が始まっていた。
御神嚮の前には「七度半の使い」と呼ばれる儀式が午前8時頃から行われる。「神々のお出ましをお願いする」口上と所作を七度に渡って繰り返す。これでようやく神様の出発が叶うという。

先頭の露払いの獅子舞は笛と太鼓に合わせ
力強く舞う。
一体の獅子を二人で纏い、約20名の若衆達が
順次入れ替わりながら舞い続け、
行列を先導していくのだ。
白山神社春大祭 獅子舞



続いて3台の神輿。一の神輿(いざなぎのみこと)、二の神輿(ぬながわひめのみこと)、三の神輿(おおなむちのみこと)である。
白山神社春大祭 神輿

旗、花竹、刺又、槍、道具箱などが続き、そのうしろに稚児の列が続く。
白山神社春大祭 旗、花竹、槍



白山神社春大祭 稚児の列

動きのあるのは先導する獅子頭一体のみで、うしろは静やかに、厳かに、神々を乗せて進む。
御神嚮は、約3時間もの時間をかけて続けられ、200メートル足らずの境内を2廻り半する程度のスローペースである。

正午になる頃、ようやく御神嚮打ち止めとなり、神輿は所定の位置に留まり、「お走り」の待ち体制にかかる。

境内はそわそわしだし、神輿が上下に揺さぶられジャラジャラと鳴り響き、張り詰めた雰囲気に包まれる。

スタートすると見せては中止することを何度も繰り返すので、境内は息を詰めるのとため息にあふれることが10回以上。
いよいよ三の神輿の合図とともに一気に走りだし、獅子は拝殿に、稚児は楽屋に、神輿は御旅所(おたびしょ:お祭りのために神様が仮にとどまるところ)になだれ込む「お走り」である。
「お走り」の写真は、息をのんでいるうちに過ぎてしまう、あっという間の出来事だった。下記のURLで写真がご覧になれます。
能生白山神社春大祭「お走り」→

「お走り」が終わると、拝殿と御旅所の間に橋を渡し、神様へのお供えを運ぶ「供神撰(きょうしんせん)」。6名の社人が3回の往復で楽の音に合わせてお供えをする。


これが終わると、祭礼の準備が整ったことになり、いよいよ舞楽奉納になる(午後1時頃)
舞楽の一番は「振舞(えんぶ)」であり、舞台を祓い清める舞。

白山神社春大祭 供神撰
2.候礼(そうらい)
稚児4人。指を狩衣から出さず、剣印を結んだ指先で袖先を伸ばす、静かで優雅な舞。

3.童羅利(どうらり)
稚児1人
最年少の稚児による短い舞。
最後に「あかんべ」をする。


白山神社春大祭 候礼(そうらい)舞


白山神社春大祭 稚児の舞

4.地久(ちきゅう)
稚児4人。
報道の傲慢さにガッカリ。
水舞台正面にカメラをどっしり据え付け、傘を差し、舞台に見入る観客の目線を断ち切り、景色を独占し続ける非常識。

5.能抜頭(のうばとう)
大人一人
手に撥(ばち:武器のたとえ)を持ち、軽快にしかし、体力の要る力強い舞である。
白山神社春大祭 能抜頭(のうばとう)

6.泰平楽(たいへいらく)
稚児4人
出鉾の舞、徒手の舞、鉾の舞、太刀の舞と長時間にわたる舞。
白山神社春大祭 泰平楽(たいへいらく)

7.納曾利(なそり)
大人2人
前半は「破」の舞。後半は「急」の舞
雌雄の竜が楽しげに舞遊ぶ「双竜の舞」と呼ばれる

8.弓法楽(きゅうほうらく)

9.児抜頭(ちごばとう)

白山神社春大祭 納曾利(なそり)

10.輪歌(りんが)
稚児4人
「前の手」、「肩の手」、「腰の手」の舞。最後は1列になって楽屋に向かう。
稚児の最後一人は楽屋に容易に戻れない。何度も舞続けさせられるのだ。稚児は半泣き状態になる。
このときすでに幕際には陵王が座して出を待ちかまえているのだ。
白山神社春大祭 輪歌(りんが)1 白山神社春大祭 輪歌(りんが)2 白山神社春大祭 輪歌(りんが)3

11.陵王(りょうおう)
4時間半をかけて10種の舞が披露された午後5時半。いよいよ陵王の登場。
いつのまにか人があふれ、輪歌の最後の一人が楽屋に入ると同時に、瞬時に楽が変わり、緋の色の「陵王」が飛び出てくる。
天候に恵まれていれば、夕日(アマテラス)の差し込む時間、頭部に竜をつけた吊り顎の陵王面、赤熊(しゃぐま)を被り緋チリメン狩衣に緋緞子の装束だ。
橋懸りに現れると、境内騒然となり、「りょうお〜う」の声があちこちからあがる。
白山神社春大祭 陵王(りょうおう)1


動きは緩やかに見えるが、まるでスクワットを繰り返すような中腰。伸び上がった状態でも足が交差しており生半可な平衡状態ではない。
左足を踏み込み、中腰に屈んだ状態で、左から右をねめまわすようにゆったり向きを変え、ときに「烏跳び」や「千鳥掛け」などの舞となる。
舞台中央でおこなう「日招きの舞」は、太陽が沈まぬような呪術的な意味をもつともいわれ、観客の目が陵王に集中し、神がかりのようになる。
たんたんと繰り返される舞に引き込まれるうちに、あたりは暗くなり、橋懸りに群がる人たち。
白山神社春大祭 陵王(りょうおう)2

早く舞を終わらせてあげたいような気持ちと、まだまだ陽は落ちないからもっと続けてくれという混濁した状態に陥る。
舞初めてから1時間が経過した午後6時30分、陵王が橋懸りを飛び越える「走り込み」を一目観ようと観客は殺到。
橋懸りの先に待機する氏子総代に抱きかかえられるように跳び越え、倒れ込む陵王。 神がかりが落ちた抜殻の肉体のようだ。

直後、楽は急テンポになり、橋懸りが取りはずされ、祭りは終わりに向かい動き出す。

能生白山神社春大祭「陵王」の舞をもっと見る→

能生白山神社春大祭 舞楽についてもっと見る→

白山神社春大祭 陵王(りょうおう)3

神霊還御(しんれいかんぎょ:御旅帰り。神様がおかえりになること)
橋懸りがはずされると、御旅所にある3基の神輿はすごいスピードで拝殿に担ぎ込まれる。神様がお祭りを終え還られたのだ。

その後、神輿は外へ持ち出され、拝殿前で上下に揺すぶられ、さらに、御旅所の前で再度上下に揺すぶられる。
無事に祭礼が済んだことの歓喜の爆発だ。稚児も担ぎ出され両手をかかげ喜びを表す。
3基目の神輿は御旅所の前で、50回に及ぶ上下動を果たし、どよめきと拍手が湧きあがった。

陽は落ち、観客は余熱を含み、帰途に着く。

能生白山神社春大祭「神霊還御」をもっと見る→

能生白山神社HP→

2013.01.29 根知谷キャンドルロード

「根知谷にきらめくキャンドルロード」をご紹介ご案内します。
2月10日に糸魚川シーサイドバレースキー場駐車場周辺で、『根知谷にきらめくキャンドルロード2013』が実施されます。今年で6回目を迎える糸魚川の冬のイベントで、雪とキャンドルで幽玄の世界を醸し出します。

毎年テーマを決めて製作されます。
今年のテーマは「贈〜Present〜」です。

大切な思いや願いをキャンドルの灯りに添えてプレゼントしましょう。
キャンドルは会場でも販売されています。
贈る人も贈られる人も、温かな気持ちに包まれます。

また、恒例となったベルリングガールズの「ハンドベル演奏」も一時間ごとに計画されています。
奏でられるハンドベルの響きと、澄み渡る雪上に揺らめくキャンドルの景色
是非ご家族、友人、恋人同士、お誘いあわせのうえお出かけください。

時間は16:30〜20:30


「根知谷にきらめくキャンドルロード実行委員会」は根知谷の地元の方達です。

お互いに協力し合って、地域挙げての活性イベントとして頑張っています。

温かい食べ物や飲み物も準備してお待ちしています。





2012年のハンドベル

雪国糸魚川であるからこそ可能なイベント。
スタッフの準備に感謝の気持ちを贈ることも忘れず、貴重な体験をしてみてください。

荒天になりませんよう祈っております。


Rapit55さんのブログに2012年のイベント紹介がされていましたのでLinkさせていただきました。こちらも是非ご覧になってみてください。→「根知谷にきらめくキャンドルロード」

2012.10.09 広報に掲載

糸魚川市の10月号「広報いといがわ」に掲載されました。


内容は
ヾ慇昌綉川会が会員募集をしています
⇒菁2月で設立30周年を迎えることになりました
4慇昌綉川会のホームページが10月に開設されました
げ餔である「越後屋ええもん本舗」インターネットショップが物産品のPRをしています
というのものです。
糸魚川市世帯全員に配布される広報誌に掲載していただけるとは、大変ありがたいことと思っています。

当ショップの内容はご覧のとおり、地域活性のお手伝い、地元産品をすばやくお手元に、を心がけています。

ここでは、関西糸魚川会のホームページについてご紹介します。
URLは、ローマ字つづりそのものですので覚え易いです。「kansaiitoigawakai」
右URLをクリックすると、関西糸魚川会のホームページに移ります。---> http://kansaiitoigawakai.jp

タイトルにはふりがなが付いています。「いといがわ」と読めない方が結構いるという話を聞きました。
トップ画面は、糸魚川の地図です。日本の中の位置付け、富山に近い新潟県のスミッコで、海と山と川にあふれた地域であることが判ります。
Googleマップですので、拡大、移動、検索なども可能です。地図でひとり旅行気分も味わえます。
画面の左側に、ページを選択できるボタンを設け、容易にページ選択ができるようになっています。
その中の[入会案内]ページでは、次のように記述されています

関西糸魚川会は糸魚川市の発展を応援し、故郷糸魚川を語り合う、関西にお住いの会員相互の親睦を目的とした
ふるさと出身者会です。
現在、糸魚川市、旧青海町、旧能生町出身者で関西にお住いの新会員を募集しています。

関西糸魚川会は昭和58年に設立され、2013年2月に30周年を迎えます。
2013年2月24日、設立30周年記念総会ならびに懇親会を予定しています。

お知り合いの同級生、先輩、後輩、ご親戚にお声掛けください。


[糸魚川ニュース]ページでは、最近の糸魚川のニュースを一覧表示しています。主に「糸西タイムス」の掲載記事をご紹介しています。
糸魚川の新しい活動・頑張りが見えます。

[わが里糸魚川]ページでは、季節の移ろいと変化を写真に織り込んで、わが里の今をお伝えします。

[連載]ものも4種類あり、心安らぐホームページになっています。

ぜひご覧ください。


2012.09.09 越の丸茄子

越の丸茄子(こしのまるなす)

糸魚川市市内スーパーでは地元生産品、夏の定番として出てくる「越の丸茄子」。
ご存じですか?

この茄子の特徴は
…招10センチ以上の大きさでまん丸
⊃Г濃く光沢がある。
F質が締まって料理の際に煮崩れしにくい
ご徒が強い
ともかく大きく1個の重量が180グラムから、大きいものでは300グラムもあります。
越の丸茄子
開発されるまでには長い時間がかかったと聞きます。糸魚川市高倉地区の橋立春雄さんが苦労の末育成してきました。をご覧ください。
(記事抜粋しました)
能生町高倉地区の「越の丸茄子」は、20数年前の試作から試行錯誤を続け、生産が軌道に乗ったのはその後4・5年たってからであった。在来種ではなく新潟県園芸試験場で育成されたもので、会津系丸ナスの「横田丸」を片親に持っています。
昭和50年頃、漬物用なすの「黒十全なす」が登場する前まで、漬物用小なすとして主流であった「越の丸」を肥大させて作って見たらどうかとの農協からの助言に、橋立春雄さんが試しに作付したところ、高倉地区の気候にも合い、当時丸なすとして主流であった早生大丸よりも色がよく、身が締まっておいしいことから、本格的に地区で作付けをするようにった。

最近は生産農家が増えたといいますが、需要が多く供給が間に合わないということです。
形も大きさも揃っているものが高級品として扱われ、東京築地の料亭に送り込まれる高級食材です。
8月17日、見学させていただいた今井地区のTさんの畑では、50メートルのハウス2棟の中に、畝を4つつくり、見渡す限り茄子の枝。
枝の高さは2メートル近くあり、重い丸茄子が重なりぶらさがっていました。

茄子ハウス 茄子ハウスの中

茄子の生育は早く、朝から手入れ収穫を一通り終えると次の手入れが必要になり、一日中休む暇のないほど手入れの繰り返しになるといいます。 大変な作業です。 越の丸茄子生育中

JAひすい(糸魚川市農業協同組合)の茄子生産部会が生産指導、販売を管理しています。
形状、大きさ、艶などからランク判定され、
L、M,Sの3段階に分離箱詰めされ出荷されます。
右写真はMサイズ。

私たちも、地元生活する人と同じように、自由に購入し、食する機会に恵まれたいですよね。
来年も諦めずに、販売の道づくりを続けてみたいと思います。
越の丸茄子Mサイズ
涎のでそうなおいしい写真を見ていただき、今年は皆さんの気持ちを高めるまでの話となりますが、 「購入したい」の声がたくさん挙がれば、流通販売交渉も進みます。
皆さんの賛同の声をお待ちしています。

引用1)
「秋茄子は嫁に食わすな」の諺があります、この「秋」というのは、旧暦の秋、つまり現在の7〜8月のこと。
どうして秋茄子は嫁に食わすな、というのでしょう。
秋の茄子はとってもおいしいから(意地悪して)食わすな、という意味と茄子は水分が90%以上でできており体を冷やします、更に昔は栄養が少ないと思われており子供を生む嫁に食べさせない方が良いと思われていたようです。

引用2)
もともと茄子は熱帯地方の産物なので冷蔵庫で保存すると傷みやすいという変わった野菜で、夏が暑いほどおいしい茄子ができるといわれています。
へたの部分が固く鋭いほうが新鮮でおいしい茄子です。全体に丸みを帯び、つやのあるものを選びましょう。
今まで栄養価が低いと思われてきた茄子ですが、皮に含まれている紫色の色素「アントシアニン」に、抗酸化作用のある「ポリフェノール」が多く含まれていることがわかりました。

引用3)
茄子の主成分は糖質です。栄養的には際だったものはありませんが、昔から、のぼせや高血圧の人が食べるとよいとされてきました。夏野菜は全般に体を冷やす作用がありますが、特に茄子の効果は強く、暑気あたりしそうな時や体のほてりが強い時に食べると効果的です。

2012.08.02 天津神社’社宝展’

天津神社の舞楽が国の重要無形民俗文化財に指定された(S55.1.28)のを機に、永く秘められ保存されてきた貴重な文化財を公開し、天津神社社宝展が開催されたのが昭和55年10月23日から11月7日まで。
私はそれを観ていないが、実家の本棚にその冊子が残っていました。
インターネットの生まれる前の資料であり、二度と開催されることがないかもしれぬ社宝展、そして注ぎ込まれた多くのエネルギーから生み出されたこの資料が、このまま眠ってしまうのかと思うと残念になってきました。
作成した糸魚川市教育委員会、ならびに資料提供した天津神社に了解を得て、その抜粋をここに公開し、多くの人の閲覧を望むものです。(2012年7月)

巻頭の“社宝展によせて”に次の言葉があります
「私たちの祖先が永い歴史の歩みの中でつくり、はぐくみ、そして伝え残した多くの文化財に触れ、伝承文化の素晴らしさを再確認するとともに、市民共通の宝としてまもり伝えてほしい」


天津神社の春の大祭は毎年4月10日に行われ、「けんか祭り」と云われる五穀豊穣を予祝する神輿の競り合いから始まる。神輿があがると「稚児の舞」と呼ばれる舞楽が奉納される。
舞楽が伝来したのは平安時代。宮廷儀式として定着し、神社、寺院も盛んにとり入れた。武士が実権を握る鎌倉時代にはやや衰えたものの、室町時代を経て、安土桃山時代豊臣秀吉の庇護により命脈を保ち、以後現在に至るまでその姿をとどめ得た。

舞楽は、舞楽面と呼ばれる特別な仮面をつけ、装束を纏う。
平安貴族の優稚な性格、悠長、みやびな雰囲気を盛り上げるためだろう。

舞楽面で現存するものはすべて日本製で、天津神社には室町時代の舞楽面がある。
また装束は、何度も作り直しをしたと思われるが、天津神社に残るものは江戸時代以降のものである。いずれも豪華絢爛である。

続いて、装束、舞楽面を紹介

後半へSKIP⇒天津神社の歴史(後編)


1)金地金襴振袖と緑地金襴振袖
何に利用された装束かの解説は無い。
地糸の摩耗が部分的にかなりはげしい。立褄(つま)の短いところに初期小袖の面影を留める。

濃緑繻十地八ツ藤丸紋金襴 裏紅絹
振袖形式 江戸時代作
繻(じゅ:うすぎぬ)
濃緑繻千地菊桐丸紋金襴 裏紅絹
振袖形式 江戸時代作


2)振鉾(えんぶ)袍
紅平絹地、桐、巴、蝶の段模様、金糸織り 出し襟及び前立、茶地牡丹唐草紋金襴、袖括り緒、白絹撚り糸 裏紅木綿、留め具角製 江戸時代作
袍(ほう):奈良時代以来の朝廷の服制で束帯の上着。うえきぬ。



3)抜頭(ばとう)袍
経萌黄、緯黄、雲立涌紋綾、袖括り緒、白紫緂平組み 裏紅精好(但し後補)狩衣形式 江戸時代作
抜頭 千早
茶地牡丹唐草文金入錦、背に三巴の円文を金糸駒繍にて表す 裏紅精好(但し後補)
闕腋形式 袷仕立 江戸時代作
経:たていと
緯:よこいと
緂:だんだらに染め分けた糸で組んだり織ったりしたもの
繍:ぬいとり、ししゅう
千早:絹一幅の中央部分に縦の切込みを入れ頭部を通す貫頭衣のようなもの
闕腋(けつてき):若年や武官のものは両脇を縫いふさがず開いていて襴をつけていない。



4)破魔弓(はまゆみ)違ひ袖
身は黄平絹、袷仕立、掛襟付き。
片袖は紅銀市松地文に秋草文様を織り出した唐織。袖括 緒白平打ち(但し後補)
片袖は鉄地大牡丹唐草、宝尽し文緻文、袖括緒、紫平打ち(但し後補)江戸時代作
付属篭手一、緑地蝶飛び文を金糸にて織出す。裏白麻、緒赤丸打ち(但し後補)
破魔弓 千早
身は白繻子地菊文縫取り錦。襟、前立及び袖は茶地唐花文錦。水戸袖との縫目には赤地牡丹唐草文金襴の裂を伏す。
裾縁りは赤地秋草文錦、裏蘇芳精好 闕腋形式 袷仕立 江戸時代作



5)児納蘇利(ちごなそり) 胴服
表、浅葱地桐唐草文錦、前年頃の一部衽、裾廻りは紫縞緬にておぎなう。
裏、水浅葱節絹 振袖形式 江戸時代作
児納蘇利 千早
表、水浅葱色唐草三巴円文緻子 襟、金地円文金襴
裏、金地唐草唐花文錦 前立及び縁、赤地牡丹唐草金襴
闕腋形式 江戸時代作
胴服:どうふく、室町時代頃から小袖の上にかさねて着たうわ着で、後の羽織の原型となる
衽:えり



6)能抜頭(のうばとう) 裲当
表、赤地襦子雪輪宝文金襴 襟、前立、濃緑地菊桐円文金襴 縁、黒襦子 江戸時代作
能抜頭 小袖
白紗綾形綸子、両袖の表には三巴円文を黒編るにて作り、生地にアップリケしている。
両袖裏には茶地牡丹唐草文金襴を附す 江戸時代作
裲当:うちかけ
襦子:はだぎ



7)陵王(りょうおう)袍
表、赤地蜀江文錦 裏、白平絹
裾裏、薄茶地唐花唐草文金襴
闕腋袍形式 袖括緒付き 明治時代作


8)陵王(りょうおう)舞楽面
きわめて薄手の作で製作も古い。
垂れた顎の部分は後補である。
室町時代の作
天津大社の神楽に使われてきたものだが、現在は保存されているのみの貴重な彫刻品である。

9)大納蘇利(おおなそり)舞楽面
左側は室町時代頃の作品 唇に朱、眼に彩色があるが補彩である。
右側は元禄四年(江戸時代)の作品
大納蘇利(おおなそり)舞楽面1大納蘇利(おおなそり)舞楽面2


10)抜頭(ばとう)舞楽面
桃山時代頃の作品


11)能抜頭(のうばとう)舞楽面
江戸時代初期の作品 面鼻の上の顔料が剥落している


12)児納蘇利(ちごなそり)舞楽面
二人が同じ面をつけて舞うもので、同作の二面が遺る。
その口辺が顎の肉付けは能面に傚ったもので、やや生硬である。



13)安摩(あま)舞楽面
面長で頬骨や下顎がわずかに張る若い男の面で、額に日本のしわを刻む。
能面の延命冠者に通ずるところもあるが、他に例を見ない珍しい面である。
江戸時代の製作



後半へ続く⇒神社の歴史

天津神社の歴史(後編)

天津神社の歴史
この土地は、古事記や万葉集に載る奴奈川姫や翡翠によって日本の歴史に登場する。
奴奈川は古代糸魚川の地名であった。翡翠の珠を所有する奴奈川の人達は、古墳時代前期(三世紀)頃から今の平場に居を構え村落を形成していた。
境内には、二社が鎮座する。
天津神社の祭神は
 中央に天津彦々火瓊々杵尊(あまつひこひこほににぎのみこと)
 左が天児屋根命(あめのこやねのみこと)
 右が太玉命 (ふとだまのみこと)
で、伊勢神宮外宮相殿の祭神と同じである。

天津神社の西側に並ぶ社殿は奴奈川神社である。
奴奈川神社は古来からの国つ神で延喜式内社のひとつと云われ祭神は
 奴奈川姫命(ぬながわひめのみこと)
 後年に八千矛命(やちほこのみこと=大国主命)を合祀(神社の合併)
を祀る。

時代西暦日本の歩み神社の動き
弥生時代天津神社創設(12代景行天皇の頃)
大和時代大和朝廷統一 古墳時代の祭祀の遺物が出土している
舞楽伝来
推古天皇
飛鳥時代大化の改新天津神社が36代孝徳天皇の勅願所になる
奈良時代奈良遷都
平安時代天台・真言宗
10田楽おこる木造奴奈川姫像、木造天津神社女神坐像三軀
鎌倉時代11鎌倉幕府石造如来形坐像
12浄土宗、日蓮宗木造奴奈川神社随神像二軀
室町時代13能楽懸仏二面、木造天津神社随神像二軀
14一向一揆舞楽面
安土桃山15楽市楽座舞楽面
江戸時代16徳川幕府舞楽面、装束
17
18
明治時代19
大正昭和20

---

1)奴奈川姫像(新潟県指定文化財)
桧材の一本造りで、像の高さ45センチ
彩色が施され、双髻を結び、髪を両肩に垂れ拱手して座る姿である。作りは簡素であるが、神像独自の清澄な表現が見られ、その温和で端正な像容の中に鎌倉時代の特色が看取することができる。
延喜式内社の奴奈川神社の位置は今日なお定かではないが、糸魚川市蓮台寺の奥・柳谷にあったが、元暦二(1185)年 秋に山崎の地に移り、その後現在地に移ったと伝えられる。


2)天津神社女神坐像三軀(糸魚川市指定文化財)
左から、27センチ、33センチ、45センチの座高の三軀
面相が整い、奴奈川姫像に近い頃の製作年代と思われる。


3)木造奴奈川神社随神像二軀(糸魚川市指定文化財)
虫食いは多いが、天文九年(1540年)よりもやや古い製作と考えられる。
両足を垂下した姿も古様である。両足先は失われている。像高47センチ。


4)木造天津神社随神像二軀(糸魚川市指定文化財)
二軀の随神像のうち阿形像(左側か?)の地付部に銘があり、「天文九庚子拾月六日」と記されており、天文九年(1540年)の製作であることがわかる。
寄木造彩色の像で、多少傷んではいるが、全国でも随神像中銘のあるものは、岡山県高野神社にある随神像だけであり、きわめて貴重である。


5)懸仏二面(糸魚川市指定文化財)
天津神社には多数の懸仏が伝わっている。そのうちの大きなものは、鏡の直径が91センチに及び、我が国の懸仏中でも最も大きいものの一つとして注目されているが、惜しいことに仏像を失い鏡だけになっている。(左側)
幸い直径70.5センチの懸仏は薬師如来像を本尊とし、これは本地仏である。(右側)
この神社に伝わる懸仏はかなり薄手のものが多く、なかのひとつに文安六年(1449年)の銘のあるものがあり、ほぼ同じ頃の製作と推定される。


前半へSKIP⇒天津神社’社宝展’(前編)




[補足説明をしてみました]
○天津彦々火瓊々杵尊(あまつひこひこほににぎのみこと)
天照大神(あまてらすおおみかみ)の命により、葦原中國(あしはらのなかつくに:日本の国土)を統治するため高天原(たかまがはら)から地上に降りた(=天孫降臨)とされる神。天照大神の孫にあたる。

○天児屋根命(あめのこやねのみこと)
天照大神の岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱え、天照大神が岩戸を少し開いたときに太玉命とともに鏡を差し出した。また天孫降臨の際には瓊々杵尊に随伴し、中臣連などの祖となった神。

○太玉命 (ふとだまのみこと)
天照大神の岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱え、天照大神が岩戸を少し開いたときに鏡を差し出した。また天孫降臨の際には瓊々杵尊に随伴した。祭祀を司る神。

○伊勢神宮外宮相殿
三重県伊勢市にある神社で、伊勢の神宮のふたつの正宮のうちのひとつ。一般に外宮(げくう)と呼ばれる。豊受大御神(とようけおおみかみ)を主祭神とし、相殿神(複数の神が相並び坐す)として御伴神三座(天津彦々火瓊々杵尊、天児屋根命、太玉命)を祀る。

○国つ神
天孫降臨以前からこの国土を治めていた土着の神。
天津神社は天つ神(天孫降臨の神)であり、奴奈川神社は国つ神(土着の神)である。

○延喜式内社
醍醐天皇の延喜五年(905年)より集成した法典に「延喜式神名帳」がある。
五十巻三千数百条の条文は、律令官制の二官八省の役所ごとに配分され、巻一から巻十が神祇官関係である。巻九・十は神名帳であり当時の官社の一覧表でり、祈年祭奉幣にあずかる神社二千八百六十一社を国郡別に羅列している。
ここに記載された神社が「式内社」。つまり平安時代(10世紀)にすでに官社として認定されていた神社であり由緒ある神社として知られていたということ。

○奴奈川姫命(ぬながわひめのみこと)
『日本書紀』には登場せず、『古事記』の大国主の神話の段に登場する。八千矛神(大国主)が高志国の沼河に住む沼河比売(ぬなかわひめ)を妻にしようと思い、高志国に出かけて沼河比売の家の外から求婚の歌を詠んだ。沼河比売はそれに応じる歌を返し、翌日の夜二神は結婚した。
『古事記』にはこれ以外の記述はないが、新潟県糸魚川市に残る伝承では、大国主と沼河比売との間に生まれた子が建御名方神(たけみなかたのかみ)で、糸魚川市姫川をさかのぼって諏訪に入り、諏訪大社の祭神になったという。

○八千矛命(やちほこのみこと)
『日本書紀』本文によるとスサノオの息子。また『古事記』、『日本書紀』によると、スサノオの六世の孫、また『日本書紀』の別の一書には七世の孫などとされている。スサノオの後にスクナビコナと協力して天下を経営し、禁厭(まじない)、医薬などの道を教え、国作りを完成させる。国土を天孫ニニギに譲って杵築(きづき)の地に隠退、後に出雲大社の祭神となる。

○万葉集に載る歌
「渟名河の 底なる玉 求めて 得まし玉かも 拾ひて 得まし玉かも あたらしき君の 老ゆらく惜しも」(巻十三 三二四七 作者未詳)
(解説)
ぬな川の底にある玉。その玉を探し回ってようやく手に入れたり、偶然に見つけて拾ったりすると、いちだんと立派に思われ、たいせつにされる。その玉のようにりっぱで、たいせつなお方が、齢をとられるのは、ひどく惜しまれてならない。

○勅願所
勅命によって国家鎮護.玉体安穏を祈願した社寺

○懸仏(かけぼとけ)
神道で御神体とされていた鏡に、その神の本地仏を 毛彫(けぼり)したり朱墨で描いたりしたもの。これら平面的なものは鏡像と呼ばれている。平安時代も半ば以降になると、尊像を半肉彫にしたものなどが作られるようになる。

○本地仏
神道の神様と仏教の仏様は同体だという理論(仏教が興隆した時代に出てきた神仏習合思想)においての、神様の本来の姿であるところの仏様ということ。

前半へSKIP⇒天津神社’社宝展’(前編)

2012.07.16 糸魚川の民話

「昔、むか〜しのこと」とよく聞かされた昔話ですが、伝える人と受け継ぐ人が同居していないという核家族化されたこのような時代では、口承、伝承文化は廃れていくのでしょうか。

糸魚川市にまつわる昔話の紹介を30年以上にわたって続けられてきた電話サービス「テレホン民話」が2012年4月に終了しました。
1981年から始まった電話回線を通じて民話を届けるという旧電電公社糸魚川電報電話局の顧客サービスで、市内のお年寄りから伝承を聞き取って編んだ物語で、これまでに700話以上あります。

担当した語り部の中村栄美子さんは、2000年に退職後も自宅で専用回線を引いて、自らの語りをカセットテープに吹き込み、月2話ずつ発信してきました。
ピーク時は1日700件以上の利用があり、人気アニメ「まんが日本昔話」に採用された6作品もあります。
しかし、このところのインターネット普及に伴い、固定電話の利用が激減し、機材も故障がちになり、ついに断念することになったのです。

しかしながら、長年のファンが10年前からネットで紹介するようになり、ブログとして現在もなお継続されています。ぜひ一度お立ち寄りください。

ブログ「糸魚川の民話」はこちらから。⇒糸魚川の民話
これまでのように毎月2話ずつ掲載されています。

また、読み手の中村栄美子さんと作画の吉原晴美さんで、民話を紙芝居にして「民話紙芝居の読み聞かせ活動」も展開しています。
2011年大阪府箕面市で開催された「第21回箕面手づくり紙芝居コンクール」(全国最大規模のコンクール)で優秀賞を受賞しています。
受賞作は糸魚川市藤崎で耳の病を治す神様と親しまれる老女像にまつわる『おしょろばあさん』。
次の出版物があります。
●『糸魚川・西頸城の民話』第1集〜第6集

●かみしばい絵本『糸魚川・西頸城の民話』

●『糸魚川 民話の旅』
定価−−−−−1500円
発行−−−−−新潟美術学園デザインルーム
著者<文>−−中村栄美子 糸魚川市南寺町在住
   <絵>−−吉原晴美 糸魚川市田屋在住

上越タイムス社に1年7か月連載された81話が掲載されています。

こどもたちの知らない、むかしむかしの話を是非読んで聞かせてあげてください。
あなたが伝承すれば、その民話は伝えられた子どものたちの頭の中で80年生き続けることになりますね。

「糸魚川 民話の旅」の表紙挿絵より


<他参考記事>

上越タイムスニュース

デジタルガイドブック 糸魚川市総合観光辞典 民話

2012.07.06 SAMURAI.JP

2011年6月に創刊された雑誌「SUMURAI.JP」

海外に日本文化を発信する英文雑誌「SUMURAI.JP」は、ほぼ同様の記事で日本語版が発行されています。
また電子書籍化されています。

創刊号の巻頭、発行人の田川清美氏から。


いまこそサムライ魂を抱け!

日本には世界に誇るさまざまな文化があります。いにしえより伝承されてきた職人の技、伝統工芸、...
これらは「人の想い」が作りだしたものです。
古き良き価値観を守ること、技を磨くこと、想像すること、決して一筋縄ではいかない。
それを支えるのは、強い想いしかありません。
その想いを伝えたい。

日本人の魂を世界に知ってほしいとの意気込みは、同時に、日本のことをちっとも知らない日本人に目を醒ませと言っているようでガツンときます。
もっと大切にしなければならないものがたくさんあることを知らせてくれます。


表紙写真は1986年蛭川幸雄演出の「オイディプス王」の主演を務めた平幹二朗さん。
迫力がある? 怖い?


2010年IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の純米吟醸酒部門で、
糸魚川市渡辺酒造店(「根知男山」醸造元)の「nechi2008」がチャンピオン酒に選出されたことの記事が詳細に綴られています。
代表の渡辺吉樹さんはSAMURAIのひとりである、と結ばれています。

以下のURLもご参考に。 SAMURAI.JP

2012.4.10 けんか祭り

近年は「けんか祭り」として知られているが、糸魚川市一の宮にある天津(あまつ)神社の春大祭(毎年4月10日)は昔から「十日の祭り」と呼ばれ、近郷近在からドッと見物客が押し寄せたものです。
11時頃から躍動の「神輿の競り合い、ぶつけ合い、押し合い」があり、13時からは静謐な「舞楽」の奉納が行われます。
午前の部は「けんか祭り」として、午後の部は稚児(ちご)による舞が多いことから「稚児の舞」と呼ばれます。

今回は招待を受け、拝殿正面の特等席に見物席をいただき、祭りの始まりから最後までを見通す機会に恵まれました。
この光栄を広く伝える意義があると思い、様々な面からこの春大祭をお伝えしたいと思います。
参考文献 天津神社社務所発行 「天津神社・奴奈川神社」
     糸魚川市教育委員会発行 「天津神社社宝展」
     Wikipedia

右写真は、市内各所に貼り出された祭り案内のポスター
市内に貼られたポスター

(行事)
10日は午前零時に一番太鼓を打ち、祭りは始まる。

4:00、神輿堂(みこしどう)から出された二基の神輿は、新町の甚兵衛、甚之丞により舞台に奉安される。

5:30、一の神輿を担ぐ「押上(おしあげ)」地区の若衆が、押上海岸でみそぎを行い、
6:00、二の神輿を担ぐ「寺町(てらまち)」地区の若衆が、寺町海岸で禊を行う。

8:00、衣紋所では、稚児の化粧が始まる
楽屋では笛太鼓が始まる
舞台に奉納される神輿

天津神社の石舞台と楽屋
10:00 押上の使い獅子が参道入口から境内に現れ、
使い獅子あらわる
葉付きの大竹で行く手を払い清めながら、
大竹で払い清める
鶏爺(とりじい、鶏のかぶりものをし露払いの役目)を先頭に若衆が登場。
押上の鶏爺



10:15 押上一同が参道入口から境内に入る。
寺町

河崎さん

田原さん

10:30 神社拝殿で若衆それぞれが柏手を打ち、神おろしの神事が舞台で行われ、
参拝



いよいよ神輿が舞台から担ぎ方に渡される。
神輿が舞台から担ぎ方に渡される
11:00 「お練り(おねり)」(境内円周約200メートル)。
舞台上から見守っていた稚児も大人に肩車されお練りに加わり、
先頭に使い獅子、錫杖、払い竹、鶏爺(寺町)、神職、一の神輿、宮司、役員、鶏爺(押上)、稚児、神職、二の神輿、宮司、役員の順で、ゆっくり春の陽射しの中を練り歩く。

動に転じる前の不気味でもある静の時間。
お練り2


お練り1

お練り3
11:30 神職より榊を受け取り、稚児が舞台に上がったら、「けんか祭り」のはじまり。
神輿を担ぎ境内を走り回り、相手を待ち伏せし、ぶつけ合い、もみあう。
形はぶつけあい壊しあいのように見えるが、
実は御輿をぶつけ合うのには意味があり、男神と女神の神婚、子孫繁栄を意味するらしいと聞くと、どんどんやれと気合も入る。

けんか祭り3


けんか祭り1

けんか祭り2
何度もぶつけあい双方が疲れ切る頃
舞台の上から実行委員長が榊を振ると「お走り(おはしり)」が始まる。

太鼓の調子はドンデンドンに変わりすざましい勢いで走り出す。
お走りの合図



このお走りで勝敗が決し、最後は歓声とともにけんか祭りは終了する。
勝った寺町

勝った押上

12:30 詩歌応答の儀。祭りを行うもの(主として奏楽関係者)と祭りを見に来た観衆との間で、揶揄しあうあるいは「いいね」と、詩歌の交流でやり取りをする風流な遊び。
これはいにしえのフェースブックみたいだ。
短歌あるいは俳句をけんか祭りが終了するまでに献歌すると、舞楽の途中の合間に返歌がいただける。

詩歌は短冊に書かれ木に吊るし、心ある人がこれを見に来る。
詩歌応答


右写真、献歌短冊は稚児の手を借りを奉納される。
詩歌応答受付

詩歌奉納
13:00 舞楽(国指定重要無形民俗文化財に指定されている)の始まり。

稚児が舞う姿に境内は一転して和やかな雰囲気となり、戦いを終えた男衆や観衆の表情がほころぶ。



17:30 舞楽全12曲の最終「陵王の舞」が終わり
押上の鶏爺(女神)は稚児を送り
祭りは終る。
陵王
稚児の舞1

稚児の舞2


(2012.4.10なう)

私の幼い頃は一時限目の授業が済むと学校は終わり、祭り見物に出かけたものですが、今でも小学校は2時限目までで切り上げられるとのこと。地域文化に触れるようにと奨励されています。
近年は新聞、テレビなどのマスコミで取り上げられることが多くなり、カメラを担いだ県外者、観光客が増えています。また、毎年この祭りを機会に集まる同級会もあると聞きました。

午前7時、祭り開催の合図として、花火5発が町内の空に打ち上げられると、街全体が盛り上がってきます。

9時半に天津神社の鳥居をくぐる。昔ながらのにぎやかな出店がたくさん並びます。

時間が過ぎるごとにどんどん人並みが増し、お練りが半ばを過ぎる頃にはいっぱいの人。
今か今かと気持ちが昂ぶり、稚児たちも慌てながら舞台上に戻ります。
そして、歓声が上がり、始まりです。
今年の寺町の鶏爺は同級生の田鹿茂樹さんなので、ついその動きも気になります。

ぶつかりあう神輿を押し合いながらも引き際を図るような駆け引きと間合い、押し合う若衆も機敏に前後入替りお互い力を抜きません。

東西の桟敷席前で繰り広げられた押合いは計8回。双方の神輿はぶつかるごとに破損し部品が放り出されました。

「1万4000人の観衆から、勇壮な伝統行事に大きな歓声が上がった。」と翌日の新聞に報じられました。


詩歌応答。
今年の申込みは58首あったということです。稚拙ながらわたしも参加しました。
献歌しました)
 精霊の宿れる稚児と伝来の林邑楽が巻き起こす春
返歌をいただきました)
 楽の音にうかれて天降る精霊を宿して稚児の巻き起こす春

多くの写真を簡素な年代物のデジカメで撮影する計画でしたが、
わずか5時間で電池切れ。充電だけでは力が出ず、バッテリー交換しないとダメだったみたいです。
ワンタッチカメラを急遽購入しましたが、うまくいかなかったなぁ。
稚児の舞の3つが欠落しました。残念です!

天津神社鳥居

鶏爺

けんか祭り4

まだまだ、記事は続きます

昭和55年1月28日に国指定重要無形民俗文化財に指定される、奉納された舞楽(ぶがく)12曲はつぎのとおり。
「能抜頭」のように珍しい曲を伝えているのをはじめ、稚児舞として多くの曲が舞われているなど独特の伝承を有しています。
1)「振鉾(えんぶ)」 稚児二人
12舞楽の初めに奉納される演目です。
緑と橙の衣装を纏い、天冠を頂き、かぶり鉾を両手で捧げ、二人が同時に舞います。
稚児舞1、えんぶ
稚児舞1、えんぶ
2)「安摩(あま)」 稚児一人
南方伝来の林邑楽とされ、面帽も面も装束も異国風で
手に桴(ばち)を持ち4〜6歳の稚児が舞います。
稚児舞2、あま
稚児舞2、あま
3)「鶏冠(けいかん)」 稚児四人
鶏冠をかぶり、胡蝶を背負い、菊の花を持って舞います。
四人の稚児が花に遊ぶ蝶のように平和で美しい舞です。
稚児舞3、けいかん
稚児舞3、けいかん
4)「抜頭(ばとう)」 大人一人
奈良時代に南方より伝来した林邑楽と云われ、
父の仇の猛獣を探し求め、格闘の末にこれを討ち取り
喜び勇んで山を下る様を表した舞です。
稚児舞4、ばとう
稚児舞4、ばとう
5)「破魔弓(はまゆみ)」 稚児四人
頭に巻纓(けんえい:木製黒漆塗りの切れ込みを入れた木片の冠)老懸(おいかけ:馬の毛をブラシのように束ねて扇形に開いた用途不明の飾り)の冠を付け、手には弓を持ち、太刀を方から斜めに掛け、悪魔退治をするという舞です。
この写真は2014年4月に撮影。

稚児舞5、はまゆみ
稚児舞5、はまゆみ
6)「児納蘇利(ちごなそり)」 稚児二人
稚児による納蘇利舞(二匹の龍が戯れる様を表したもの)で、
面の表情は童子らしくやさしく、丸顔の面帽子もおもしろく、振り袖姿も優美な舞です。
この写真は2014年4月に撮影。

稚児舞6、ちごなそり
稚児舞6、ちごなそり
7)「能抜頭(のうばとう)」 大人一人
天津神社独特の舞で、腹を膨らませ、能楽の翁面ににた面を付けます。
尖がり帽子と白の小袖に巴を付けているところなど、すがすがしい装束です。
この写真は2014年4月に撮影。<

稚児舞7、のうばとう
稚児舞7、のうばとう
8)「華籠(けこ)」 稚児四人
天津神社独特の舞で、四人の美しい装束の稚児が籠に盛った花を巻きながら舞います。
稚児舞8、けこ
稚児舞8、けこ
9)「大納曽利(おおなそり)」 大人二人
朝鮮伝来の高句楽の舞のひとつとされ、双竜舞ともいい、
恐ろしい面に桴(ばち)を持って、二つの龍が楽しげにはねる有様を表している舞です。
稚児舞9、おおなそり
稚児舞9、おおなそり
10)「太平楽(たいへいらく)」 稚児四人
優美で可憐な武人の装束で舞い、その名のとおり、乱世を治め、正しい道に直すという意味を表すおめでたい舞です。
鉾・太刀を振って豪壮雄大に舞います。
稚児舞10、たいへいらく
稚児舞10、たいへいらく
11)「久宝楽(きゅうほうらく)」 稚児二人
太平楽と同じ装束を纏い、太刀と楯を持って舞います。
南方伝来の林邑八楽のひとつで、奈良時代に渡来し大阪市天王寺に伝えられたという、平和で穏やかな世であるよう祈る舞です。
稚児舞11、きゅうほうらく
稚児舞11、きゅうほうらく
12)「陵王(りょうおう)」 大人一人
昔、中国の蘭陵王が恐ろしい面を付けて陣頭に立ち、敵を勇壮に打ち破った様をかたどった舞です。
赤地金襴の面帽子に竜頭、吊り顎の面をつけ、豪壮な装束に緋房のついた細い金色の桴(ばち)を持ち、落日に舞います。

4月10日の午後は新衣装、4月11日の午後は昔ながらの旧衣装で稚児の舞が行われます。
日焼けするほど暑かった10日ですが、11日は雨風強く残念ながら、今年の「稚児の舞」は中止になりました。
稚児舞12、りょうおう
稚児舞12、りょうおう
(補足雑学)

・けんか祭りの主役は寺町地区と押上地区
ふたつの地区が、毎年一の神輿と二の神輿の役割を入れ替えます。

・使い獅子
地元では「じょば」というが獅子頭を被った厄払いの獅子のことで、神事の斥候のような役目を果たします。
「除摩(じょま)」の名残ではないかと思われます。
幼児の頭をがっぽりとかぶせてもらうことで、無病息災になるといわれています。
当の幼児は、ワンワンと泣き出しますが、この風景はいつもながら微笑ましく見ることができます。
じょば
じょば

・鶏爺(とりじい)
鶏爺は露払い役(神輿を先導する役目を持つ長)です。
鶏のかぶりものに赤い面をつけ、赤絹の小袖・タッツケで大小刀を差します。
それぞれを男神、女神といい、男神(つねに寺町が担当)は茶褐色のかつらを付け女面を、男神(つねに押上が担当)は黒色のかつらを付け女面をつけます。
それぞれが面を逆につけている伝説として、昔それぞれの面を違えたまま祭りを行ったところ五穀豊穣・豊漁となりました。
しかし翌年、正しい面をつけて祭りを行ったところ凶作不漁となっってしまったそうです。
以来、男神は女面、女神は男面と、違えたままになったといわれています。
ちなみに男面は口を固く結び、女面は舌を出しています。
鶏爺はけんか祭りが終了するまで、皆を先導する意味で、榊を高く持ち上げ手を下げることを禁じられています。

鶏爺

・お走りの勝敗は如何に
拝殿裏(北側)と舞台楽屋裏(南側)を通過する長円トラック200メートルを時計回りに走り回るけんか祭りですが、最後は位置についてヨーイドンです。
一の神輿が東側、二の神輿が西側に位置し、合図とともに走り出し、一の神輿が3/4周、二の神輿が5/4周走ります。
ゴールは舞台楽屋裏(南側)の神輿置き台に担ぎ上げるまでです。
「一の神輿が南東角を回るまでに、北東側に回り込んできた二の神輿に見られたら一の神輿の負け」という鬼ごっこのようなルール。
押上地区が勝てば豊漁となり、寺町地区が勝てば豊作になるといわれています。
一気に走り終え、神輿を片づけるや否や、双方は桟敷席に登り込み、
「勝ったぁ、勝ったぁ、また勝ったぁ」と騒ぎ出します。
一の神輿は見つけられなかったと云いはり、二の神輿はしっかり見たと云いはる。
それぞれが「勝ったぁ、勝ったぁ」と叫びあいます。
双方が勝ち、お互いが豊漁豊作になるということらしいのです。
押上地区桟敷席

寺町地区桟敷席

・稚児(地元では「おちごさん」と呼びます)
この日、お稚児さんは地面に両足をつけることが許されません。
古来より日本では神や精霊が子供の姿をしているという観念が少なからずあり、子供が依代や奉仕者でもあるということで子供自身が信仰の対象となることもありました。
子供というのは世の穢れが満ちていない清らかな魂の持ち主とされ、神霊が宿る、または神霊そのものでもありました。
そのような観点から、お稚児さんは清らかな魂を保持するために大人の肩車にのって移動・舞台入りをしたり、舞が終わるまで地面に両足をつかないように穢れを避けます。
稚児

・詩歌応答について
天津神社の春大祭では、舞楽奉納(国指定重要無形民俗文化財)の合間に行われている詩歌応答(詩歌連俳贈答)があります。
世話人代表の一人、赤野光夫さんによると、詩歌応答の起源は「天津神社並びに奴奈川神社社記」の記述から江戸時代初期ごろと推定されるといいます。また当初は詩歌の形態ではなく、主に楽屋にいる奏楽関係者と祭りの見物人が文で揶揄(やゆ)し合う中で、短歌や俳句に心得のある関係者が一首一句を返したことから賦詠になっていったと想像されています。
即詠即答のおもしろさを存分に楽しんでいたことがしのばれ、非常に豊かな遊び心によって生まれた極めて貴重な独特の形態です。
現存する記録(舞楽差定:ぶがくさじょう)によると、詩歌応答は明治二十二年から相馬御風の死去した昭和二十五年まで続いた。翌年から二十六年間中断したのち昭和五十二年、相馬御風の流れをくむ短歌会「木かげ」により復活したが、平成十八年に同会から継続できないとの申し出があった。
そのため新たな活動母体として短歌愛好者ら有志で「詩歌応答研究会」を立ち上げ、同研究会の代表二人が舞楽会に入ることで再度復活し、今後の継続を図ることになったといい、継承活動に取り組んでいます。現在会員数は五十名です。
「今後は市民に広く理解して頂き、全国に例を見ないこのよき民族芸能文化を長く継承していきたい。」と赤野さんは話されています。


・舞楽と稚児(稚児舞)
平安時代に完成をみた雅楽は、その後地方の寺社を通じて各地に伝えられ、北陸地方には稚児舞楽として伝承されてきているものが多い。
天津神社舞楽の2週間後に行われる、糸魚川市能生の白山神社舞楽も稚児舞である。
演技、演奏法に中央の神楽とは違ったものもみられるなど、史的に貴重なものとされ、いずれも国指定重要無形民俗文化財となっている。
稚児(稚児舞)は、小学生位の少年数名が平安時代風の白塗りの厚化粧(眉を剃るか鬢付け油で塗りつぶす(引眉))をして艶麗な装束で舞う典雅で可憐な舞である。
舞楽の流れを汲み、曲名も舞楽と共通のものが多いが、曲調や楽器編成は雅楽の傾向から離れ、里神楽に近い。



春祭りには、「うぐいす餅」(きなこをまぶした草餅)ですね
うぐいす餅

地元小学生の作った日本海「梅干し」。神輿の担ぎ手の塩分補給用です。
梅干し

鶏爺のお役目、お疲れ様でした。頑張りましたね。
稚児

東京糸魚川会の方々とご一緒できました。
東京糸魚川会


(歴史)
・天津神社と奴奈川神社
後日掲載



2012.2.26 関西糸魚川会

平成23年度関西糸魚川会定例懇親会(年1回)が開催されました。
大阪難波にあるホテル一栄で、正午から15時半までの懇親会です。

「関西糸魚川会」は関西から糸魚川を見守り応援している同郷会で、昭和57年に設立、来年で創立30周年を迎えます。
会員数は現在約100名。大阪在住の糸魚川出身者は是非入会くださ〜い。
懇親会は河崎文雄副会長の司会進行により始まり ○佐藤哲哉会長 ○糸魚川市長 米田徹様 ○糸魚川商工会議所会頭 猪又史博様 ○京都府立医科大学前学長 山岸久一様(関西糸魚川会新顧問に就任) のご挨拶をいただきました。 ○新潟県人会事務局長 重田吉庸様 の掛声で乾杯。 ○東京糸魚川会副会長 寺義博様 ○糸魚川青年会議所 木島理事長
○糸魚川青年会議所 東野専務理事 ○糸魚川市交流観光課 長谷川主任 からお話を伺いました。 地元出身地区ごとのテーブル配置でくつろぎ、話題もあふれ、思い出や最近の出来事の交換をし、楽しく時間を過ごしました。
今回初めて入会参加のわたしも、「越後屋ええもん本舗」として紹介していただきました。 少しづつでも、多くの方に理解認識していただければ幸いと思った次第です。 新人特訓のわけでもないのでしょうが、当日のカメラマンというお役目をいただいたのですが、あまり良い出来栄えとはいえず…。 以下に抜粋スナップを掲載します。

現在の会員数は約100名程度です。
同郷の9割は東京に出ていくので、関西在住者は少ないのですが、親密につながっているようです。
また、若い新会員の発掘も今後の課題のようで、少しでも力になれればと思っています。

同じような同郷会として
・関西名立会
・近畿青海くろひめ会
・関西能生会
・関西新潟県人会
なども活動しているようです。ご興味のある方はご連絡ください。

2012.1.14 JR糸魚川

糸魚川駅2011_11_20JR糸魚川駅の写真です。
2011年11月20日の朝。


世の中変わっていきます。
新幹線工事が進み、この駅舎も無くなり、
新駅ができるのもそう遠くない話です。

記憶に留めるだけでなく、画像を残しておきたいと思いました。

新駅は南側にふくらみ、市役所側に通じる通りもできるようです。

様変わりするのは駅舎だけでなく、
「駅前アーケード」と呼ばれていた
大きな雁木(がんぎ)屋根が取り払われてしまうことです。


すでに工事は進み、半分以上がなくなっています。
老朽化が進み危険である、ということらしいですが
取り払われた後どうするかが決まらないというのは、
ドーユウコト?


雪の中、駅に降り立ったとき、
両側に大きなアーケードが広がり、
街を守っているようで、ほっと安心できたのですが。

そんな思いを持つ人も少なくなっていきます。

そして
新しい駅と街に、古里を感じ始める人たちに
変わっていくのでしょう。

変わらないのは
この心の中。

2011.10.2 石像の八福神

糸魚川駅から1分も歩けば、本町(ほんちょう)通り商店街があります。
旧糸魚川街の最も繁華な商店街で、昔ながらの雁木(がんぎ)があるので、冬期も人が行き交い、
賑やかさが絶えることがありませんでした。

季節が変わり、年々降雪量が減少して雁木のありがたさが失われてきました。
買い物客の足が、車に変わると、駐車場の確保されていない商店街はサビれが見えてきました。
市内に住む通勤通学の朝夕だけに人が行き交い、後はひっそりと。
今はお店を閉ざしたところも目立ちます。

平成6年に、雁木通り(雪国文化を利用した和風アーケード)を保全するために、切石の石畳が敷かれ、
新しいイメージ「雁木・ありがたや通り」として、石像の八福神が作られました。
元々は、七福神ですが、
地元の奴奈川姫(ぬながわひめ)を加えて、八福神としたアイデアです。

布袋尊、寿老人、大黒天、奴奈川姫、弁財天、毘沙門天、恵比寿、福禄寿

奴奈川姫が娘のようで愛らしい。ちなみに「恋愛成就、縁結び」の神らしい。

静かな雁木通りを歩いて探してみてください。

宝船に乗った八福神もあり、中央にふっくらと輝く奴奈川姫が、珠を持ち、お迎えしています。
八福神

2011.8.21 勝山城址

親不知と勝山城址
この城は、戦国時代の越後上杉氏によって築かれ、落水(おちみず)城とも呼ばれた。
日本海に迫る標高328メートルの断崖上にあり、西は越中宮崎から能登、東は上杉氏の居城春日山以西の
海岸部はもちろん...遠望できる要地にある。
天正13年(1585年)には豊臣秀吉が石田光成を従えて上杉景勝、直江兼続らとここで盟約を結んだ
との伝えもあるが定かではない。

8月14日、勝山(かつやま)に登りました。頂上には勝山城址の立て札(上記に掲載した)があるのみ。

ゆっくりペースで登り40分、下り30分。
目的は、日本海上に張り出した北陸自動車道が望めるのではないかと考えたのです。
北アルプスが日本海に沈み込むギリギリの断崖と親不知海岸。そして海に突き出した驚きの高速道路。
古いテレフォンカードが3枚残っていました(高速道路の無い頃のもの、夕暮れの高速道のもの、明らかに
海上にある道路の橋脚が写ったもの)。
それと同じ位置に立ち、自分なりの「北陸道親不知」の写真を撮ってみたかったのです。

事実その1)
国道8号線沿いの入り口から、石段があるのは20段ばかり。
その先はヤブと急峻な細道で、ロープと鎖道。
豊臣秀吉、石田光成が登ったとは考えられない。
山裾の宿で、海幸のあふれる席で友好盟約を結んだのだろう。

事実その2)
この位置は、親不知の海岸を通って北上してくる敵軍を十分監視できたと思う。
残念ながら、親不知の高速道路はまったく見えない。
もうひとつ西側の山が邪魔で、その山上からだと見えたのかもしれない。

事実その3)
糸魚川市街はよく見えた。姫川河口から海岸線は浦本あたりまで。山容は鉾が岳まで。
北アルプスに阻まれ、山を越えてくる敵はいない。
海岸線を監視する見張り台とすれば的確な位置で、ここで狼煙をあげれば、情報伝達は早かったに違いない。

やはり空撮だったのかもしれません。機会があれば西側の山に登って確認してみたい。

親不知・勝山
勝山マップ

2011.7.10 ピアニャン

1993年の講談社児童文学新人賞受賞作『ピアニャン』は青海町出身の小川英子(おがわひでこ)さんの作品です。
2011年6月、電子書籍として発売され、600円で、現在 iPad、iPhoneでのみ購入することができます。
Itune app store(http://itunes.apple.com/jp/app/id444059976?mt=8)

ピアニャンカバーピアノの好きな猫(ニャンコ)だから、ピアニャンです。白い子猫の女の子は、おもちゃの赤いピアノを背負って、新潟県の青海(おうみ)町からトーキョーの渋谷にやってきました。

「野良猫になって、トーキョーで自由にくらすんね」

憧れのトーキョー、この街で自由にくらすはずだったけど、現実はなかなか大変なのです。
仕事をさがせ! ねぐらをさがせ! 大人にごまかされるな!
太っ腹(?)のあねご猫におどかされたり、ミュージカル「キャッツ」に出演する夢を持つ黒猫と出会ったり。

「夢があるから落ちこむけんど、夢があるから立ちあがれるんね」

主人公の故郷である新潟県青海町(現在、新潟県糸魚川市青海)の四季折々の風景や上京した主人公が暮らす渋谷、東京の実景写真などに合成加工を施し、ありえない光景を作り出しています。

参照:朝日メディアインターナショナル株式会社

2011.4.23 吟詠紀行出版

「糸魚川吟詠紀行」出版

世界ジオパークに認定された、糸魚川ジオパーク見学スポット(ジオサイト)が盛り込まれた
「糸魚川吟詠紀行」が刊行されました。
市内の詩吟愛好家でつくる日本詩吟隆楓流新潟県地区吟詠会(三浦進会長)が、地域発展に役立てようと、この3月に完成したものです。
漢詩を通じて、糸魚川の素晴らしい自然(宝の大地)と歴史・文化を知っていただきたいと。

内容は
・地元漢詩愛好家の亀澤一風さんの作品「焼山讃歌」(焼山ジオサイト)他
・東京都在住の佐藤晄岳さんの「能生濱頭の賦」(弁天岩ジオサイト)
・阿賀野市在住の柄澤蕗山さんの「奴奈川の里」(小滝川ヒスイ峡ジオサイト)
・東京都在住の弓場直彦さんの「詠玉」(小滝川ヒスイ峡ジオサイト)
・江戸末期の漢学者坂部周範の「不動瀑」(今井ジオサイト)
など、13編から成り
漢詩、短歌、訳文、解説とともに、ジオサイトを解説し写真で紹介しています。

B5判33ページ、千円。
初版発刊後の評判がよく、現在増刷されています。
問合せは、三浦会長(Tel.025−562−4859)まで

表紙写真を掲載します。

糸魚川吟詠紀行

2011.1.23 ジオパーク発祥

「ジオパーク」の発祥について

「ジオパーク」という言葉を世界で最初に使い始めたのは糸魚川市である。

国際的なジオパークが機能する前に、1991年より新潟県糸魚川市でジオパークとしての活動がある。

糸魚川市は、
 峪綉川−静岡構造線とフォッサマグナ」という日本列島の形成に関わる重要な地質構造であり
▲劵好い覆謬重な鉱物や多様な岩石・地層が産出する地域である。

1987年に糸魚川市がまとめたフォッサマグナと地域開発構想に基づき、
1990年には人工的に糸魚川静岡構造線を露出させた「フォッサマグナパーク」が作られた。
さらに博物館の建設準備と市内の地質見学地のガイドマップや解説板の整備が進められる中、
1994年に新設される「フォッサマグナミュージアム」と調和のとれる名称として、
それまでの地質見学地に代わって「ジオパーク」という名称が1991年に博物館の学芸員によって造語された。

ジオパーク活動として
・中央博物館としてのフォッサマグナミュージアム、
・野外博物館としてのジオパークの保全や利用の促進
・それらを通じた地域の振興が進められてきた

これは2004年に始まる国際的なジオパーク活動とは独立に発想され進められてきたものであり、
GGN(世界ジオパークネットワーク)が推進するジオパークよりも地質学に特化していた。

2008年に国際的なジオパークに申請することで、国際的なジオパークへ発展した。

引用「ジオパーク運動」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。2011年1月23日11時(日本時間)現在での最新版を取得。


日本ジオパークネットワーク公式ホームページ
http://web.mac.com/japan_geoparks/JGN/top.html

ジオパーク糸魚川ロゴ

糸魚川ジオパーク
http://web.mac.com/japan_geoparks/JGN/member/itoigawa/itoigawa100.html

http://www.city.itoigawa.niigata.jp/geopark/

2010.09.17 糸魚川と小説

ニュース報道で「糸魚川」が紹介されると、おのずと耳を傾けてしまいますが、
小説の中に糸魚川が現れると、ドキッとします。

どのように紹介しているのだろう。
なぜ、作者はこんなことを知っているのだろう。
あぁ、確かにこんなこともあるな。
と、懐かしさを覚えながら、
話の進む中で頭の中を糸魚川が巡ります。

1)水上勉『越後つついし親不知』
代表的な古典に属する? 越後の物語。
本屋さんでは在庫無しなので、ネットから古書検索し購入し、読みなおしてみました。
越後つついし生まれのおしんと、親不知に生活する留吉夫婦のものがたり。

2)仙川環『再発』
医療ミステリーと呼ばれる分野の現代小説。
富山県と新潟県の県境付近の山賀町(架空の町)が舞台です。
幻魚(げんぎょ)の唐揚げが美味しいという話がでてきます。

3)誉田哲也『ジウ』
糸魚川市浦本あたりで育ったらしい影の主人公ミヤジ。
ところどころに、1950年代の糸魚川が出てきます。
糸魚川駅前の「城の川」の風景が懐かしい。
文庫本3冊からなる長い物語ですが、話の面白さに一気に読み進めます。

4)宮本輝『月光の東』
ヒロイン塔屋米花(よねか)が育った町、糸魚川。
姫川を中心にした街の様子が、話しの初めから終わりまで、伏線のようにあちこちに出てきます。
神戸市生まれの作者が、ここまで糸魚川を語れるのはなぜ?

興味をお持ちの方は、お読み下さい。糸魚川が見えます。

糸魚川と小説

2010.07.04 バタバタ茶

バタバタ茶とカワラケツメイ
糸魚川地方に伝わる江戸時代からの風習で、近所の人が集まり毎日のようにバタバタ茶をたて、
茶会を開いたそうです。戦後はその風習も少なくなり、現在では保存普及の活動のみとなり、
生活からは離れてしまいました。
私も戦後生まれですが、近所のバタバタ茶会に連れられて行き、飲んだ記憶があります。

幼い記憶は、しょっぱい泡だらけのお茶でした。
ふるさとの文人、相馬御風(そうまぎょふう)は「野を歩むもの」という本のなかでバタバタ茶の
由縁を紹介しています(昭和13年11月)以下に抜粋してみました。



私たちの街に昔からタテ茶といふ珍しい風習がある。
それは一名バタバタ茶ともいつてゐる。晩茶を煮出して、それを天目風の茶碗に汲み、少量の
塩を加味して、茶筅を以って泡立てて飲むのである。


 茶碗はもとは出雲の布志奈焼に限られてゐた。卵色の釉のかかった感じのいい茶碗で正面に
宝珠の刻印が捺してあつた。刷毛目などの気の利いたものもあり至極風雅な茶碗である。


 この町ではどの家でも毎日1、2回はこのタテ茶を立てて飲む。茶うけは沢庵漬でも、菜漬でも、
煮しめでも、ゆで豆でも何でもありあはせで間に合す。茶をたてるのは婦人がおもであるが、飲む
ものは老若男女を問わない、そして一人で何杯でも飲む。少量の茶を泡立てて飲むのだから、胃に
入るのは空気の方が多いわけで、何杯でもたて続けに飲めるわけである。
 これはいかにも地方民間習俗としては雅趣豊かな行事であるが、一方から考えると自然に一種の
補助食料の役目をなしてゐる。
 この風習はもとは出雲から伝はったものである。出雲では松平不昧公の頃それが始められた。
そしてそれは一方に布志奈焼陶器の販路拡張策でもあったらうし、又大茶人であった不昧公の風流
趣味普及でもあったらうが、今一つは明らかに食料政策からであった

 いかさま徳川期の或時代には、百姓は苛斂の為一日に一度しか飯が食へず、あとは粥のやうなも
ので日を送り、足らぬところは茶を飲んで腹をふさげてゐたといふことが、民間省要といふ本に書
いてあるさうである。


このようなタテ茶の風習は、全国の中でも
・富山県朝日町のバタバタ茶
・島根県のぼて茶
・沖縄県のブクブク茶
にしか残っていないといいます。

バタバタ茶が見直されるようになり、主原料である「カワラケツメイ」の地元での植樹、生産、加工、
乾燥保存が活発になっています。
河原決明、マメチャ、ネムチャ、ハマチャとか様々な名前で呼ばれる薬草です。
強壮、利尿、鎮咳薬として脚気(かっけ)、腎炎、黄疸(おうだん)、偏頭痛、慢性便秘、夜盲症、
インポテンツなどの効用があるといいます。
「カワラケツメイ」の詳細は下記URLでご確認下さい。

イー薬草・ドット・コム

2010.05.09 不動滝

不動滝と坂部周範(サカベチカノリ)
GWに糸魚川に帰省し、気になっていた不動滝(ふどうだき)に行ってきました。
滝の高さは70メートル、水源はヒヨドリ池の一万立方メートル。夏でも水は涸れません。
高さ90メートル、長さ200メートルの断層崖が不動谷を作り、そこに滝が
形成されています。
 不動滝は、幼少の頃行ったことがありましたが、当時は一日がかりのハイキングで、
滝近くでは田の畦道と藪をかきわけ、滝に近づくにつれ、滝の轟音と、
湿った冷風が降りかかり、緑いっぱいドキドキした思い出が残っています。
 去年の夏、車で行ってみました。自家用車で市内から30分。別世界に入れます。
公園も整備され、坂部周範の「不動瀑」を詠んだ漢詩の碑ができています。
さらっと観て通りすぎたのですが、力強い漢詩がどうしても心残りだったのです。
 今年は残雪が多く、滝の水量もドウドウとしており、滝つぼ近くは飛沫が雨のようで
行けません。
ゆっくりと7言20行(140字)の漢詩碑を視て、読み下し分を書き写しました。
1845年生まれ、12歳で長崎に遊学し、漢学者として学び、父母の死で、
糸魚川に移り、22歳他界。
すごい人がいたのですね、読み下し分をパソコン入力するだけでも大変。
語学力がすごい。
滝を見ずして、渓谷美、水量、水煙、瀑音が想像できます。

不動滝坂部周範の碑
「不動瀑」漢詩

2009.11.15 駅レンガ車庫

糸魚川駅レンガ車庫

糸魚川駅のレンガ車庫、憶えています?
わたしの小学校の頃は、写生大会といえば「レンガ車庫」が大人気でした。
大きな車両が180度回転するレール付きの台と、それを操作する鉄道員の人たちの姿もカッコよかった。
モクモク煙を上げていたD51が走っていた頃です。
鉄製品が重宝され、大きく、重量感があり、堂々とした車両は、ウルトラマンや鉄人28号が出てくるまでは、一番人気だった。

ところが、
『 糸魚川市内大和川地区のレンガ工場で焼かれた煉瓦で造られ、100年近い歳月の風雪に耐え今もなお現役で活躍する糸魚川駅のレンガ車庫は、私たちのまちが経験してきた大正・昭和・平成と激動の時代を見守り続けてきた貴重な近代化遺産です。
しかし北陸新幹線建設に伴い、来年3月以降に解体される予定です。』

ここでも、北陸新幹線建設です。
保存案、移転案、曳家(ひきや)案などがありましたが、糸魚川のレンガ車庫は、来年3月以降に解体されることが決定しました。
せめて、来年2月までのうちに、最後のレンガ車庫を見に来てください。
地元で生活しない私が何も言えることではないのですが、残念の一言です。

関連Webページもご覧下さい。
レンガ車庫保存活用研究会
http://www2.ocn.ne.jp/~miyajima/index2.html

新潟日報にレンガ車庫の保存活用記事
http://web.mac.com/mac314/BG-Itoigawa/New20091012.html

レンガ車庫歴史に幕/JR糸魚川駅構内
http://mytown.asahi.com/niigata/news.php?k_id=16000000911120005

レンガ車庫


2009.11.10 海谷渓谷

海谷渓谷(うみだにけいこく) 糸魚川ジオパーク

当初計画していた11月3日は、悪天候と真冬並みの寒気が流れ込んだため中止。8日にようやく実現しました。
糸魚川駅から車で海川(うみかわ)沿いに北上すること40分。海底火山の堆積物が隆起してできた山々を海川が侵食し、深い渓谷と断崖を作り出していました。眼前に迫る仙丈ケ岳の絶壁にゆるやかに傾いた地層面。海底火山のマグマの噴出し口だったといわれる鉢山(はちやま)の奇妙な姿。
鉢山には雪、絶壁には紅葉、ぶな林と落ち葉が降り積もり茶色一色の道。川の音と、自分が落ち葉を踏みしだく音だけの静けさ。
残念なことに、「越後の上高地」と呼ばれる「海谷高地(うみだにこうち)」までは行けなかったけれど、ニホンカモシカの親子を見たり、のんびり半日を過ごしてきました。
今度は新緑の頃に海谷高地まで行ってみよう。
写真は仙丈ケ岳、鉢山、ぶな林、落ち葉の道。

海谷091108A

海谷091108B

2009.10.16 猿田彦大神

「猿田彦(サルタヒコ)大神」の石碑

写真は新潟県糸魚川市能生町にある石碑です。この周りで幼い頃遊んでいたのでよく覚えています。
偶然この10月に、山口県萩市大島で、ほぼ同じ大きさの同じ字体の石碑を見ました。
猿田彦の話は、手塚治虫の漫画「火の鳥」にも出てくる鼻の大きな神様(人として描かれていますが)です。
 調べてみると、特異な神様らしく、
「鼻の長さ七咫(ナナアタ=約1.2m)、背の丈七尺(約2.1m)、身長七尋(ナナヒロ=約12.6m)。口と尻は明るく光り、目は八咫鏡のように円く大きく、真っ赤な酸漿(ホオズキ)のように照り輝いている」まるで猿の化け物。
しかし、天孫降臨の場面で、神をこの地に導き、のちに天鈿女神(アメノウズメノカミ)と夫婦になったと。
 猿田彦神はいろいろな民俗信仰と結びついているようで、道祖神(邪霊を防ぐ神)的な扱いもあり、稲作農耕とも密接な関係を持ち、庶民的で身近な神さまとして活躍してきたようで、 江戸時代の中期頃から庚申信仰とも習合して信仰されるようになったらしいです。
ということは、江戸時代に彫られたこのような石碑が、全国あちこちに存在するのでしょうね。
全国「猿田彦(サルタヒコ)大神」の石碑Mapを作ってみたくなりました。
ご存知の方、情報を下さい。
猿田彦石碑

2009.8.24 朱鷺舞う里

朱鷺(トキ)の舞う里

8月に帰省した折、トキのニュースに出会いました。
名前も学名も知っていましたが、写真で見るのははじめて、まして、ホンモノはまだ見たことがありません。
知り合いからトキの舞う写真をいただき、その美しさに感激しました。

朱鷺(トキ)、学名Nipponia Nippon(ニッポニア・ニッポン)と国鳥のような名前だけどそうではなく、新潟県の県の鳥。絶滅の危機にさらされましたが、2008年9月に佐渡島で人口繁殖された10羽が放鳥されました。そのうちの固体No.3の一羽が糸魚川に来たようです。
3月31日、姫川右岸の水田でえさをついばむ姿を確認。
4月5日、糸魚川に住みついているらしいことが、あちこちで確認。
7月2日、糸魚川中学校で、午後6時頃部活を終えたテニス部の女子部員が、シイの木上で羽を休めるトキを発見。

今、どこで羽を休め、明日はどの空を舞うのだろう。
この土地が、心和む場所であって欲しい。
この土地が、生きていくのにふさわしい場所であって欲しい。

放鳥されたトキの情報は
「放鳥トキ情報」 http://ibis-info.blog.ocn.ne.jp/
で報告確認されています。

是非、その美しい姿に、いっしょに感動してほしく、この写真をご紹介します。
(許可無く複製したり、商用で使用されることを禁止します。)

トキ

2009.8.17 繁栄できる?

繁栄できますか

トップページに糸魚川の写真をつけました。
ネットショップの一番目につくところに、商品の紹介写真を掲載せず、風景景色を掲げて、なんのつもりか!と、おっしゃる方もいらっしゃるか?
越後・糸魚川の活性化を望むけれども、
糸魚川の港は必要だったのだろうか?
北陸新幹線は必要なのだろうか(現在工事進行中)?
これで、糸魚川は繁栄できますか??

費用と効果をてんびんにかけると?
それを維持する費用はきっと未計画に違いない。
そして、
もう二度と復旧できない自然はどうするつもりなのだろう?
何のための開発で、誰が喜ぶのだろう。

左写真は、能生川(のうがわ)です。鮎や鮭で賑わいを持つ川です。能生内水面漁協組合が昭和48年頃から鮭の放流を開始し、大いに活力を持った川です。
その真ん中を、北陸新幹線の架橋が横切ります。
自然の景観はまったく変わってしまいました。
鮭は遡上できるのでしょうか。

右写真は、糸魚川海岸です。昔は50メートル以上の素晴らしい砂浜がありました。遠くに見える糸魚川港の防波堤の設置により、波の流れが変わり、砂浜が抉り取られたといわれています。道路を波が洗うような状態まで侵食され、テトラポッドを埋め、その侵食を防止するために沖合いに人口リーフを設置しました。さらに、その人口リーフが波で破壊されたといって、さらにその補修工事をまさに行っているところです。
二重、三重の工事・工事・工事です。
砂浜に寝転び、波の音を聞きながら、海に沈む真っ赤な夕日は、二度と誰にも見ることが出来なくなりました。


非力なわたしたちに出来ること。
自然を破壊することに協力しないこと。
自然を育むことに協力すること。
豊かな自然を衰退させないこと(お米作りはすごい勢いで衰退しているということです。後継者がいなくて、次世代の耕作者がいなくなる田んぼが山ほどあるのだといわれます。日本農業の危機です)。

地場産業を大切にして、自信を持って生産しているものを知らしめること、
その価値を認め、協賛してくれる皆さんに広く伝えること、
これだけが今の「越後屋ええもん本舗」にできることです。

糸魚川200908

2009.8.15 世界ジオパーク

世界ジオパークをめざして

8月10日(日)から13日(木)にかけて、糸魚川に帰省しました。
2008年に「日本ジオパーク」として認定され、現在「世界ジオパーク」認定をめざし、糸魚川市は勢いづいています。
観光パンフレットの配布。のぼり旗があちこちに。案内板も整備。講演会、展示会、イベントがあちこちで企画されています。
確かに、この土地は特異です。地球レベルで地形や地質学的にも面白い場所が多いのです。

社会科の時間に「糸魚川―静岡構造線」を習ったことを憶えている人もいるかな?
昔からただの岩、地層面とばかり思っていたのに、気付くと面白いし、

こどもの夏休み自由研究の題材が溢れています。

ジオパーク糸魚川のロゴマークも斬新で楽しい。

ジオパーク糸魚川ロゴ

これを機に「町おこし」を狙っているなと感じますが。

面白く、感動いっぱいの糸魚川を多くの人たちが興味を持ってくれると嬉しいです。
糸魚川が好きな人が増えることは大歓迎です。

今年8月3日から糸魚川駅前にオープンした「糸魚川ジオパークサテライトオフィス」では、ジオパークに関していろんなことを教えてくれますよ。
E-mail : geo@sound.ocn.ne.jp

2009.2.10 ようやく開店

ようやく開店

開店準備がなが〜くなりました。

一歩一歩迷いながら、進み、戻り、ようやく形が出来たのが12月。

酒類販売免許の取得の法的手続きも、予想通り3ヶ月を費やしました。

年末商戦には間に合わず、「お正月に美味しいお酒をお届けしたい」という時期を逸しました。

まだまだ、あちこち手直ししながらの開店ですが、早くも予想以上の訪問を頂いております。

皆様の興味をくすぐるお店に出来ればと考えておりますので、多くのご意見をお待ちしております。